広島駅北口改良工事 2017.10(Vol.54) エントランス、コンコースなど開放へ準備

広島駅を南北を繋ぐ自由通路の整備に合わせ、北口では2013年から
新幹線ビルの増築、駅構内のリニューアル、周辺街区に接続するペデストリアンデッキの整備、ロータリー内の機能再配置を行う工事が行われてきました。

【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅北口広場

2017年10月1日、ついに北口ロータリー内の駐車場が開業し、機能再配置が完了を迎えました。
今後は、未共用になっているコンコースや店舗などの整備状況を更新していきます。

 

前回の様子はこちら。

広島駅を南北を繋ぐ自由通路の整備に合わせ、北口では2013年から 新幹線ビルの増築、駅構内のリニューアル、周辺街区に接続するペデストリアンデッキの整備、ロータリー内の機能再配置を
広島駅を南北を繋ぐ自由通路の整備に合わせ、北口では2013年から 新幹線ビルの増築、駅構内のリニューアル、周辺街区に接続するペデストリアンデッキの整備、ロータリー内の機能再配置を
スポンサードリンク

自由通路を北口方面に進んだ、新幹線改札付近から。

右奥が自由通路南口方向です。
画像左側、新幹線改札を出て真正面の突き当りの仮囲いが外れ、店舗部分の外観が見えるようになってきました!

ここは2018年春の開業を目指す「ekie」の第2期エリア(新幹線高架下部分)です。

 

近づきました。

自由通路の第1期部分とエントランスの形状はほとんど同じですが、あちらが本物の木材が使用されていたのに対し、こちらはラッピングシートのような素材でした。

それにしてもここは2年ほど前まで新幹線口のメインの階段があったところですよ。(画像
階段を撤去し床を造ってこのように店舗の一部に変貌しました。
信じられない変化です。

広島駅の北口では、建設中の自由通路に直結するペデストリアンデッキと新幹線ビルの増築、広場機能の再配置を行う工事が行われています。 【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータ

 

上の画像から振り返った、北口方向ペデストリアンデッキへの出口です。

これまで設置されていた仮設のシャッターの撤去が行われています!
ここは自由通路が”暫定的”に開通している現状、通行可能時間が列車運行時間内に限られるため、それ以外の時間は閉鎖しておく必要がありました。
全面開業後は24時間通行可能になります。
シャッターがあるためにこれまで間口が本来の2/3程度の広さだったのですが、撤去されることでかなり広く開放的な印象になります。
左側はオープンしたばかりの「広島駅総合案内所」です。

 

外側のペデストリアンデッキから。

 

作業途中の現在は、シャッターがある頃よりさらに狭くなっています。
上半分のシャッターは撤去されています。これだけでもかなりスッキリ下印象になりますね。

 

中央ペデストリアンデッキのエレベーター付近から見るエントランス。

間口が広がったことにより、自由通路内が少しよく見えるようになりました。

 

もう一度、エントランス部分を正面から。

二葉の里地区などを巡回していると日が暮れました。
巨大な円形の上屋に、「JR広島駅 南北自由通路」の光るゲート。メチャクチャ綺麗になりましたよね。
これが新しい広島の北の玄関口です。

現在カープの優勝記念特別ラッピングが施されている部分は、ekie第2期エリアとして来年3月に店舗がオープンします。
おみやげと飲食をメインに展開することが明らかにされています。

ちなみにこの記事のトップ画像は、同じ角度で日没前に撮影したものです。

 

続いて、北口側の新階段を降りたあたりの様子。

 

 

階段を降りた真正面がついに拓けました!
側面の仮囲いも無くなり、来春オープン予定のekie第2期エリアの入口があらわになっています。
記事の前半で紹介した2階と同じ配置です。

もはや忘れてしまいそうですが、かつてはこの撮影している場所に、横方向の階段がありました。
新階段に切り替わって間もないころは、階段を下りきったスペースが4~5m程度しか無く、窮屈感満載でした。
面影が全くなくなっています。

その頃の様子が分かる記事です。

広島駅の北口では、建設中の自由通路に直結するペデストリアンデッキと新幹線ビルの増築、広場機能の再配置を行う工事が行われています。 【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータ

 

最終的には現在閉まっているシャッターも開放され、一つの非常に広いコンコースになります。

 

このあたりの開放を前に、美装化された柱へのデジタルサイネージの取り付け準備が進んでいます。
これまではスペースだけ準備して、暫定的に紙だけの掲示板となっていました。
画像の1箇所だけではありません。一気に華やかになりそうですね。

 

駅舎外側のバスのりば付近から。

左側がこれまで閉鎖されていた区画です。2階と同じく、これだけでも非常にスッキリしますね。
全て開放されれば、これの端から端まで非常に広いコンコースになります。
修学旅行や団体旅行客が集合している光景をよく目にするので、広すぎるくらいの方がちょうどいいかもしれませんね。

 

改めて見ると、2年半前の15年3月に公開された完成イメージはかなり忠実でした。
1階も2階も本当にイメージ図通りです。

広島駅の北口では、建設中の自由通路に直結するペデストリアンデッキと新幹線ビルの増築、広場機能の再配置を行う工事が行われています。 【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータ

 


この記事をシェアする

6 件のコメント

  1. 赤いピカチュウ 返信

    学生です。
    自分の成長と共に広島の街が大きく変わっていく様に感動を覚えるばかりです。自分が大人になる時には…と想像してみるのもまた楽しく、少しでもいい景色でその姿を見たいと日々精進を重ねています!
    数年前から鯉党さんにお世話になってます。これからもお身体に気をつけて、広島の街の色んなこと教えて下さい!

  2. 社会系 返信

    大学では、
    自然を対象にする「自然系」、人間を対象にする「人文系」、社会を対象にする「社会系」があります。

    特に、「社会系」では、資本(カネ)を軸に、社会が動いていることを分析する能力が必要です。

    広島において、2012年以降に、広島駅再開発をはじめ、様々な開発が急に進められています。
    並行するように、サンフレッチェやJTサンダースの年間初優勝、カープの連覇が続いています。
    普通では、考えられないことが続いております。

    何が起こったのか。
    2012年3月に、莫大な影響力を行使していた住友信託銀行が大阪から消滅したことで、
    広島から大阪に資本(カネ)が流れることが止まったのです。

    様々な、勉強会、コメント、情報提供から、
    銀行(特に信託銀行)など金融システムは、詐欺システムということにたどり着いたのです。
    このことにみんなが気付けば、広島はもっと良くなります。

  3. タミー 返信

     いつも素敵な写真での情報提供、ありがとうございます。

     あと2週間でいよいよ南北自由通路の全面開業ですね。

     写真を拝見すると開業を待つばかりの状態で、この美しさが一気に広がると考えただけで期待に胸躍りワクワク感Maxです。

    「ekie」の第2期エリア、広テレ本社開業が来年春オープン、次回の記事にもある建設が始まった大和ハウスの複合ビル、更には土地取得して久しいIKEA、更には噂が絶えない駅正面のJR支社の建替えと北口のロータリー完成から一気に開発が加速する予感がします。

     南北が完全に一体化するので既に方向性が決定している路面電車の高架乗り入れ、それに伴う駅ビル(アッセ)建替えも北口の再開発から一連の連続した開発となり、これまた噂が絶えない東郵便局の建替え、フタバ図書が入居しているイズミ駅前店跡のビル建て替えなども現実味を帯びてくる予感がします。

     南口のAブロックに始まりBブロック、Cブロックまでに随分時間が掛かりましたが、そう考えると広島駅周辺の再開発事業もやっと中盤に差し掛かった段階の様に思え、この好景気が持続出来れば、より政令指定都市の中央駅周辺に相応しい街に大変身しそうで、今後の鯉党αさんの取材・レポートが更に楽しみになってきます。

    期待しています。宜しくお願い致します。

  4. 安芸の鯉人 返信

    広島駅ビルの情報が出てこないですね、素人が予想すると京都駅の
    様な巨大なビルは想定しにくいし、大阪駅をもう少しモダンな形に
    した様な感じになりますかね。鯉党さんは度々広島駅に行かれていて
    熟知しておられる。横浜駅、福岡駅、仙台駅、その他どういった駅
    が浮かびますか?

  5. yasu 返信

    北口自由通路エントランスの左半分を大きく独占してしまっているカープ連覇の画像。
    今日もスマートホン撮影しているビジネンマンを目撃。
    もうすぐお目にかかれなくなるのでしょうね。
    JRの所有物なのでしょうが、どう処理するのか気になります。まさか廃棄はないと思うのですが・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。