広島駅北 二葉の里5街区再開発 2017.08 (Vol.14) 外観あらわに!コンベンション詳細も

広島駅周辺の最後の一等地として区画整理された二葉の里地区”5街区”は、
2014年5月、一般競争入札により大和ハウス工業・広島テレビ放送・エネルギア・コミュニケーションズ(以下エネコム)の3社グループが取得しました。
エネコムの「EneWings 広島データセンター」は2016年12月に開業し、
現在は2018年3月の竣工を目指す広島テレビの新本社ビル、
2019年3月の竣工を目指す大和ハウスのオフィス・ホテル・商業の複合棟が建設中です。
二葉の里5街区の続報。ホテル・オフィスの詳細など

 

前回の状況です。

広島駅周辺の最後の一等地として区画整理された二葉の里地区”5街区”は、 2014年5月、一般競争入札により大和ハウス工業・広島テレビ放送・エネルギア・コミュニケーションズ(以下エ
スポンサードリンク

広島駅北口広場から2枚、広島テレビ新社屋の様子です。

 

建物中層部の足場が外され初め、カーテンウォールが見えるようになってきました!
外壁が見えるようになったことで、駅のペデストリアンデッキからの景色も、”箱”が増え分厚くなってきたように感じます。

 

中国JRバス本社前から。

 

縦にのビル白いルーバーがよく目立ちますが、正面から見るとガラスに覆われたスタイリッシュな外観になっています。

 

それがよく分かるのがこちら。
新幹線屋上駐車場から撮影したものです。

 

広島駅北口の雰囲気も大きく変わってきました。
低層部は少し外側に張り出し、ルーバーのないガラス張りの外観になります。

その低層部には、会議室やホールなどコンベンション機能が入ることが公表されていましたが、
公式ホームページが登場しその詳細が分かってきました。名称は「広島コンベンションホール」

【公式】:広島コンベンションホール | 学術会議・株主総会・講演会・展示会・イベント・パーティほか

コメントでむーばすさんに教えていただきました。ありがとうございます。

1階を管理するのは広島テレビのグループ企業「(株)アトラクト・ワン」。
エントランスホールに隣接し、可動式壁で一体化することが可能な「広島テレビホール」が設けられるようです。


(上記公式HPより)

中区大手町のNHK広島放送センターのような雰囲気でしょうかね。

 

2~3階はホール・会議室の管理を専門に行う「(株)コンベンションリンケージ」が管理・運営を行います。


(上記公式HPより)

どちらの階にも700平方メートルを超える無柱空間のホールを備えます。
会議室と合わせ、学術会議・セミナー、株主総会、見本市、記念パーティーの開催を想定しています。

広島駅南北自由通路の開通とペデストリアンデッキの整備で、利便性は以前より格段に良くなっています。

 

こちらは工事用の仮囲いに掲示されたマジックナンバー

現状ではまだ人通りも疎らなのに、さすがです。
2週間以上前に撮影したものなので、まだ25。現在は消滅していますが、一戦一戦確実に行きましょう。

 

最後に、西側から二葉の里地区5街区全体を。

広島テレビ新社屋の手前には、今後大和ハウスの複合棟の地上部が姿を表します。

【CBRE】:広島二葉の里プロジェクト_物件概要

 

広島テレビ新本社ビルは2018年3月の完成予定
大和ハウス複合ビル(二葉の里プロジェクト)は2019年3月の完成予定です。


この記事をシェアする

4 件のコメント

  1. グッチ 返信

    外観非常にカッコイイですね
    ペデストリアンデッキはどのように接続するんでしょうか?

    少し話はそれますが代ゼミ広島校跡地をはやく何とかして欲しいですね。
    三幸エステートがオフィスとして出してるようですが空室が多いようですし。

  2. ロキシー 返信

    JR中国バスのところも土地を無駄に使ってるような気がする。
    高層ビルにして有効活用すればいいと思います。

  3. 広消大好き 返信

    JR西日本広島支社の再開発はいつになるのやら
    待ち遠しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。