イオンの西風新都新店舗は『アウトレット』と『アミューズメント』で滞在型の新業態

すでにご存知の方も多いかと思われますが、先日の中国新聞に
西風新都に計画されるイオンの新しい大型商業施設の詳細が報じられました。

映画館などを備えた滞在型で「新業態」であることは以前から報じられていましたが、
スケートリンクやVR(仮想現実)体験施設、ボウリング場など滞在型施設の他、
高級ブランドを多く扱う本格的なアウトレット施設となることが分かりました。

スポンサードリンク

【中国新聞】:レジャー施設とアウトレット軸 来春開業のイオン大型施設

(2017年9月26日付 中国新聞朝刊紙面より)

 

【日本経済新聞】:イオン、アウトレット主体の新型SC

 イオンはアウトレットを主体とする新型ショッピングセンター(SC)を出店する。複合映画館(シネコン)やスケートリンクといった体験型施設も多く取り入れ、地元の観光資源を生かした売り場づくりを進める。

新SCの名称は「THE OUTLETS(ジ・アウトレット)」とする。これまでグループで使ってきた「イオンモール」は使わない。来年春に広島市で開業する施設が1号店となる見通し。

地元との連携も強化する。広島市の新施設では、野球やサッカーなどの地元プロチームと提携し、ゲーム感覚でスポーツを楽しめる施設の導入を検討する。アウトレット以外のテナントのうち役4分の1を地元企業とし、地域産品や名産品などの販売拠点にする。

商圏は車で2時間程度の範囲と、通常のモールの2~4倍を想定する。敷地面積は約27万平方メートルと最大級で、駐車場を広く取り広域からの来店に備える。

(上記サイトより一部転載)

 


建設予定地
(2017年1月撮影)

 

【THE OUTLETS(ジ・アウトレット)】

  • 敷地面積:約26万8,000平方メートル
  • 施設全体をアウトレット主体にしたイオンの新業態(全国1号店)
  • 高級ブランド品などを低価格で販売するアウトレット施設。100店以上のテナントを誘致
  • 映画館(シネコン)
  • スケートリンク
  • VR(仮想現実)施設
  • ボウリング場
  • 野球やサッカーなどの地元プロチームと提携し、ゲーム感覚でスポーツを楽しめる施設の導入を検討

 

イオンモールが公式に発表したものではありませんが、広島都市圏には数多くの大型SCが乱立している中、
レジャー施設と一体化させ他の店舗との差別化させることは当然必須と考えられているようです。

アウトレットモールの売上は一般的な商業施設と比較しても全国的に好調のようで、旧来型の施設だけでは成長余地が少ないことも考慮し、広域的な集客力を持つ観光拠点と位置づけ、旅行者も需要を取り込むとのこと。

特に広島においては中心市街地を取り囲むように幾つもの大型店が出店しています。
今年は同じ市西部エリアにゆめタウンの新業態「LECT」が開業しました。
イオンがここまで力を入れるのには、郊外型モールvs中心市街地と言うより、
郊外型モール同士の競争がかなり激しくなっている背景がありそうです。

 

近年プレステやスマートフォンでも体験できるようになってきたVR=バーチャルリアリティ。これを手軽に体験できる施設というのは興味深いです。
期間限定でスマホメーカーがVRの体験イベントを行うのはこれまでもありましたが、
常設で体験できる施設は珍しいのではないでしょうか。

こうした最新の技術に触れることができる企業のイベントラボのような施設は、中心部や広島駅にあればいいなと思っていたもの。
また”アウトレット”としてのマリーナホップの衰退後、広島に本格的なアウトレットモールは存在していませんでした。
皮肉にもこれらが同時に、イオンモールに実現しようとしています。

大型SCが飽和状態の中、「イオンモール」が正直これまであまり関心がありませんでした(笑)
アウトレットとアミューズメント施設を引っさげ、観光的な広域集客も狙うイオンの新業態。
これは純粋に楽しみになってきました。

 

紙屋町・八丁堀、広島駅周辺にとってはまた新たな脅威が誕生することにはなりますが、
先程も書いたようにここまでくれば、「郊外vs郊外」の側面がかなり強くなってきていると思います。
ショッピングモールに行く人は行きますし、中心部に買い物に来る人もそれぞれ。

中心部は、流行に敏感な若者に人気の新しいファッションや、充実した飲食店、
商業集積地ならではの賑わいなど強みを活かした戦略を今後も検討する必要がありますね。

 

 

最後に、広島市のサイトを見ていると、環境条例に関するこのような提出資料を見つけました。

【広島市(広島市地球温暖化対策等の推進に関する条例)】:建築物環境計画書等の概要の公表(平成28年度受付分)


(上記サイト内資料より)

あくまでも申請当時のものですが、イメージ図が載っています。
大きな変更がないとすれば、アウトレットモールらしく屋外型通路で結ばれた施設になる可能性が高そうです。

 

アウトレットとアミューズメント・レジャー施設を含む、西風新都のイオン新業態施設
「THE OUTLET(ジ・アウトレット)」は、2018年3月のオープン予定です。

 

39 comments

  1. たっくん Reply

    いつも拝見させていただいています。
    商圏2時間となっていますから鳥取以外の中国地方はほぼ入りますね。
    イオンモール岡山以上のインパクトがあるのは間違いなさそうです。
    どのようなテナントがはいるのか気になるところです。
    これまでの商圏を一気に変えてしまう可能性がある施設ですね。

  2. TOM Reply

    やはりアウトレットになるのですね。すごく楽しみです!
    広島のアウトレットと言えばマリーナホップでしたが、ぶっちゃけ昔に一度訪れて、中途半端なブランドばかりで、結局ご飯だけ食べて帰ったがっかりした記憶があります。
    今回は、ホップにはなかった「高級ブランド」が出来るとのことで、これはかなり期待です!
    やはりアウトレットの醍醐味は、高級ブランドをいかに安く、気に入ったものを手に入れるか?(笑)なので。付帯する施設も楽しみです。カープファンが楽しめる感じなら地元はもとより、全国のカープファンの新スポットになりそうですね。
    完成が楽しみになりました。

  3. あか Reply

    付近を通る延伸区間は単線で建設するみたいですが、大丈夫なんですかね?中途半端な投資で不便で利便性が悪くなるより、既存区間のように複線で建設した方が良いと思います。

  4. 駅近住民 Reply

    アウトレットモールと広島駅を結ぶシャトルバスがあれば嬉しいなぁ。

  5. ばざる Reply

    サンフレッチェの試合が重なる時はすごい混雑しそう。。。
    早く新スタジアム建設しないと。

  6. スラサン Reply

    アウトレットっていってもイオン系って聞くだけで正直お腹一杯感あるからな。差別化したいってことだからほんと入る店とか違いを見せてほしいですね。イオンっぽさを外観からも感じさせないようなものにしないと。結局どう転んでもイオンはイオンだねってならないように頑張ってもらいたいです。岡山には三井あるし島根山口から人来てくれるといいね

  7. むーばす Reply

    個人的には三菱・サイモン系の「プレミアムアウトレット」は
    まだ中四国エリアに出店をしていないので、是非広島県内
    に出店をして欲しいと思っていました。
    富士裾野のモールには外国人も含めてすごい集客があるそうです。
    関西でも三田市のモールが最も集客があるといわれていますし。

    そこでイオン系のアウトレットモールが来てしまうと、同商圏
    に2箇所はいらないと、出店検討地域から外されてしまうのが
    正直もったいないと思うのですが。
    仙台商圏には三井・三菱の二大モールが競って出来ましたが。
    もちろんハナから広島は出ないよということなら、イオン系
    でも出来てくれることはありがたと思わなければなりません。

    すでにイオンでは日本最大の「イオンレイクタウンモール」に
    7年くらい前にアウトレット業態の棟を作っています。
    3年ほど前には社内の機構改革でアウトレットのテナント
    リーシング強化にも乗り出しています。ここが約二万五千㎡
    なので、今回の「ジアウトレット」と規模的には近いです。

    ただここは既存のショップゾーンもあるのに対し、広島は
    完全なアウトレット店のみですと、逆にテナントは集めや
    すいかもしれません。
    あと広島エリアにアウトレットモール競争相手がいないのも魅力。
    さて来春発表時、どんな顔ぶれになるのかが最大の関心事ですね。

  8. 通りすがりの元広島人 Reply

    イオンは北九州市のスペースワールド跡地にもアウトレットモールを出店するようなので山口県西部からの集客どうなるのでしょう、一応二時間圏内ではありますが。鳥栖のプレミアムアウトレットもありますし。
    ですが、マリーナホップのがっかり具合がハンパないので楽しみであることに変わりはありませんね!アトムも是非複線で整備してほしいですね。

  9. 地元民 Reply

    プレス見ました。
    中々本格的で高級感ある感じで期待出来そうですね。
    後は御殿場のアウトレットに入ってるような人気ショップがどの程度引っ張ってこれるかに掛かってますね。楽しみです。
    三菱系のプレミアムも観光地とセットのアウトレットだから宮島の対岸辺りで作れはと以前から思ってましたが渋滞がより深刻になりそうなので現状ではやっぱりキツそうかな。

  10. のーてんき Reply

    家族向けアミューズメントに力をいれてるのに
    入浴施設(温泉)は無いんですね
    まあ、広島市の場合、温泉として採水できるところが
    地下標高-300mあたりか-700mあたりかに
    なるでしょうから、
    費用対効果ではなから検討しなかったのかもしれませんが

  11. 56 Reply

    いつも広島の山陽高速道路を通るたびに大きな建設中の建物を見ます。
    「これが建設中のイオンモールかぁ」と思っていたのですが
    違いましたね。

    山陽高速道路沿いの建設中の建物は何かご存知の方はおりますでしょうか?

    • にろ

      西風新都周辺でほどほど大きな新規の開発なら、広域公園のテニスコートすぐ下に老人ホーム?が建設中だったと思います。
      けっこう大きな建物になりそうなので、ひょっとしたら山陽道からも見えるかもしれません。

  12. 社会系 Reply

    三井、三菱、イオンであっても、名前が異なるだけで、基本的なことは同じだと思います。

    問題は、関西の人間が経営することです。
    ミキシング(本店:大阪市)が経営したマリーナホップの悲劇が典型例ですが、
    商売をする能力が劣るというのが歴史的に証明されつつあります。

    顧客に対しても、従業員に対しても、あのようなやり方では、みんな離れるでしょう。
    ダイエー(本店:神戸市)、マイカル(本店:大阪市)なども消滅しています。
    自然淘汰されるのは、当然なのです。

    これらに代わって、業績を伸ばしているのが、
    イズミ(本店:広島市)や、エディオン(本店:広島市)、ダイソー(本店:東広島市)などです。

    マリーナホップの悲劇を繰り返さないためには、
    関西が広島より格上であるから、関西にまかせればいいという先入観を捨てることです。

  13. タミー Reply

    ブログ更新お疲れ様です。

     強引な開発で、どうなることかと心配していましたが、施設全体をアウトレット主体にしたイオンの新業態(全国1号店)高級ブランド品などを低価格で販売するアウトレット施設。
     レジャー施設と一体化させ他の店舗との差別化させる様で、画一的なSCならなくて最悪の事態はどうやら回避出来そうで少し安堵しました。

     時代は急速にしかも大きく変化しており、こんな開発手法は、ほどほどにしてもらいたいものです。
     

  14. メビメビ Reply

    従来型のイオンモールができるかと思いましたが、まさかアウトレットとは驚きました!!
    とても楽しみですね!!しかも2018年春オープンですから、もう半年後ですね!

    しかし、一番気がかりなのは周辺道路の交通渋滞がさらに深刻化しそうなことです。現状でも五日市インター周辺は渋滞ポイントであるにもかかわらず、ここにイオンができればさらに悪化しそうです。

    アストラムラインの延伸やバス路線の整備など公共交通機関の充実は必須ですし、周辺道路の改良も必要だと思います。特に大塚駅~石内原田の区間は、北はこころ方面・長楽寺方面・高速4号方面から、南は石内バイパス、商工センター方面から来た車がそれぞれ一極集中してしまい、ボトルネックになっていると思います。

    良い改善案は私も思い浮かびませんし、いまだに改善できないことをみると難しい問題なのだと思います。ただ、どうにかして周辺道路の渋滞改善はやってほしいという思いです。

    • @

      五日市IC付近の渋滞を加速させる一要因として、修道大学へ向かう人も含まれてると思います。
      生徒数は6000を超え、その内自動車通学は教職員までを含めると1000台は超えてるはずです。
      これだけの車と校内まで走る路線バスが1本(2車線)で行き来するわけですから、慢性的な渋滞が発生するのは必然だと思います。
      せめて、五月が丘団地から修道大学第2駐車場に抜ける道ができれば、ある程度は渋滞緩和に繫がると思います。

  15. あん Reply

    一番の理想はマリーナホップが再生すればなぁなんて考えていました。
    三菱か三井に介入してもらってマリーナホップ敷地+西飛行場跡地の一部を敷地とし、
    テナントはすべて見直しリニューアルとか。まぁ現実味のない話ですが。

    石内にこのような施設ができると、マリーナホップは大打撃になりそうですね。

  16. グッチ Reply

    この施設が広島の修学旅行者の減少を止めてくれるのではないかと期待しますね

    広島に足りないものはレジャー施設だと思うのでここにイオンが出来ることでアストラムの利用者が増え沿線の開発が進めば人口も増えて遊園地でも出来ないかな

  17. TOM Reply

    確かに、マリーナホップがこの形態のアウトレットになれば起死回生になったかもしれないですね。
    ただ、石内にできたら、マリーナホップはもうアウトレットから離れた方がいいと思います。
    西飛行場跡地もレクリエーション施設が出来るみたいですし、ファミリーをターゲットにした、キッザニア広島、アンパンマンミュージアム広島、ヨロズマート広島などなど、まだまだ中国地方初のものはたくさんありますから、その辺を誘致してほしいですね!

    • いくらか岡山に先超されそう あっちのほうがアクセスで有利だから(ただキッザニアとアンミューは甲子園・神戸にあるからノーチャンだが)

    • ロキシー

      スケート場よりも、キッザニアとかアンパンマンミュージアムとかのほうが人が呼べそう。中四国に無いわけだし。

    • あいち

      実は、キッザニア名古屋が2020年頃OPEN予定です。
      愛知県と同じく物作りが盛んな広島も、誘致という事を考えるのではなく、提案してはどうでしょう。
      ジブリパークは、こういうものを愛知県に作ってはどうですかと、知事がジブリの鈴木敏夫さんと、話し合いをしたのが始まりです。広島に縁のあるもので、世界的に有名なものを探してアイデアをだしてみたらどうですか。
      愛知万博期間限定で名古屋にできた、(ポケモン ザ パーク 2005)なんかヒントになると思います。ただ、これはもう一度作ってほしいので、まねはしないでくださいね。

  18. 安芸の鯉人 Reply

    アウトレットモールの中にブランド品店も入居するという事の
    様ですが、それなら中国地方周辺の日本人だけでなく、五日市
    港からそう遠くない。五日市港に入港する豪華客船の乗客達も
    インバウンドとして取り込みましょう。両者はウインウインの
    関係になるでしょう。但し、これだけでは地元の広島市には
    恩恵が限定的です。食堂は周辺で採れた食材を使った地元の
    店舗その他も確保したい!

  19. さわやかショルダー Reply

    スケートリンクもできるのうれしい、ですが…
    クルマの大渋滞が目に浮かぶ…

  20. たか Reply

    アストラムの延伸区間は複線で、草津沼田道路はトンネル区間が対面通行なので、上下各2車線を確保する為にももう1本トンネルが必要だと思います。

  21. 安芸の鯉人 Reply

    最近の外国人観光客の傾向として、初回は団体で来て2回目
    以降は個人で来るそうです。彼らがリピートしてくれたり
    ツイートもあれば広島県の観光に好影響を及ぼすでしょう。
    遊びのコーナーもあるという事で市内の他地域からの来訪も
    期待できる。そうなると、ここで何度も指摘される様に移動
    手段の確保が重要です。見ていると、行政だけでは手に負え
    ない様に感じてしまいます。県や財界も加えたオール広島で
    全体の設計図を検討すべきです!

    • むーばす

      三田のプレミアムアウトレットでも観光貸切バスの
      駐車スペースはもっとも近い便利な場所にかなりの
      台数分が用意されていますね。
      「ジアウトレット」でも当然、この敷地の広さです
      からかなりのスペースを準備できそうですね。
      イメージは広島周辺への世界遺産バスツアーの
      コースにアウトレットも入れてもらう、一日アウト
      レット買い物ツアーなど当初は沢山立ち寄りそうです。

      また車で来れない、行かない方向けのショッピング
      シャトルバスも横川や西広島、草津駅、もしかしたら
      広島駅などからの運行も考えられそうです。
      またイオンの発表を見ると、近隣圏、島根や山口の
      主要都市から直接、アウトレットへ行ける高速バスなど
      も視野入りかと。
      どちらにしてもここ当分は新交通も開通しないので
      そこは、団地オーナーの広電バスが総力を挙げた運行体制
      でもって協力するのではないでしょうか。

      広島電鉄にとってはこれまでの投資を回収するために、ここで
      しっかりと儲けさせてもらうといった感じですね。
      自分とこの団地内なので「グリーンフォートそらの営業所」
      の敷地はすでに抜かりなく確保済みなのかもしれません。

  22. 広島環状線 Reply

    アストラムの延伸は、複線(含・将来 複線化可能な構造での暫定的単線)で
    広域公園から この イオン前まででいいです。

    イオン前から 西広島は 広電(LRT)でやるべきだと思います。
    3号線を乗り入れさせれば、都心と直通できます。

    アストラムは イオン前からは ~ アルパーク ~ レクト ~ 本通 と延伸して
    ショッピングセンター同士を結ぶ 環状線にしたら面白と思います。

    • にろ

      興味を惹かれる案だと思いますが、アルパークとかレクトに回ってたら現状の事業区間である西広島~広域公園間以上に採算性悪くなる気が・・・
      路面電車を繋げるにしても、己斐の山を路面電車で登るだけでも難しいと思います。
      住宅が密集し、道が狭い己斐界隈でアトムを繋げるのは至難の業でしょうが、この事業化が実現すれば、あの地域一帯の深刻な渋滞の緩和に貢献してくれそうですし、高架化のおかげで定時制も確保できそうですから、個人的には現状の事業化案のほうが適切だと思います。

  23. tomo Reply

    エディバウアーやアバクロとかコーチ、ブルックスブラザーズ、スペード、バーバリー、アクァスキュータムが入ればなあ。

  24. 広島環状線 Reply

    アストラムの アルパーク、レクト経由 延伸案は、西風新都と都心との流動を
    狙ったものではなく、ショッピングゾーン同士を相互連絡することで
    新たな流動、動線を創りだすことを狙ったものです。

    喩えれば、山手線は、新宿や渋谷から東京駅に出るには
    遠回りになってしまっているのと似ています。
    都心への流動は 新井口 ~ 本通 で 拾えるので、採算性は、
    その事も含めて考慮ということになります。

    路面電車は かつて 呉市電が 呉越峠を越えていたと聞きます。
    己斐上の急勾配は 更に険しいのかもしれませんが、
    だったら 路面電車が無理なら BRTでもいいと思います。
    一部、高架のガイドウェイ方式にすれば、渋滞も回避できます。

    ともかく、西広島 経由ルートは、〝都心と直通させるべきです〟

    アストラム 西広島 延伸では、その後が続きません。
    西広島 ~ 本通 が 広電の 平和大通り線とルートが まる被りの為、
    実現できるか 甚だ疑問です。
    又、本当に 環状線にする気があるのなら、西風新都線を 暫定的にではなく
    永久的単線構造で建設するのは 矛盾していると思います。

  25. やっぴー Reply

    西風新都も盛りあがってきましたね
    西風新都は島根や山口からのアクセスも良いのでこのような施設は広島都市圏の影響力を高めることが期待できますね。

    中国道から西風新都までのアクセス
    六日市~西風新都 70㎞、50分
    浜田~西風新都 80㎞、1時間
    松江~西風新都 150㎞、2時間
    益田~西風新都 120㎞、2時間

    こうやってみると、広島広域圏の西端は、
    柳井岩国~六日市~津和野益田浜田
    までカバーしてるのではないでしょうか?

  26. にろ Reply

    新たな流動や動線をつくることは理解できます。ですが、イオン-アルパーク-レクト-本通りといったルートでは、現在の検討ルートより用地買収が多くなるでしょうし、イオン-アルパーク区間のトンネルや勾配まで考慮すると、採算性が良いかは検討の余地があると思います。

    アトム延伸ルートをBRTに変更することに関しては、地面をBRTが走れば住宅が密集する己斐では、用地買収の額が膨れ上がるでしょうから、結局、多くの区間を高架にする必要が出てくると思います。また、最急勾配が6.5%になるこのルートでは、駆動軸を強化したBRTが必要になるでしょうから、新規の車両作成には、少なくない投資が必要になるでしょう。アトムと同じゴムタイヤであるBRT(高架有り)を西広島駅まで繋げるなら、駆動軸を強化し、車両を軽量化することになっている新規車両のアトムを延伸したほうが、費用面でも、乗り換えの手間を考えても良いのではと思います。

  27. 広島環状線 Reply

    確かに、採算性も重要かもしれません。 しかし、広島の軌道系交通網整備には
    その〝ネットワーク網を 広島都市圏に くまなく拡充していく〟
    といった観点・発想が決定的に欠如しています。
    西広島まで建設したところで 完結・思考停止では、発展性が無いと思います。

    〝乗り換え〟の問題は、AL西広島ルートでも 発生するでしょう。
    私の BRT案は〝都心直通〟なので、都心に出るには、
    AL西広島ルートなら 西広島で乗り換え
    BRT案なら 石内イオンで乗り換え・・といった違いでしかありません。

    己斐上の人は 西広島での乗り換えが無い方が ありがたいでしょうし、
    五月が丘の人は、たとえ 石内イオンでの乗り換えが無かったとしても
    結局 西広島で乗り換えるのなら同じ事です。

    又、広電に 高速4号線経由のバスに連接バスを導入する構想があるという情報を
    目にしたことがあります。
    つまりこれは、セントラルシティ-の あの急勾配を(BRTにも使用可能な)
    連接バスが登れる ということを意味しているのではないでしょうか。

  28. 一般人 Reply

    広島広域経済圏が、山口・島根と更に拡大することは確実でしょう。

  29. ひろぽん Reply

    広島や近県の旅行会社が、広島観光+アウトレットの旅行商品の企画を沢山考えてるでしょうね。
    客の食い合いではなく、パイの拡大に貢献してくれると良いですが。

  30. ひろ Reply

    毎日アストラムの高架下の県道使いますが。年々渋滞が激しくなってきています。広島高速4号の山陽道直結や草津沼田道路のトンネル区間の対面通行解消、アストラムの複線での延伸などの充実を願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。