広島駅北口改良工事 2017.10(Vol.53)<北口ロータリー編> 駐車場オープン!広場機能は全て完成

広島駅を南北を繋ぐ自由通路の整備に合わせ、北口では2013年から
新幹線ビルの増築、駅構内のリニューアル、周辺街区に接続するペデストリアンデッキの整備、ロータリー内の機能再配置を行う工事が行われてきました。

2017年10月1日、ついに北口ロータリー内の駐車場が開業し、機能再配置が完了を迎えました。
また同時に、この工事で増築されたビルの中に整備が進められていた「広島駅総合案内所」もオープン。

今回はこの2つのトピックを中心に<総合案内所編>、<北口ロータリー編>の2つに分けて紹介していきます。
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅北口広場

前回、<総合案内所編>を更新しました。

広島駅を南北を繋ぐ自由通路の整備に合わせ、北口では2013年から 新幹線ビルの増築、駅構内のリニューアル、周辺街区に接続するペデストリアンデッキの整備、ロータリー内の機能再配置を

 

前回、9月の様子はこちら。

広島駅を南北を繋ぐ自由通路の整備に合わせ、北口では2013年から周辺街区に接続するペデストリアンデッキの整備、新幹線ビルの増築、ロータリー内の機能再配置を行う工事が行われています。
スポンサードリンク

ペデストリアンデッキ中央付近から、北口広場内のマイカースペース全体を。

2017年10月1日(日)、広場内で再整備していた「広島市市営広島駅新幹線口駐車場」がオープンしました!
この駐車場のオープンをもって北口広場内の全ての機能が再配置され稼働を開始したことになります。
駐車場は2014年4月以来、約3年半ぶりに復活しました。

今回からタイトルを少し変更しました。 広島駅新幹線口(北口)改良の様子です。 建設中の南北自由通路と通じるペデストリアンデッキの整備、新幹線口駅舎の増築工事、広場内のレイアウト変更

 

ペデストリアンデッキ階段から、駐車スペースの北側を。

開業初日にも関わらず非常に多くの利用があり満車が続く状態もありました。

14年4月の駐車場閉鎖以降、ロータリーは「降車専用」として運用され、
ロータリーに少し車を止めて人を待つことができなくなりました。

本格運用となった今でもそれは継承されるようです。
そのため、一時的ですが車いすスペースで乗り降りさせたり、画像右手の降車スペースでの降車に時間がかかった車両の後ろに車列ができる状況も起きています。
レーンにポールが立っているので追い越すこともできないんですよね。

スペースも限られるので基本的に待つ場合は駐車場に止めてもらう事を原則としてもらうのは理解できますが、
周辺道路への路上駐車も見受けられますし、2,3台でも乗り降りのために一時停車できるスペースはあった方がいいのではないかと思いました。

駐車場は利用開始初日の日曜日からこの高い稼働率。
大型連休などではスムーズに停めるのは難しそうですね。
今思えば、福山駅や岡山駅のように立体利用はできなかったのかと。
あまり広くないこの広場内だけでは難しいでしょうから、東側シェラトンホテルの車寄せの路地を丸ごと地下へのスロープにして、ホテルのエントランスの他、一体的に市営駐車場として整備、出口は北口広場内へ接続するようにすれば地上ももっと有効活用できたのになと、今更妄想。。

 

マイカー降車スペースから。

 

駐車場の精算機はここにあります。
精算機の隣にはプリペイドカード・回数券を扱う自動券売機も設置されています。

外周路はこの通り、駐車場待ちレーンと降車レーンでポールが設置されており、追い越しができません。

 

ペデストリアンデッキを渡った二葉の里地区から。

 

殺風景だった広島駅北口は、本当に激変しました。

 

新大阪・東京方面に向かう新幹線と。

 

 

既存の植樹帯は撤去されずに残されました。

 

座って休憩できるスペースが増えました。

 

上の撮影ポイントから左を向いた構図。
イオンモール広島府中へのシャトルバスの発着場所が、手前のピンクのバス停の位置に変更になりました。

10月2日から変更されたようです。撮影日の10月1日までは、ペデの階段を降りた一般のバス停に停車していました。
北口広場を一から再配置して立派なロータリーができたにもかかわらず、いまいち集約しきれませんね…。

 

こちらは先程撮影のために渡ったペデストリアンデッキの、広場側階段。

 

歩行者やバスを待つ人と自転車の動線を分離するため、自転車道が車道側に整備されました。
そもそも空港リムジンバスをこんなところで待たなければならないのはあまり望ましいとは思いません。。

ただ、他の都市間高速バスは、建設中の大和ハウス工業「(仮称)広島二葉の里プロジェクト」に
整備されるターミナルに発着するようになるようですので、それまでは様子見です。

 

もう一つ、駅舎側でも変化が。

 

 

これまで仮囲いに覆われていた、1階コンコースの残りの部分が見えるようになっています。
おみやげと飲食が中心になる「ekie」2期エリアはこのガラス張りの増築部の中にオープンする計画です。

 

駅舎内の階段側から。

もうすぐここの仮囲いが開けて、広大なコンコースがあらわになりますね。

 

バスロータリーも細かい変化が色々。

大型サインの隣に、視覚障害者向けの触地図が設けられています。
バスを待つためのステンレス製のベンチも概ね全て設置されたようです。

 

ということで、広島駅北口の改良は無事に大きな節目を迎えることができました。
工事自体はほぼ4年がかりでした。

今回から広島駅北口(新幹線口)広場の再整備の状況を個別にレポートしていきます! 北口広場の再整備はペデストリアンデッキの建設の他、バス・タクシーとマイカーの混雑を緩和するために行わ

長かったですが、その間にペデストリアンデッキが建設され、広場の機能がごっそり東西で入れ替わり、駅ビルが増築されるなど、
大きな変化が凝縮された工事でした。

 

北口関連では、先程書いたように、1階コンコースの整備や増築した区画を含む駅舎東側一帯の商業施設(ekie2期)のオープンがまだ控えています。

北口広場再整備に係る「広島二葉の里地区新幹線口中央ペデストリアンデッキ設備その他工事等」とは別事業にはなりますが、
広島駅北口の変化として、これからも追いかけていきたいと思います。

 

 


この記事をシェアする

13 件のコメント

  1. 松江在住 返信

    都市間高速バスの発着、少し離れた大和の所になるんですか。実は松江から山口、福岡方面に行くのに、広島行きの高速バスと新幹線を利用する人が増えてるように感じます。特急やくもは岡山経由で大回りな上に乗り心地が最悪、山陰線経由の特急おきも乗り心地は悪くしかも日に3本。広島行きの高速バスは18本もあって乗り心地良く、大抵早く着くので時間も読めるし、新幹線口の目の前まで行くので乗り換えに非常に便利。でも、発着が大和の所になったら、高速バスと新幹線の乗り換えの利便性がかなり悪化しそうです・・・。

  2. ろん 返信

    新幹線口に第2バスターミナルを作るって構想があったのは流れたんでしょうか。
    それが、大和のビルに出来るんでしょうか?
    もしそうならば、ペデストリアンデッキを繋ぐのはもちろん、
    アルパーク~新井口駅にあるような動く歩道がないと、
    距離的にしんどいですね

  3. 広島在住 返信

    北口と同じく南口もそうですけど、あの堂々とした場所に駐車場は必要なんでしょうか?
    貴重なスペースなのにもったいない。
    駅にむかう人を降ろしたり、駅からやってきた人を乗せるために、一時的に数分間停車
    できるスペースをしっかり確保してくれたほうが、地元の人間は助かると思うのですが。

    • のーてんき

      広島駅南口にある自動車利用者乗降用道路を見てればわかりますが、
      道路とは別に乗り降りスペースを作ってしまうと、
      無料駐車場がわりに使う人がでてきてしまい、
      かえって動線がぐちゃぐちゃになって、あぶないですよ
      南口は車同士がぶつかりそうになってクラクション鳴らしているのを
      何度もみましたし、
      あの道路(通路)は、駐車禁止のパトロール&切符切りも随時行ってます

  4. スラサン 返信

    まぁ綺麗にはなったが改善はされてないって感じですね。以前と同じ。車列出来たら降車スペース待たずしてここでいいやで途中で降りて柵跨いでってことになるでしょうねwてか歩道がデカすぎでしょ。こんな広くするなら歩道をもう少し狭くしてその分車道に停車スペースつくって追い越しも出来るくらいにしたほうがよかったのでは。駐車場までは使いたくない一瞬でいいからって人がほとんどだろうに

  5. 流川次郎 返信

    たしかに降車待ちの行列が・・・。

    >福山駅や岡山駅のように立体利用はできなかったのかと。
    >あまり広くないこの広場内だけでは難しいでしょうから、東側シェラトンホテルの車>寄せの路地を丸ごと地下へのスロープにして、ホテルのエントランスの他、一体>的に市営駐車場として整備、出口は北口広場内へ接続するようにすれば地上も>もっと有効活用できたのになと。

    おっしゃるとおりですね。

  6. 社会系 返信

    広島駅北口において、ロータリー地下には、リニア新幹線の駅をつくる予定だと思います。
    地下1階が改札口で、地下2階がホームです。

    これを、地下で、バス発着場が予定される大和プロジェクトとつなげる。

    将来的には、
    南口におけるアストラムライン地下駅なども含めて、再開発第2弾が行われ、
    広島駅のメイン改札口は地下になり、今の中央口はサブ改札口になるでしょう。

    大型連休が始まった中国では、7億人が観光に出かけると言われており、
    さらに、世界中から日本に観光に来る人が急増していて、
    予想していなかった状況になっています。

    特に、観光客から人気の高い、東京から広島間においては、
    リニア新幹線開業が大幅に早まるかもしれません。

  7. メビメビ 返信

    北口はホントに綺麗になりましたね!

    しかしロータリーの活用方法に関しては、皆さんと同じようにやはりもっと改善してほしかったという思いがあります。

    北口の自家用車・バス・タクシーの各ロータリーの地下に駐車場を整備することはできないのでしょうか。京都駅に行ったことがありますが、駅前の地下は地下街として整備してありました。

    南口の地下道も幅は広いだけで店舗もなくもったいないと感じます。北口に地下街は需要が無さそうですから整備する必要性は無さそうですが、駐車場を整備できるならしても良いと思います。

    駅の屋上駐車場はぐるぐる回るスロープ道の幅が狭く使いたくないという声を聴きます。イケア予定地の駐車場の盛況ぶりを見ると、広島駅周辺には駐車場需要がかなりありそうですし、それが現状では不足してるように思います。

  8. 広島在住 返信

    乗り降りスペースの入口と出口にゲートを設置して、駐車券ならぬ停車券を発行してみては
    どうだろうか? 10分か15分以内は無料にして、それ以降は高額料金を徴収して。
    そうすれば長時間駐車する邪魔な車はいなくなると思う。
    場所にかぎりがあるので、わざわざ駐車場はつくる必要はないと思う。
    多くの人に駅を利用してもらうためには車の乗り降りがしやすい停車スペースが十分
    あったほうがいい。

  9. Ascen 返信

    送迎の乗り降りのスペースを設けると長時間停車する人が必ずいるので現在の構造になったのではないでしょうか。
    ただ、一部の方が指摘されているように、追い越しのための道幅がないことから、乗り降りに時間がかかる人がいれば、渋滞が生じてしまいますよね。
    最も現実的な解決策としては、3台ぐらい停車できるスペースを作って、長時間停止を防止するためにそこに監視カメラを設置して一定時間(5分か10分)以上の停車には違反切符を切るようにすれば、長時間停車しなくなると思うのですが。

  10. テリー 返信

    現地を確認していないが、鯉党さんの写真で判断すれば、従来の駐車場と何ら変わっていない感じです。
    この状態であれば、駐車場進入路から駐車場まで路肩に降車のため、車両の一時停止などで渋滞は避けられないですね。
    この現象は従来の駐車場でも発生していたが、今後、JR広島駅北口の開発が促進すれば、駅利用者が増加し渋滞の影響は周辺道路へ及ぶことは少なくないです。
    私は、地下駐車場の設置を望んでいましたが、夢物語になりました。

  11. yasu 返信

    今日(日曜日)10:30ころ利用しました。
    私の前の1台が停車して連れを下車させ、ドライバーが下車して荷物を下ろしているあいだ、少し待たされましたが、手を上げて会釈されたのはさわやかな気分にさせてもらいました。
    ところがどっこい、その先の身障者用スペースに何と2台が駐車。いっぺんに暗い気分になりました。
    やっぱりいましたね。以前のように常態化しなければよいのですが・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。