広島駅南口Cブロック再開発 2016.09(Vol.32)

広島駅南口Cブロック地区市街地再開発事業は南口広場の東側の区画で行われている大規模再開発計画です。
家電量販店のエディオンなどが入る地上11階の商業棟と地上46階の住宅棟が建設されます。
施設全体の愛称は「エキシティ広島」に決まりました。
【NIPPO】:グランクロスタワー広島│広島駅南口Cブロック再開発事業
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅南口Cブロック地区市街地再開発事業

スポンサードリンク

前回の状況です。

広島駅南口Cブロック地区市街地再開発事業は南口広場の東側の区画に計画されている大規模再開発計画です。 家電量販店のエディオンなどが入る地上11階の商業棟と地上46階の住宅棟が建設

10月に入ってしまいましたが、9月の建設状況です。

エールエールA館の前から。

201609cblock-1

ここからでは前回との違いが分かりにくいです。
住宅棟「グランクロスタワー広島」を覆う保護ネットがだんだん少なくなっています。
1基北側に残るタワークレーンは写真撮影時はまだ残っていましたが、9月の終わりにかけて解体されました。

 

エールエールA館の屋上に上がります。

201609cblock-4

 

201609cblock-2

屋上広場から見上げる光景は、空中都市と名付けたくなるほど。

 

Bブロック再開発「ビッグフロント広島」の前から撮影してみました。

201609cblock-5

これまで再開発工事で立ち入れなかった場所からの撮影です。商業棟全体の姿を分かりやすくお伝えできるかと思います。

商業棟の1階部分です。

201609cblock-6

 

201609cblock-7

1枚目の南側の歩道は舗装ブロックの敷設が進んでいます。
電線の地中化も行われかなりスッキリしました。

広島駅側からCブロック敷地北側を進んでいきます。

201609cblock-8

この日はマツダスタジアムでヤクルト戦。
たくさんの観客がフタバ図書とCブロック建物の間に吸い込まれていきます。
ここから見上げるCブロック施設のデカさ。迫力かなりあります。

2階デッキの様子。

201609cblock-9

 

201609cblock-13

 

201609cblock-11

 

201609cblock-10

 

201609cblock-12

デッキ場の様子をうかがい知ることはできませんが、化粧板も設置され始め形になってきました。
ペデストリアンデッキについての動きはこちら。

広島市は、市道の混雑対策として計画した広島駅~マツダスタジアム間のペデストリアンデッキについて 沿道に多数の店舗が出店し「カープロード」として親しまれていること等を受け、 規模
Cブロック再開発工事は2016年12月の竣工予定です。

【Flickr】:2016/09 広島駅南口Cブロック再開発

1 Comment

  1. 名無し Reply

    猿猴橋の袂の公園化工事が始まっていました。
    ところで、ベスト電器解体後の跡地には何が出来るのでしょうか。気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。