愛車『マツダ・ロードスター』を紹介します

まだ記事にすべき再開発関連の話題は残っていますが、「箸休め」ということで。

本ブログのプロフィールやTwitterをご覧になっていただいている方はご存知かと思いますが、私はクルマが好きです。

かねてよりスポーツカーに憧れがあり、今年春、マツダの代名詞「ロードスター」を契約しました。
初めてのマツダ、初めての2シータースポーツ、初めてのオープンカーです。

スポンサードリンク

購入を決意したのは、2014年に広島県立美術館で開かれたマツダの特別展示でした。

先日県立美術館での「榮久庵憲司の世界展」に関する記事を更新しました。 工業デザインのパイオニア 『榮久庵憲司の世界展』に行ってきました この特別展の特別協力として、マツダに

実物を初めて目にしたのもこの時です。

「ND型」と言われるこの4代目ロードスターは、2015年5月の発売から国内外で非常に高い評価を受け、名誉ある賞も複数受賞しました。

  • 2015~2016日本自動車殿堂カーオブザイヤー
  • 2015-2016 日本カーオブザイヤー
  • 2016 ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)
  • 2016 ワールドカーデザインオブザイヤー(WCDOTY)

WCOTYとWCDOTYの1車種による同時受賞は、史上初です。

地元広島の企業が世界でこれだけの評価を受けており、
光栄なことにそのクルマのオーナーになることができたので”いつか紹介したい”と思っていました。

ちょうど広島駅南口Bブロック再開発事業「ビッグフロント広島」が完成しビックカメラがオープンしたので、
ロードスターで買い物に出掛けました。
その時東棟の駐車場で撮影した画像を中心に。

201610roadstar-6

 

201610roadstar-5

色はホワイトと悩んだ挙句、今のマツダらしさが際立つ「ソウルレッドプレミアムメタリック」にしました。
試乗で初めて乗り込んで運転した時に感じた低さは初めての感覚でした。
こんなクルマ本当に乗っていけるのかとかなり不安になりましたね。
縁石や車止めにはかなり気を使いますが、走らせる面においては低さはあまり気になりません。フロントガラスの視界や掴みやすい車幅感覚など、素晴らしい設計をしてくれたと思います。

ちなみに私は社外の車高調整キットを入れているので、純正よりさらに3~4センチ低くなっています(笑)

Bブロック西棟と共に。

201610roadstar-9

 

201610roadstar-8

 

201610roadstar-11

 

201610roadstar-12

2012年にフルモデルチェンジした「マツダ・アテンザ」から追加になった新色の「ソウルレッドプレミアムメタリック」。
カープのヘルメットにも使われて話題になりましたね。
光のあたり具合で大きく濃淡が変わり、言葉では表現しにくい本当に独特な赤色をしてます。
なめらかなボディ形状と合わさり、周りの景色を綺麗に映し出します。
目立つのでこの色に決める時は勇気が入りましたが、「マツダの赤」を選んで良かったと思っています。

新世代のマツダを象徴付ける「魂動デザイン」。もちろん4代目ロードスターにも採用された考え方です。
斜め後ろから見た時のシルエットが一番気に入ってます。

201610roadstar-13

 

201610roadstar-10

Shall We Drive?
ドア内側のトリムにはボディカラーと同色かつ魂動デザイン独特のうねりが与えられたパネルが標準で取り付けられています。
「オープンカー」であるロードスター。屋根を開けたときに、内と外を意識させないようこだわって作られたデザインなのだそうです。

「走り」については、マツダの宣伝通り「人馬一体」で意のままに走ります。

201610roadstar-2

 

201610roadstar-1

 

201610roadstar-3

原点回帰として重点的に軽量化された4代目は、3代目に比べ約100kg軽くなり、
私のグレードでは1010kgしかありません。非常に軽快です。

屋根をオープンにした時の開放感は多くの人に味わって欲しい(笑)
オープン状態で聴く、専用にチューンされた排気音は堪らないですよ!
昼も夜も、街なかでもワインディングでも、このクルマはやはりオープンで走るのが楽しいです。(唯一、真夏の鬼のような日差しと蒸し暑さには耐えられませんでした(笑))

レスポンスやフィーリングは素直です。教習車以来のマニュアルトランスミッションですが、ごく自然に動いてくれます。操作すればしただけ曲がる・止まる。
ミスをすれば正直にクルマから反応が帰ってくる。

「運転しやすい」とも言えると思います。
これが初代ロードスターのキャッチコピー「誰もがしあわせになるクルマ」の流れをくむクルマなのだと感じさせてくれます。

 

マツダは、トヨタほどの経営基盤もリソースもありません。
だからトヨタと同じようにクルマを作っても生き残れないのです。
一度フォード傘下に入ったり、リーマンショックを経験したマツダは、
「世界シェアはたった数パーセントでも、熱心なファンに長く支持される」

そんなメーカーを目指していくようです。
この経営方針は国内でも高く注目されているとか。

ロードスターという相棒を得て、ますますマツダを応援する気持ちが強くなりました。

 

【プレジデントオンライン】:マツダ「熱烈ファン囲い込み」小さくても勝てる戦い方【1】

【ニュースイッチ】:マツダに見る「競争しなくてもうまくいく」方法


この記事をシェアする

6 件のコメント

  1. JUN 返信

    良い写真ですね。
    マツダはこれから第七世代に入り近い将来多くの車種がFR化されセグメントが上がります。
    カープにマツダ、広島には多くの誇れるモノがありますね。

  2. タミー 返信

     真っ赤なロードスター、粋ですね!おしゃれですね!

     この街に、本当にマッチする色彩であり、幾何学美の傑作である仁保海上ジャンクションを疾走する姿も是非見せていただきたいと切望します。

     街を彩るのは、従来の建築物や、人々の服装や装飾品だけではなく、今日では自動車もそれぞれの街に似合った独自の色彩デザインがあり、鯉党さんのロードスターは市民ができる街の美観への貢献であり、最新の街づくりそのものだと思います。

     地元で生産される、この街が最高に似合う自分の自動車で街を彩ることが出来るのは本当に幸せな事だと思います。

     これも広島発の最先端の流行となる予感がします。

     

  3. hiro 返信

    愛知県民ですが広島ファンです。マツダ車は3代目で家内がデミオに乗っています。(私は諸事情で某メーカーのミニバンです、すいません)
    ロードスターかっこいいですね。一度 沖縄でレンタカーでロードスターを運転しました。確かに車高は低くスポーツカーらしく、すばらしかったです。
    今後も マツダ、カープ、サンフレッチェ、ポプラ、福屋、JMSなど応援していきます。

  4. 広島ブランド 返信

    ホント、マツダは広島が誇る企業ですよね。世界から評価される日本車を作れる唯一の日本の自動車メーカーだと思います。
    特にデザインや走りは現時点世界一と言ってもいいレベル。広島の人は、もっともっとマツダを誇らしく感じて欲しいと勝手に応援してます。

    カープとマツダ。その歴史。そして、今の躍進。広島の存在感が凄すぎる。

  5. みみずく 返信

    マツダ・ロードスター、いいですね~。

    トヨタは、膨大な雇用を国内にもたらしている点で、respectすべき会社です。
    しかし、大トヨタならばその利益の一部を割くだけで可能だったAE86やセリカなどのスポーティな車の開発・販売を近年の86まで中断していたことに鑑みると、苦しい時代でもロードスターを開発・作り続けたマツダは素晴らしい~ィ。

    かつてのル・マン優勝(古い話になりますが、これも日本メーカー唯一)と並んで、マツダの価値を示すものでしょう。
    現在の良い状態が続きますように(かつてのバブル期に、マツダ店、アンフィニ店、オートザム店など、国内に5系列もの販売網を作り、同工異曲の車を乱造して自滅した歴史を憶えている者としては、現在の好調下でもなお一抹の不安が過ぎります)。

  6. 以前は他社 返信

    いいですねー
    私も3年前からマツダ車に乗っています。しかし当地のディーラーの対応がひどいため(こちらは埼玉県)、ディーラーを変えるかメーカーを変えるか思案しているところです。せっかく車は個性的で良いのに、こういうところで残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。