広島駅北口改良工事 2017.08(Vol.50) 路面改良など整備大詰め

広島駅を南北を繋ぐ自由通路の整備に合わせ、北口では2013年から周辺街区に接続するペデストリアンデッキの整備、新幹線ビルの増築、ロータリー内の機能再配置を行う工事が行われています。
ペデストリアンデッキは2016年10月にすべて開通、
広場内ロータリーは2017年9月末、
増築駅舎は広島駅新商業施設「ekie」の一部として2018年度上期にオープンする予定になっています。
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅北口広場

前回の状況です。

広島駅を南北を繋ぐ自由通路の整備に合わせ、北口では2013年から周辺街区に接続するペデストリアンデッキの整備、新幹線ビルの増築、ロータリー内の機能再配置を行う工事が行われています。
スポンサードリンク

まずは北口広場東側の自家用車エリアの状況です。

 

全体が整地され、かなり完成に近づいてきました。
撮影時はまだ路盤が見えている状態ですが、ここ1週間でアスファルトもすべて敷設されました。
駅舎側から駐車場に向かう歩行者用通路も点字ブロックが敷設され完成に近づいています。

 

中央付近には、周回路から内側の駐車場に出入りする際の料金所も姿を現しています。

ゲートも近いうちに設置されると思われます。

 

駐車場の完成した姿は、北口広場内の案内板にすでに記載がありました。

特に「〇月〇日使用開始予定」との注釈もありません。
広場の完成と同じなら、9月末には供用開始となるかと思います。

 

こちらはマイカーエリアの県道側。

 

植樹帯は以前から設けられていましたが、このように綺麗に整えられてきました。
これまでの北口にはなかった、新たな憩いのスポットになりそうです。

 

場所を変え、グランヴィアのある西側ペデストリアンデッキから。

アスファルトの色が違うのがお分かりいただけると思います。
横断歩道を消した後が目立ちましたが、今月に入り数回に分け車道の舗装工事が行われ綺麗になってきています。

 

北口広場と車道を隔てる歩道・バスシェルター部分です。

タイルが敷設されほぼ完成状態となりました。
エレベーターの車道側も自転車道として使用するのですね。

 

最後に、北口広場1階のペデストリアンデッキ下部の様子。

従来からの地下道への階段とスロープの壁面が少しリニューアルされています。
南口へのメインは2階の自由通路になりましたので、この通路の利用者は非常に疎らになりました。
それでもお金をかけずに最低限綺麗にしてくれるのは良いですね。

 

北口ロータリーは、2017年9月末の完成予定です。


この記事をシェアする

10 件のコメント

  1. きよし 返信

    広島空港行きのリムジンバスを駅手前に作って欲しかった。
    広島空港は秋から運用時間が延びて最終便が増便になるのでリムジンバス利用者が増えそうですね!

  2. kimi 返信

    それ以外に一番利用客も多く便数も一番多い路線の乗り場を一番利用しずらい場所に追いやる理由は無いでしょうな

  3. ロマン 返信

    先日、急いで知り合いを案内したときのこと。
    北口から目的先のバスを利用する際「8番のりばへ行ってください」と言われ、デッキ2階に設置されていた北口案内図を実際に見たのですが(鯉党さんが掲載されているのも、2階のものでしょうか)、8番のりばが掲載されておらず非常に困りました…。
    実際は、島状ののりば(観光バス)にあったので、そこにつながるエレベータを利用すればすぐだったのですが、その先の5-7番のりば近くのエレベータを利用してしまい、上がったり下がったり…。
    ツメをきちんとした案内板だと、ありがたかったです(苦笑)。

  4. 社会系 返信

    案内板に、定期観光バスは、2という数字が書いてあるので、
    観光バスについても、他と同様に、8、9という数字を書いてもよかったと思います。

    大阪駅は、北側に、ロータリーは無いです。
    高速バス乗り場は、広島で言えば、二葉通りを封鎖して、そこに、作ったようです。
    新幹線が無いことに続いて、ここでも何か、大阪の限界だと思います。

    また、飛行機と新幹線が競争しているから、嫌がらせをするのも確かですが、
    それ以上に、都市と都市が競争しているから、嫌がらせをすることの方が重大です。

    PL学園(大阪)の清原(大阪出身)が持つ大会本塁打記録を、
    早稲田実業(東京)の清宮(東京出身)が越えると期待されましたが、
    広陵(広島)の中村(広島出身)が越えました。

    これでは、早稲田実業(東京)の清宮(東京出身)が負けるので、決勝戦では、
    ストライクゾーンを、広陵(広島)攻撃時は広く、広陵(広島)守備時は狭くすることで、
    意図的に、負けさせたのです。

    都市を開発する場合おいても、このような嫌がらせが行われてきたことで、
    広島は、開発が進まなかったのです。

    そうであれば、広陵の投手を責めるべきではないのと同様に、
    広島県庁、広島市役所、広電などの関係者を責めるのではなく、
    嫌がらせをしている人たちに抵抗することが、広島再開発を成功させる戦略なのです。

    • 通りすがり、でもない

      毎度ながらの頓珍漢コメントですね。
      異常性格者はコメントを控えていただきたい。

    • blk

      広電を責めるのは酷だが、県知事と市長は広島発展の責を負うべきだと思うぞ。
      前任者の藤田&秋葉ペアは本当に酷かった。

    • blk

      ま、サッカースタジアムをとっとと進めない今の知事と市長も大概だが。
      もし前回の選挙で小谷野氏が当選してたら、今頃は球場跡地でクレーンが動いてたかもな。

  5. シマ 返信

    何故、突然大阪の話が出てくるのかわからん。野球の話も然り。
    個人のブログでやってほしいね。
    あのダサい新幹線口が小奇麗になっただけでも嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。