ブランド体現する、マツダ本社ショールーム

今回はたまに更新する自動車メーカーのマツダに関する記事です。

小規模ながらファンに支持されるマツダは、これまで弱かったブランド戦略の一環として、
全国のマツダディーラーの大幅リニューアルを進めていることを以前記事にしました。

鼓動デザインとスカイアクティブで業績はV字回復の快進撃を続けるマツダ。 改革はマツダ車販売店でも始まっているのをご存知でしょうか。 鼓動デザインとマツダの代表カラーとなった

県内では尾道店が完了、可部店が建て替え中、そして大州本店の建て替えが決定しているところまでが公表されています。
店舗ではありませんが、府中の本社ビル1階に設けられたショールームも2014年にリニューアルを受け、
新世代店舗と同様、新しいコンセプトの内装に生まれ変わっています。

本社ショールームは誰でも行くことができますが、
メーカーの営業日と同じく平日しか入ることができないので、なかなか気軽にはいけないのが難点です。
実は、昨年9月に休みを作って訪れることができました。
ずいぶん前になりますが、今日はその時の状況を紹介します。

スポンサードリンク

 

まずは本社外観です。

「mazda」のロゴマークは青文字ベースだったものから、シルバーの文字に変わりましたね。
本社の向かいにはマツダ病院の新棟が建設されました。

いざ、内部へ!

訪れた2016年9月はちょうど、カープが25年ぶりリーグ優勝を決めた直後。
ロビーにもこのようなバナーが掲げられていて嬉しくなりました。

 

5台程度を展示するショールーム内はモノトーンを基調とした中に、適所に木材が使用された非常に高級感のある雰囲気。

 

関係者と思われる外国人が、ソファーや車に乗り込んで何やら話をしている風景に、改めてグローバルな企業だなと思うと同時に、場違いなところに来てしまったと冷や汗。
(もちろん一般の方、マツダミュージアム見学者などどなたでも入れますので安心してお越しください(笑))

 

車一台一台にスポットライトが当たり、自動車ショーのような雰囲気です。
この時点の新型車両である、年次改良を受けた「アクセラ」が、目立つようにおかれていました。

新色「マシングレー」の深みのある質感がよく分かります。
奥に写っているように、ショールーム内に「タリーズコーヒー」が出店しており、
クルマを眺めながらコーヒーが楽しめます。

 

クルマの後部に、プロジェクターで投影された車両諸元が。

 

これはカッコいいですね。
「Be a driver.」というキャッチコピーを始めたころから、テレビCMのテイストも変化し、
マツダに対するイメージが大きく変わってきているのは間違いないと思います。

 

1台、楽しみにしていた車両がありました。

マツダ「CX-4」です。
こちら、日本では走っていません!今のところ中国専用販売となっているクルマです。

 

名前の通り、CX-5やCX-3などと並ぶカテゴリ、SUVです。

 

5人乗りのCX-4は、CX-5に比べ全高が低く、全長が長い、いわゆる”クーペライク”な優雅なスタイルをしています。
内装もご覧の通り。
「なんで中国でしか販売しないのだ」と思うほどよくできています。

背景には生産能力の限界があるといわれています。
CX-4の生産は中国で行われています。中国で車を販売するには、基本的には現地法人と合弁会社を作り、現地生産しなければなりません。

SUVの人気を受け、国内工場ではCX-3, CX-5, CX-9(北米向け)を生産している現状で、
新たな車種の生産を始める余力がありません。

先日発表になった通り、CX-5をベースとした7人乗りのCX-8の生産も控えているので、
CX-4のグローバル展開はしばらく難しそうです。

工場の新設は、2014年にメキシコに工場を作ったばかり。
アメリカへの輸出に関税がかからないからと新設したはずがトランプ大統領の登場で難しい局面を迎えています。

 

話がそれましたが、この黒を基調とした「新世代店舗」戦略は、北米をはじめ世界で同時に行われています。
トヨタほどの生産力・販売力はないマツダが選んだ道が顧客あたりの単価のアップ。
「新世代店舗」をはじめとするブランド戦略はまさにその一環です。

広島の経済やまちづくりにとっても、マツダの浮き沈みは死活問題ですから、
クルマ好きとして、広島好きとして、何とかマツダのブランド力向上、生き残りを願いたいです。

 

マツダに関する記事。国内販売の低迷などについて、近々もう一つ更新する予定です。

 

なお、現在本社ショールームでは5月12日まで、
累計生産100万台を記念した特別なロードスターが展示されています。
平日で残り2日しかなくなってしまいましたが、興味のある方は見に行かれてみてはいかがでしょうか。

【マツダ】:ロードスターの生産100万台達成記念車が本社に帰還

15 comments

  1. 備後の人 Reply

    広島市内では大量に走ってるマツダ車ですが、市外に出ると激減しますよね。
    広島市周辺の経済ってマツダ頼みなのでしょうか?
    仮に、合併や移転による工場閉鎖があった場合、どうなるのでしょうか。

    • にろ

      マツダが中核にあるのは間違いないと思います。
      自分のまわりには中小の工場で働いている人が多くいますが、みなマツダにネジなどの部品を供給しているといっていました(もちろん他社の部品もつくってるらしいです)
      近場に大きくて安定した取引先があるのは心強いことです。
      それが無くなるとなれば、中小の工場も連鎖的に苦境にたたされるのではないでしょうか?

  2. ミュルザンヌ Reply

    県外に住んでいる者だが、CX5すら見ないな。プレマシーやMVPは時々見る。やっぱりミニバンが

  3. ロキシー Reply

    広島の人って、マツダ車を好きな人と毛嫌いしてる人が結構いますね?
    なぜ?

    • ロキシー

      輸出企業ですから、思想信条で大嫌いな方は多いですね
      政治上の理由でしょう
      あと、事件ばかり起こして社員に問題なのが多くいますから

    • おおお

      輸出企業と正反対の方々
      色々と悪さをしたい団体の方々

      政治上の理由です

    • ミュルザンヌ

      どこかの国が妨害工作しているので
      広島の常識ではありますが

  4. 安芸の鯉人 Reply

    マツダにとってアメリカの市場は大きなウエイトを
    占めているが、今年誕生したトランプ大統領の保護
    主義政策によって来季のマツダの業績が見通ししず
    らくなってしまいました。従って、去年まで日本の
    プロ野球オールスターゲームのスポンサーを
    努めていたが、今年は他に譲っています。早く
    不透明感を除いて元の活気を取り戻して欲しい。

  5. ヒロさん Reply

    CXシリーズって、1と2以外全て番号が埋まりましたね。私はマツダマニアではありませんが、デミオマニアなのでこの種の記事は嬉しいです、ロードスターも以前は引退世代になったら、と考えた時期もありましたが、諸般の事情で無理になったのでオーナーの鯉党さんが少し羨ましいです(笑)

     マツダ車も安芸区、南区、安芸郡ではよく見かけますが、他となると‥‥なので、せめてセカンドカーぐらいは地産地消の精神で、と思ったりします。

  6. シマ Reply

    札幌でもマツダ車結構走ってますよ!極寒の時期に広島産のマツダが元気よく走ってると、広島生まれの私は嬉しいです。

  7. タミー Reply

    ブログ更新お疲れ様です。

     近年のマツダは洗練されたデザインと独自のエンジン開発で、若い世代の人々に人気があるようでとても頼もしく思います。

     高齢者の方々の中には鉄鋼・造船が基幹産業で一流、自動車業界は、新興産業で三流のイメージを引き摺り、現状では国内の製造業を牽引しているのが、トヨタを中心とする自動車産業であることを認識出来ず、それに対して抵抗感があるとしか思えない言動を見せる姿が散見されます。

     自動車産業は濃尾平野が広がる中京地区、関東平野が広がる北関東地区で進行するモータリゼーションとともに、それらの地域で発展し、更に航空機産業へと繋がっており、シャープ、三菱自動車の経営危機により疲弊した広島県東部、岡山県からマツダは部品調達をしており、部品調達の地域別では広島県に次ぎ岡山県が第2位を占めています。

     広島都市圏内の自動車部品製造企業の納入先はマツダに次ぎ北九州地区の日産自動車が第2位となっており、北九州を含めた瀬戸内地域で自動車産業を軸とした瀬戸内経済圏が形成されつつあり、その中心にマツダがあることは間違いないと思います。

     マツダ等の各自動車メーカーは、破格の待遇で期間労働者の募集を行ており、真面目に働ければ、常勤への門戸を大きく開いており、若い労働者の獲得に鎬を削っている様子です。

     雇用の拡大は地域活性化への最大の課題であり、若い人々が生活拠点をこの広島の街に置いてくれることが発展へと繋がるのでマツダの存在は非常にありがたいと言えます。

     トランプ政権誕生で、メキシコ情勢で不透明な面はありますが、グローバル企業となると、カントリーリスクは避けられず試練として逞しく乗り越えて行って欲しいですね。
     為替相場も円安を何とか維持しており、収益体制も確立され、来期も純利益1,000億を

  8. タミー Reply

    続き

    今期非常に厳しい中でも純利益938億円を確保で来た力量は頼もしい限りです。企業は永続(ゴーイングコンサーン)するものなので、今後も成長を見守りたいですね。

    ロータリーエンジンの再開発など若い技術者にとっても夢が持てる企業なので、若い人々がどんどん集まればいいですね。

    途中で切れて申し訳ありません。

  9. 今も寿人 Reply

    ウチの社有車が現行デミオです。1.3のガソリンですが、自家用のポロより乗り心地が良くて仕事しながら眠たくなります。

    そんなデミオも売れて無いですが、マツダのメインマーケットはユーロや北米シフトですから、国内はあまり気にして無い様に思います。

    国内に合わせたら燃費だけのトールワゴンにしかならないですから。ドイツ車なんかモデルチェンジの度に車高下がってるのに、、

  10. 今も寿人 Reply

    全然関係無いですが、B、Cブロックの間の千福の看板のある三角形の地形を活かしてロータリー型の本社タワーが建つ夢を見ます。あくまで夢です。

  11. Inaji Reply

    自分も2014年製のデミオ(DJ型)のユーザーです。勿論塗色はカープカラーのソウルレッド!!
    もうかれこれ2年半近く愛用してますけど運転しやすく、また休憩をとらずに1時間以上走っていても疲れがあまり感じないというか時間が経った感覚0でまさに「人馬一体」な車です。
    でも残念ながら日本国内ではトヨタやホンダが得意とするミニバンや軽自動車がどうしても人気なんですよね。ミニバンは小さな子供がいる子育て世代に軽自動車は狭い道が入り組んでいる日本特有の事情があるようで。
    東広島に住んでいますが西条や八本松近辺でも結構マツダ車は見かけます。新型CX-5も結構見かけるようになりましたね。今後も広島企業の雄「マツダ」の発展に期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。