広島橋上駅新築他工事 2016.11(Vol.71) 発車標が更新。地下階段も開放

広島橋上駅新築他工事(広島駅改良工事)は現在の跨線橋に代わって幅15mの自由通路を建設し、橋上駅舎と商業施設を新設する巨大プロジェクトです。
西側の改札内コンコース部分が2014年11月に先行して開業しています。
【JR西日本】:JR広島駅構内の新跨線橋(こせんきょう)の供用開始について
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅改良工事(広島橋上駅新築他工事)

12月に入ってしまいましたが、今回は11月下旬撮影分の更新です。
前回の状況はこちら。

広島橋上駅新築他工事(広島駅改良工事)は現在の跨線橋に代わって幅15mの自由通路を建設し、橋上駅舎と商業施設を新設する巨大プロジェクトです。 西側の改札内コンコース部分が2014
スポンサードリンク

 

今回最も大きなトピックはこちらでしょうか。
7・9番のりばの状況です。

201611hiroshimaeki-7

跨線橋コンコースからエスカレーターを降りたすぐ正面です。
従来のLED発車標が撤去され、新世代の新しいものに切り替えられました!

 

ここだけでなく、現在閉鎖中の地下コンコースへの階段を登ったすぐ正面にも同じものが設置され、稼働を始めています。

201611hiroshimaeki-1

 

201611hiroshimaeki-4

白い背景のアナログ時計に、大きなのりば番号表示、そして路線記号などJR西日本の最新仕様です。

よく見ると、「種別、時刻、行き先」の欄は、シールが剥がれるようになっており、
うっすらと見える下地には「乗車位置」等の記載が確認できました。
運用はまだ先になりそうですが、ようやく広島でも「○両」という分かりにくい表示でなく、
「△1~△3」というような表示方法が導入される事になりそうですね。

これは従来通り2行のLED表示ですが、列車本数が多い1番のりば等はせめて3行は欲しいです。

 

地下階段の再舗装もかなり進んでいるようで、ガラスの柵の設置準備が行われています。

201611hiroshimaeki-6

ホームの端の方に、ここに取り付ける柵のステーが用意されていました。

 

ちなみにこちらは従来のLED発車標。

201611hiroshimaeki-8

エスカレーターとは反対側の階段を降りて正面に取り付けられているものです。
こちらも遠くないうちに取り替えられるでしょう。

 

化粧板の設置が終わったホーム上と新型LED発車標、そしてレッドウィング。

201611hiroshimaeki-3

先日、広島駅にもホームドアが設置されることが公表されました。

JR西日本は11月16日の定例会見で、ホームの安全性向上を目指し、「可動式ホーム柵」(ホームドア)の設置をさらにすすめることを公表しました。 優先してホームドアの整備を進める

この数年で何もかも新しくなります。

 

9番のりばから北側の新幹線高架橋の方向を。

201611hiroshimaeki-5

ここも橋上駅舎として繋がる予定ですが、作業ヤードとして使用されており、まだ動きはありません。

 

場所を移します。

201611hiroshimaeki-15

2・3番のりばです。こちらでも天井の化粧板の取り付けがエスカレーター部以外完了していました。

ここから右手に目を向けます。4・5番のりばです。

201611hiroshimaeki-16

同じく化粧板が設置される終端の部分ですが、何か違和感を感じませんか?

 

201611hiroshimaeki-17

 

201611hiroshimaeki-18

4・5番のりばに移動して撮影。
こののりばだけ、天井の形状が異なっています!
中央部が折上天井のように少し高くなっています。2枚目の画像を見ると”両端が他ののりばより低い”から結果的に中央部を少し高くした、
とも言えるような構造です。
なぜこの部分だけ梁のウェブの高さが高いのでしょうか。

 

1番のりばに移動しました。

201611hiroshimaeki-9

跨線橋コンコースから東側の階段を降りてすぐのあたり。
11月26日から、地下の東側階段が使用可能になりました。
線路側の柵も撤去され少し通路も広くなったことで、画像右手から駅ビルASSEの中を通っていた仮通路も廃止となりました。

跨線橋が供用開始した時点でこの様な状態だった場所です。

201411hiroshimaeki5-2
(2014年11月撮影)

広島橋上駅新築他工事(広島駅改良工事)は現在の跨線橋に代わって幅15mの自由通路を建設し、橋上駅舎と商業施設を新設する巨大プロジェクトです。 西側の新しいコンコースが11月2日から

新跨線橋の開業からもう2年も経ったことが信じられません(笑)

 

ちなみに、ASSEの中を通っていた仮通路から、将来の自由通路の階段が見えていました。

201611hiroshimaeki-22

仮通路は廃止されたので、完成するまでの間見られない光景です。
真ん中の隙間にエスカレーターが入ります。
しかしこれ、画像右に写る階段を降りた真正面に駅ビルの柱が鎮座しています(笑)
自由通路もある程度、駅ビルの建て替えを前提にしていることが伺えます。

広島市は広島駅南口広場の再整備事業について、 路面電車を高架乗り入れとすることなどを盛り込んだ基本方針を、関連するJR西日本・広島電鉄・広島市の3者で合意し決定しました。 【広

 

地下階段入口と、頭上の自由通路大階段。

201611hiroshimaeki-10

 

201611hiroshimaeki-11

 

201611hiroshimaeki-13

自由通路から駅ビルに連絡する上り階段(画像2枚目)、自由通路階段の明かり取りとなる天窓(画像3枚目)などが確認できます。

 

地下階段。

201611hiroshimaeki-12

 

201611hiroshimaeki-14

降りた先、天井や照明が新しくなっています。
階段は供用開始になったものの、従来通り、地下通路の東側は使用できません。

 

最後に、新幹線口屋上駐車場から。

201611hiroshimaeki-21

 

201611hiroshimaeki-19

 

201611hiroshimaeki-20

自由通路部分の大屋根の鉄骨建方は完了しているようです。

広島駅自由通路は2017年度完成予定です。

未公開画像含め23枚アップロードしています。

【Flickr】:2016/11 広島駅改良工事

9 comments

  1. カナデ Reply

    更新おつかれさまです。
    私も現地で新型の発車標を確認しました。両サイドに設置された大きな番線表示が印象的ですね!
    ラベルの下には
    種別、乗車位置、時刻、行先、経由・遅れ
    の項目が確認できましたので、より細かくてわかりやすい情報提供が可能になりそうです。
    予想ですが、ATS-DWの稼働に合わせて供用開始してくるのではないかと思っています。

  2. 名無し Reply

    とうかさん横のガソリンスタンドがフェンスで囲まれ管理物件となっていました。どうなるのでしょうか

  3. すずめ Reply

    更新されたのはいいのですが、結局「3色LED」…。
    「フルカラーLED」を期待していただけに残念です。
    JR東日本などでは増えていますが、JR西日本では大阪駅の一部にしか採用されていない状況だけに致し方がないのでしょうか。
    新型車両227系の方向幕はフルカラーLEDですが、市電やバスの方向幕もフルカラーになってほしいですね。特に市電は路線別にカラーリングされているので識別しやすくなりますし。

    • ぐりどる

      紙屋町や土橋電停などの発車標はフルカラーLEDでわかりやすいですね。
      大阪駅にはフルカラーLEDの発車標があり、とても見やすかったです。
      関東では一般的になりつつあるようですね。

    • まさに同じ意見。。。でも広島の交通のメインはJRではないと思えば、これでいいのかとも思います。
      先を行く広電などはフルカラーですから。

  4. メダカ Reply

    せっかく新しくしたのだから、フルカラーにすべきでしたね。跨線橋や改札に設置されているものがフルカラーに変更されることを期待!

  5. 因州 Reply

    お疲れ様です。
    フルカラーは別にいいのでは?
    どうせ快速と普通しか無いのだから、3色でも十分表示分けができます。
    せめて快速を線区別に色分けするなら別ですが。

    シティ…赤
    安芸路…黄色
    通勤…緑
    みよし…紫

  6. ぶるま大好き Reply

    地下通路がかなり臭いので早くなんとかしてほしい

    • それは地下通路の管理者におっしゃってください。
      ここでつぶやかれても何の解決にならないですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。