高さ90mの眺望!ビル最上階のレストラン『BlueSkySeaSこあみ』に行ってきました。

広島市中区小網町の「平和大通り電気ビル」の最上階に、
一般利用も可能な社員食堂がリニューアルしてオープンした事を先日の記事でご紹介しました。

コメントで教えていただきました。ありがとうございます。 「株式会社 中電工」の本社などが入る「平和大通り電気ビル」の最上階に、 社員食堂をリニューアルしたレストラン「Blu

この連休の間に、営業日に休みが取れたので、実際にランチを楽しみに行ってきたので感想などレポートしてみたいと思います!

スポンサードリンク

「平和大通り電気ビル」。

中国電力系の設備工事会社「中電工」の本社がメインで入居する高層オフィスビルです。
(高さ94.4m、地上20階・塔屋2階・地下2階)

今回訪れるのは最上階の20階に設けられた社員食堂「BlueSkySeaSこあみ」。(ブルースカイシーズこあみ)
元々ビルのオフィスで全ての人のための社員食堂でしたが、中電工とエネルギアL&Bパートナーズにより
7月3日に一般利用もできるレストランとしてリニューアルオープンしました。

【公式】:BlueSkySeaSこあみ

 

レストランへはビジネスマンと同じようにこの正面の入口から入ります。

 

これだけ立派な高層ビルの玄関を前にすると、入るのに少し勇気がいりました(笑)
何らかの案内でも出ているとまだ入りやすいのですがね(^_^;

エントランスを抜けたロビーには、カフェが併設されています。
そのカフェを横目に通り過ぎ、エレベーターで20階を目指します。

 

エレベーターを降りたところに、こういったネームプレートが設けられていました。

ここまで勇気が入りましたが、「合ってた!」と一安心。

 

今回は、レストランを運営する担当者の方に許可をいただき、店内の写真も撮らせていただきました。
お世話になりました。

店舗面積は121坪(約400平方メートル)。200席用意されています。
ビルの端から端まで使われておりかなり広い印象でした。
巨大オフィスビルの社員食堂ですから、このくらいあって当然といったところでしょうか。
カウンター席から10人程度で利用できる個室まで設けられており、座席はかなり充実しています。

 

その他、店舗内の雰囲気を。

 

素晴らしい非日常感です。
毎日こんなところでお昼ごはんが食べられるとは羨ましいですね。

 

メニューは、自分の好きなおかずを好きなだけ選べるグラムバイキングから、
日替わり・週替りメニュー、麺類など大きく5種類の中から選べます。

私はチキンのヘルシーな定食を選びました。味は濃すぎず薄すぎず、美味しかったです。
これで600円です。お安い!

 

何より、広島市のデルタを見下ろしながら、手軽に食事を楽しめる場所はなかなか無いので大満足です。
南側舟入・江波方面。

天満川を挟んで左側が舟入、右側が観音地区です。
こうしてみると、舟入は多数のマンションが密集、観音地区は一戸建てが多く
人口密度にも違いがありそうな感じ。
これは軌道系(路面電車)の有無によって生まれた差なのでしょうか。

 

東の比治山方面に伸びる平和大通りです。

こうしてみると、緑のラインが都市部を貫いており美しい街並みですね。

 

南東の大手町、千田町方面。

高層ビルが立ち並びます。
2020年頃には、画像中央の広島大学本部跡地に「hitoto 広島 The Tower」が姿を見せてくれる予定です。

広島市中区千田町の旧広島大学本部跡地では、「ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクト」として 三菱地所レジデンス他、10の企業グループによる再開発プロジェクトが行われています。

 

東の紙屋町・八丁堀、広島駅方面。

平和公園の背後のビル群など。
うーん、もっと写真を撮っておけばよかった…。

 

 

ということで、写真を中心に紹介しました。
広島は気軽にビルの上から景色を楽しめる施設が絶望的に少ないですから、
今回のような取り組みは非常に貴重なものであることを改めて実感します。
お昼のランチだけでなく、ディナータイムにはお酒や軽食も楽しめるお店として営業しているので、
ここから見る夜景も気になるところですね。

広い店内を活かし、団体でパーティーや会席料理といったコースも用意されています。
おりづるタワーでも同様でしたが、ただ単に上層階で食事や景色を楽しむだけでなく、
結婚式の二次会等で使用できるような団体向けのプランを用意することは、
稼働率や収益性を高める一つのポイントになるようです。

 

今回、私はお昼のランチに利用しました。
専用駐車場は無いので、周辺のコインパークを利用するか公共交通機関でお越しください。
また、12時台は社員の方が多く利用されるので、ゆっくり楽しみたい方は、12時台を外して来られると良いかと思います。

“どうやって行ったらいいか分からない”という点は今後の改善点かと思いました。
より多くのお客さんに利用してもらうには、もう少し案内や広報を充実させてもいいと思います。

 

「BlueSkySeaSこあみ」は、ランチは11時~14時、ディナーは17時~21時の営業。
土曜・日曜・祝日は定休日です。

9 comments

  1. 観音 Reply

    鯉党さんの記事を見てから、夕方に一度行きましたがディナータイムだったため、
    アルコールメニューがメインで断念しました。

    おっしゃるようにビルに入るのはなかなか勇気がいりますねw
    エレベーターが来たので乗りましたが、最上階には行かないエレベータでした。
    1階に戻り、乗り換えてようやく着きました。少しわかりにくいエレベーターだったので
    困惑してしまいました。
    お昼の時間に再度行ってみようと考えています。

    観音地区の一戸建てが多いという点ですが、
    これは航空法による規制が大きく影響していたのではと思います。
    西飛行場がヘリポートに変わってから規制区域は大幅に狭くなりましたので、
    これからは舟入地区のように高さのあるマンションも建設されると思います。
    また、観音地区は現在でもまだネギ畑が多く(有名な観音ネギの産地)、
    比較的建設用地が多いです。
    最近はくら寿司や、ダイキホームセンターの開店、
    橋を渡ればLECTが近いなど、だいぶ変わってきました。
    これからが楽しみな地区です。

  2. 名無しさんが接続しました Reply

    観音は学区の問題もあるんですよ。差別的なコメントは控えますが、選べるなら舟入を選ぶ人が多いのが現状です。

  3. もん Reply

    地名だけは観音様の観音で、良い感じなんだけど、広島では良いイメージが無い地区ですもんね。

  4. 万次郎 Reply

    カメラの設定間違ってませんか?
    比較的晴天の割に写真が暗いです。
    この記事内からリンクされているhitoto広島の記事の写真と比べると、一目瞭然です。

  5. あい Reply

    なんやかんや、舟入って穴場ですよね。電車通ってるし、バスにおいては江波行きのバスのほかに
    広島バスのアルパーク行きと井口~広島駅のバス、国道2号線の舟入本町バス停では西部方面の
    美鈴が丘、四季が丘など、のバスにも乗れます。
    南の江波にいけば南道路もありますし、交通の便は申し分ない。
    スーパーマーケットは4件あり、ディスカウントショップのリアル、250円弁当で有名な
    GOGOやまぐちと、舟入市場があります。
    コンビニはなんと14件!
    ジョイフルあり、ジョリーパスタ、スシローなどなど。
    マンション(賃貸・分譲)も増えています

  6. タミー Reply

    ブログ更新お疲れ様です。

     私も、8月10日午前11時4過ぎ、当ビル正面の平和大通りにあるコイン駐車場が空いていたので、そこに止めて行きました。

     あいにくの曇り空で遠くの瀬戸内海は少し見える程度でしたが、南向きのガラス貼から一望出来る市街地南部・西部・東部光景は感動します。

     社員食堂なので値段もお手頃、味も結構いけるので特に近所に職場がある方や社用車での営業マン、近隣マンションの住民などの食事には最適です。

     市街地中心部は駐車場代が高く悩みの種ですが、別の記事でどなたかが指摘されていましたが本川以西は建物も低いのが多く開発が遅れている感が強いこともあってかこの辺は手頃です。

     それについての最大の原因は、原爆投下以前の現在の平和公園がある場所は旧中島地区で老舗の商店や映画館等が並ぶ広島で古くからの繁華街、歓楽街でしたが、公園とされてしまった為、本川より西側へは市街地の連続性が全く断絶されて仕舞ったものと思われます。

     戦後の広島の市街地は、西側は平和公園で市街地が隔絶されて仕舞い、被爆当時新興の繁華街・歓楽街として急速に発展しつつあった八丁堀・新天地のある東方面だけが片肺の状態で発展したので、本川以西はとり残されたのだと思います。

     結果として、広島の市街地は東側のみの片肺都市となって仕舞い、平和公園の存在は、街づくり観点からすると街の発展を大きく阻害したと言わざるを得ません。

     現在では八丁堀から更に東の広島駅周辺へと市街地の核が移りつつあります。

     とり残された西側の市街地もこうして徐々にでも発展して欲しいと痛感します。

    • しみず

      平和公園は旧市民球場周辺の中央公園を平和公園として整備し、
      中島地区はそのまま繁華街のままだったら、たしかに土橋あたりが
      現在も繁華街になっていたかもしれないですね。

      >本川以西は建物も低い..
      これについては比較的高い建物もありますよ。
      現にこの中電工のビルも然り。ただ、住宅地の割合が多いため、
      どうしてもそのような印象を持ってしまいますが、
      実際はそうでもないです。
      どちらかというと天満川以西の方が
      割合的に低いです。いわゆる観音、天満地区。航空法の影響を受けていた影響ですね。

    • タミー

      しみず様

      >これについては比較的高い建物もありますよ

       そうですね、確かに、『BlueSkySeaSこあみ』から見る舟入界隈には十数階級のマンションと思われる建物がぎっしり詰まっており高さという点では随分高くなったなという印象を私も受けました。

       タイトルにある、<高さ90mの眺望!ビル最上階のレストラン『BlueSkySeaSこあみ』>から見ると同等以上の高さの建物は、元安川以東にあり、舟入界隈は居宅用以外で都市機能として必要な用途(兼用も含む)の建物が圧倒的に少なく、それらがこのビルから見下ろす位置にあるので低く感じるというのもご指摘の通りだと思います。

       また、航空法の問題は解消に向かうに従い開発が一気に進みつつある半面、居宅用(住宅地)となると中心街からの距離に加えて、他の方からも指摘のあった、環境等の諸問題に伴う価格の設定等のリスクが生じることも街の再開発に於いては避けて通ることが出来ないので、改善されるべき諸問題の現状を直視し最善策を常識ある市民と関係者と行政とが一体となって模索すべき課題の様に思います。

      それにしても、久し振りに見る舟入界隈の平均的な建物の高さには正直驚きました。

  7. トラック Reply

    私も中島地区、土橋あたりが繁華街のまま現在まで発展してきた場合の広島を見てみたいと思う一人です。
    八丁堀、流川町みたいなのがもう一つ東エリアにあるって感じですよね。
    想像しただけでわくわくしてきます。
    ただ、やはり都市の規模があると思いますので、いくら繁華街が今より多く点在していたとしても、人口が地方都市には限界があり、維持できなくなっていたのでは?とも感じます。
    福岡や神戸なんかにしても、だいたい繁華街は同じエリアにまとまってたと思いますし、大阪、東京以外はいくつも繁華街をもつのは難しい気がします。
    繁華街に限らず、西広島エリアの再開発等で西側から新たな発展が起こらないか期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。