豪華寝台列車『瑞風』の運行に合わせリニューアルが進むJR宮島口駅

JR西日本の「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレスみずかぜ)」が、
今年6月から運行を始めます。
“走るホテル”をコンセプトに数日かけて山陽・山陰地方を回る豪華寝台列車です。

広島県内では尾道駅と宮島口駅に停車し、乗客に観光してもらう計画になっています。
その2つの駅を含め、各地の停車駅では瑞風の乗客を迎えるべく駅のリニューアルが行われています。

宮島口駅の様子を確認してきました。

スポンサードリンク

まずはプレスリリースから見ていただきましょう。

【JR西日本】:TWILIGHT EXPRESS 瑞風 お客様をお迎えする立ち寄り駅の改修などについて ~広島・山口エリア~

宮島口駅では、地元廿日市市産の木材を利用し駅構内コンコースの美装化が行われる他、
瑞風の乗客専用の出入口が新設されます。

駅舎外観です。

 

駅の構造自体は、南側にのみ駅舎と改札があり、
改札内の跨線橋でのりばを繋ぐノスタルジーな地上駅です。
外観は改めて見ると宮島の鳥居をイメージしてつくられているものなのかと思わせる形をしています。

駅北側に抜けられる地下道の入口近くのトイレはリニューアルされて綺麗になりました。
また、その隣には観光で訪れる人に向けた、手荷物の預かり所が設けられました。
「JR宮島口ねこのてステーション」というヤマト運輸によるサービスで、
一時的に旅行かばんなどを預けられる他、発送サービスにも対応しているようです。

 

ロータリーの西側におみやげ街道がオープンしました。

駅構内の待合スペース拡大のため、改札横にあった店舗がこちらに移転した形です。

 

駅舎内、コンビニがあったスペースはこのように生まれ変わっています!

 

コンビニが移転しただけ広くなり、非常に開放的な空間になりました。
内装も木材を使用したものになり、ホーム側はほぼ全面ガラス張りです。まるで別の駅のようですね。
まだ工事の途中であるため、奥の待合室には入れません。
特に記載は無かったのですが瑞風の乗客以外も使用できるのでしょうか?
案内所には外国語が話せる係員を付けるそうです。

 

改札付近です。

 

改札機の横はまだ囲いで覆われており何か作業が続けられています。
ここが瑞風専用の出入口になるのでしょうか。

 

先程の待合室をホーム側から見てみます。

この通り全面ガラス張りになっています。ホームに滑り込んでくる瑞風やレッドウィングをよく見ることができますね。

 

改札内のトイレも少し綺麗になりました。

 

その他にも、”走る高級ホテル”瑞風の乗客を迎え入れるため、色々なものが綺麗になっています。

 

年季の入っていた跨線橋は、この通り真っ白に塗装されました。
宮島口駅はバリアフリー対応のため、エレベーターのみの跨線橋を反対側に新設しましたが、
もとの跨線橋もこの通り残されています。こちらの利用者の方が多いです。

 

ホーム上の案内もこの通り。

 

 

驚いたのはこちらです。

 

瑞風専用の乗務員向け停止位置確認表示ができていました。
すでに各地で試運転が行われているようですね。先週は広島を通過したとか。

 

もちろん、一般の乗客への対応も進みます。
ホームの発車標は番号による乗車位置案内に対応していました。

この駅は以前から英語による放送も行っていますね。

この日ももちろん非常に多くの観光客がこの駅を利用していました。
上り列車が乗客を捌いても、あっという間に乗車口に列ができます。そして外国人の割合が驚くほど高い。感動を覚えるレベルです。
東京オリンピック・パラリンピックを控え、まだまだ観光客は増加する傾向です。
今後も細やかな観光客への対応は求められていきそうです。

 

それにしても瑞風の豪華さは凄いですね。
私は十分な時間とお金と、相手ができた頃に乗ってみたいです。。

【鉄道新聞】:豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」お披露目【外観・車内編】

【産経WEST】:「瑞風」広島でも報道公開 深緑の豪華な外観、リビング・ベッドも

 

県内のもう一つの停車駅、尾道駅は駅舎の建て替えが決定しました。
【広島経済新聞】:JR尾道駅、124年ぶりに建て替えへ 駅直結の宿泊施設も

 


この記事をシェアする

8 件のコメント

  1. ガッキー大好き2 返信

    他県からの観光客が来るためにも駅舎を建て替えてほしい。

  2. かいに 返信

    土日の快速と普通のバランスが悪すぎます。
    普通は混雑で数分遅れになるのが常態になってきました。

    • もふもふ

      上り列車は観光客なら種別関係なく来た電車に乗ってはいますが、途中駅特に快速通過駅から乗る乗客が多く、混雑しているにも拘わらず普通列車は基本3両ですからどう考えても割に合ってないんですよね。快速列車は4~8両なので両数を逆転させてほしいところです。

  3. もふもふ 返信

    一応、宮島口まちコンペの廿日市市から出された提案条件の中に宮島口を橋上駅にしても構わないという記載がありまして。現状折り返しの設備もないことから和木駅や新白島駅のように上下線で改札を分けて混雑の分散を図っても面白いかもしれません。現在の改札はそのまま下り専用改札として使用し、自由通路込みの跨線橋上に上り改札を設置すれば誤乗を防ぐことができ、動線を乗降別で分けられると考えます。というのも現在の宮島口駅は改札と跨線橋との距離が遠くホームの幅はあっても下り列車の入線時には人が溢れ、繁盛期ともなれば有人改札には長蛇の列ができており、自動改札機はあっても上下線の乗降客で大混雑しているからです。

  4. テリー 返信

    JR宮島口駅の改修工事は、豪華寝台列車「瑞風」の停車駅になったことで、施工しているのですかね。
    鯉党さんの撮影された写真を拝見すると、跨線橋、ホームの天井等の老朽化の著しさと、トイレがホーム沿い設置してある。
    「世界遺産」の入り口で、多くの国内、外国人観光客が訪れる場所ですから、それに相応しい駅の建て替えを期待したいです。

  5. 北條 返信

    確かに快速と普通がアンバランス過ぎますね。
    緩行の五日市行きを増発するか、横川に快速を停めるか、はたまた西広島で快速が緩行を追い越すか。これらの事をするだけで十分緩行の混雑緩和、快速の乗車率向上に繋がると思います。

  6. さる 返信

    周囲の駅が次々と新築されているにも関わらず、宮島口だけがJR西お得意の体質改善工事で済ませているのが解せないです。
    昭和の遺産ともいえる、古いレールを利用した跨線橋やホームの屋根なども、
    とうてい走る高級ホテルを迎え入れる施設としては、貧相すぎると思います。
    休日限定の快速は本当に使い物になりませんね。
    北條さんが言われるように、なにかダイヤ編成の工夫をしないとダメだと思います。

  7. ああああ 返信

    駅舎もだけど、駅から港への道は
    統一感のない、煤けた建物が並んでいて
    お店もシャッターが下りていたり
    世界遺産へと続く道としては残念

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。