広島高速5号線建設工事<広島駅北口> 2017.10 シールドトンネル発進現場へ!

広島高速5号線は、高速1号と2号が接続する東区温品の「温品ジャンクション」から、広島駅北口の二葉の里地区を結ぶ約4.0kmの都市高速道路です。
この内、1.8kmがトンネル区間となっており、
ジャンクション側(中山地区)から0.4kmは山岳トンネルでは一般的な「NATM工法」が用いられますが、
広島駅側から1.8kmはトンネル直上への住宅の地盤沈下防止のため、都市部などで採用される「シールド工法」が用いられます。

【広島高速道路公社】:広島高速5号線及び関連道路路線図

 

今回、広島駅の南北自由通路全面開業に合わせて同じ日に企画された、
シールドトンネルの現場見学会に参加させていただきました!

その様子を中心に紹介させていただきます。

 

前回の状況です。

広島高速5号線(東部線)は高架橋とトンネルで構成される約4kmと都市高速道路です。 広島高速1号線の終点となる「温品JCT」と広島駅北口を結びます。 トンネル部は地盤沈下の原因
スポンサードリンク

概要はこちら。

【日刊建設工業新聞】:広島高速道路公社ら/5号線トンネル区間着工へ/11月にも設計・施工一括発注

【建設通信新聞】:185億余の大林JV/広島高速/高速5号線シールドT(以下転載)

 広島高速道路公社は26日、入札の行方が注目されていた高速5号線シールドトンネル工事の一般競争入札(総合評価方式)の結果を発表した。入札結果は、185億1851万円(税別)で大林組・大成建設・広成建設JVに決まった。技術交渉による提案改善、設計数量や単価表などの見積提出を経て算出された予定価格は185億1851万1000円だった。同工事は設計・施工一括発注方式(DB)を採用しており、トンネル本体着工に向け、実施設計、シールドマシンの製作に入る。
23日の開札で入札が成立したことを明らかにしていたが、総合評価の手続きを終えたことから公表した。提案などの審議は、広島高速5号線トンネル技術検討委員会(委員長・小山幸則立命館大総合科学技術研究機構客員教授)が担った。
同工事は、当初工事と契約予定工事の一括競争入札により落札者を決定する枠組型一括入札方式の試行工事でもある。概要は、当初工事がシールドマシン製作ほか工事・実施設計長さ1407m、シールドマシン製作一式、仮設工(施工ヤード造成、発進準備工)一式、契約予定工事がシールドトンネル掘削ほか工事・長さ1407m、トンネル本体工1407m、坑内埋戻工1407m、坑門工1カ所(開削部)、仮設工(シールド到達工、シールドマシン撤去工)一式。工期は当初工事が18年3月31日まで、契約予定工事が契約締結の日から31カ月となっている。工事場所は広島市東区牛田東3ほか。
広島高速5号線は、JR広島駅北口の広島市東区二葉の里から温品町の高速1号線に接続する長さ4㎞で計画している。このうち、トンネル区間はJR広島駅北口の二葉の里坑口から中山坑口までの長さ1.8㎞で計画され、二葉の里坑口からの1.4㎞がシールド区間、残りの0.4㎞がNATM区間となる。NATM区間は別途発注する。
シールド工事の実施にあたっては、一部住民から地盤沈下が懸念されており、地表面の管理値を予測値として最大沈下量2.7mmに設定。予測値の50%に当たる1.3mmの沈下量を計測した場合、その後の計測頻度を1週間から毎日とし、現場点検などの監視も強化する。さらに、予測値の90%に当たる2.4mmの沈下の場合は掘削を一時中止し、緊急的な家屋調査の実施、専門家による沈下要因分析、対策案の検討を迅速に実施するなど万全を期す。

(ここまで)

 

広島駅北口ランプが接続する駅西高架橋北詰交差点から。

左手の建物がイズミの本社ビルです。
傾斜路のランプの先に、トンネルの抗口になる円が見え始めているのがお分かりいただけるでしょうか。

 

少し角度を変えて。

橋梁を渡り終えて右にカーブを描きながらトンネルに入っていく様子がイメージできるかと思います。

 

現場見学会に到着すると、まず事務所で高速道路5号線の整備全般に関する内容と、
シールドトンネルに関する知識などを丁寧に説明いただきました。
実際にシールドマシンに使用されるカッターの実物なども触らせていただきました。

 

 

 

そしていよいよ、山の斜面につくられた足場を登り、トンネル掘削工事の発進現場へ。

(以下の画像は、許可を得て撮影させていただいています。ウェブ上で公開することについても了承をいただきました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・

 

これは凄い…

シールドマシンが掘削を開始するガイドとなる鉄骨が姿を表し、トンネルの断面がハッキリと読み取れるようになっています。
一応完成4車線の暫定2車線で整備されるため、向かって左側に上り線が整備される用地も残されます。

 

トンネルの正面まで案内していただきました。

写真では伝えきれませんが、目の前にするとメチャクチャ大きいです。
掘削する断面は直径約13mあるとのこと。
この付近の地盤は安定しているので、ソイルセメント壁の親杭(縦の鉄骨)が途中まで撤去されています。
来年になりますが、ここに同じ大きさのシールドマシンが構築され、このソイルセメント壁もろとも圧力をかけながら掘り進める事になります。

 

抗口の脇には、シールドマシンに安定液を供給するプラントが建設されています。

掘削が始まる頃には更に増えるそうです。

泥土圧で地中の安定を図り、地下水位の低下を抑制する(地盤沈下を抑える)シールド工法にとって、
掘削した土砂の処理・再利用を行うプラントは欠かせません。

 

 

以上、貴重な経験をさせていただきました。
地盤沈下への対策は万全を尽くされているのはもちろんのこと、地域の方々への広報、情報公開についても
今回のような機会を設けたり、現場ステーションを設けるなどしてかなり気を使われているようでした。
何事もなく安全・確実に工事を完遂されることを願いたいです。

 

2018年3月末まで、シールドマシンの建設と、発進現場の準備工事などが行われます。
トンネルの掘削は2016年5月の契約締結から31ヶ月ということなので、
開通は2019年度前半になることが予想されます。(公式発表ではありません)

 

最後に、現場から見る広島駅近辺。
数年で高層ビルが密集する街並みになりました。
業務、商業、高層住宅、ホテルなどが集積する新しい都心格、広島駅周辺。
改めて山陽道と広島駅を結ぶ高速5号線の重要性を再認識しました。

 

28 comments

  1. むーばす

    お写真を拝見すると正に真ん中に建つ茶色いマンションの真下を
    シールドが進む感じなのですね。位置関係がよくわかりました。

    トンネル工事は現場にプラントを工作して、セメントなどをその
    都度作りながら掘り進んでいくだけに、沢山の周辺準備が
    欠かせません。せめてトンネルだけでも2本共に掘ると二度手間に
    ならないのですが、予算が限られているので無理なのでしょう。

    対面通行のトンネルは正面衝突の危険性が高いので、安全対策
    はしっかりとお願いをして欲しいと思います。
    シールド工法は掘り始めたら早いので、開通が待ち遠しいですね。

    • 通りすがり

      >お写真を拝見すると正に真ん中に建つ茶色いマンションの真下を
      >シールドが進む感じなのですね。位置関係がよくわかりました。
      茶色・・・というか、白いマンションに蔦か何かが大量にからまって人が住んでいない廃墟のように見えますが、この建物はなぜ取り壊さないんでしょうかね?写真を見る限りまさに真下を掘り進むように見えますが。立ち退きに同意していないから強制撤去されられる予定とか?
      気になりました。

  2. what a bloke

    いよいよ形になってきましたね。
    ところでこの5号線は、駅北で終点なのでしょうか?出来れば都心方向に繋がり、4号とも繋がると良いように思いますし、そのような話をかつて聞いたようにも思います。

    あと、暫定2車線ですと、最初のトンネルは不必要に大きくなり、不経済ですね。完成2車線なら仕方ないですが。

    何がともあれ、駅から空港へのアクセスは格段に良くなりますね。

  3. のーてんき

    最初は、こんなガチガチな岩盤で
    シールド工法で掘り進んでいくの?とは思いましたが、
    広島高速1号線の時や福岡市営地下鉄七隈線の時のトラブルを考えたら、
    結果としては工期短縮&工費縮減になるのかもしれませんね
    とにかく、無事故で安全に工事が進むことを祈るだけです。

    what a blokeさん
    広島高速5号は、
    広島高速4号さらには広島高速3号に繋げる計画だけは残ってます。
    ただし、実現化は限りなく低いでしょう。
    広島高速4号と山陽自動車道を繋ぐほうが、
    現実的だと思います。

  4. 社会系

    広島空港~広島駅を結ぶ都市高速道路なので重要です。
    広島駅地区に、都市高速道路ICが完成することが確実になって、良かったです。

  5. snoop

    10/25に新幹線を利用したのですが、上りホームから写真の通りのまん丸の赤い坑口がよく見通せました。現在は見学会が終わったので防護シートやマシンなどが邪魔してよく見えなくなっているかもですが。

  6. スラサン

    空港までっていってもたかが数分の短縮だからなぁ。空港の最終便延ばしたり的外れなことやってるが誰もが望んでんのは移転。正直空港が市街地から近いか遠いかって街の賑わい、発展にはかなり重要な要素なのにな。ほんま亀は余計なことしたよ。自民が関わってるから再移転の話もしにくいから無理だしな。でもまぁ再移転っていっても場所もないか

    • パイナップル

      とはいっても広島市だけが広島県じゃ無いからな
      建設当時の人口バランスならおかしい位置ではない
      空港を利用しようが問答無用で有料な駐車場をどうにかするべきだとは思うが

  7. まのん

    30分ぐらいで行ける空港直結電車が欲しい!

  8. 社会系

    街の発展に関して、広島と他都市を結ぶ交通は、
    鹿児島~東京は新幹線で十分であると思われる。
    日本は西高東低であることから、これでかなり都市をカバーできる。

    広島空港は、東京に次いで国内2番目であるアジア大会が開催されるのに合わせて、
    観音から本郷に移転した。

    観音に、国内線空港を残したのであり、
    本郷は、国際線空港という位置付けであればよかったと思います。

    本郷に羽田便がなければ、
    JR山陽本線で、白市~広島国際空港~本郷が複線で開通して、
    宮島口~広島~広島国際空港~尾道~福山が特急で結ばれたと思います。

    岩国空港が復活すれば、羽田便を全てそこに移すことも考えられます。
    ただ、こちらを国際線空港として使いたいとも思います。

  9. 広島駅北口近くの住人

    高速5号トンネル掘削予定ルートの真上に住んでます。
    地盤沈下で住まいが傾かないことを祈るばかりです。

  10. タミー

    >実際にシールドマシンに使用されるカッターの実物なども触らせていただきました。

    それは凄い!地図や建設現場を一日中見ていても飽きないタイプなので羨ましいかぎりです。

    広島都市圏の最大の課題の空港とのアクセスの問題がこれで少し前進しますね。

     従来、私自身は空港とのアクセスはJRとの競合を出来るだけ避けたルートで第三セクターによる専用鉄道を市内中心部と空港間に敷設すべきだと考えていましたが、現空港が抱える霧の問題が表面化した頃から、そこまで投資をするなら百年の計を以ってし、どなたが言われたのか忘れましたが、似島沖に洋上空港を建設し、アストラムラインを南進させる方が有効かもなどと考え始めました。
     もちろん、社会系氏の仰る岩国基地返還が実現すればどうするかの問題も大きいですね。国防という国家の最大の課題の一つであり、それでなくても広島市民は沖縄県民までとはいかないまでも、この問題で他地域よりもはるかに多くの経済的・精神的負担を求められる(広島の行政自らも市民に押し付ける)傾向にあり、「嫌なことは一部の地域に押し付ける体質」自体を改める必要性を強く感じます。

     来春、前回のミシュラン広島編の続編として広島・愛媛しまなみ編が発売されるなど、近年急増してきた地場企業の海外進出に加えて、来広される外国人が更に周辺地域にまで訪問が及びつつあり、国際交流が益々盛んになっており、現行空港の位置もその面では悪くなく問題を更に複雑化しそうな様相です。

     これだけ国際交流が盛んな地域で現状の空港では勿体ない気がして仕方がありません。現実的な対策として、つい最近開業した広島空港⇔西条駅リムジンバス、この広島高速4号線⇔広島高速1号線⇔山陽自動車道の迂回ルートとして東広島バイパス⇔安芸バイパス⇔西条バイパスの接続などアクセスの改善策を迅速に進めて頂きたいですね。

  11. NOVA

    高速5号で広島駅から空港まで30分代で行けることになりますね。(観音時代と変わらない時間で!)
    広島駅から快速で西条駅~リムジンという選択肢も増え、益々広島空港が便利になります!

  12. タミー

    前回のコメントで訂正

    高速4号→5号です。

    失礼致しました。

  13. NOVA

    飛行機、新幹線の仁義なき戦いなどと言われてるけど、東京から関西以西は、飛行機が断然楽!
    空港までの定時性が確保されれば、飛行機シフトが増えるでしょう!

  14. 社会系

    本郷に羽田便がある限りは、
    JRは絶対に白市~広島空港アクセス鉄道を建設しないことは、共通理解です。
    羽田便をどうするかを考える必要があります。

    現在、羽田便5往復が限界であるとしても、部分的復活している岩国空港に、
    広島空港が持つ羽田便全てを移転する方が、早く実現して、現実的だと思います。

  15. あつみ

    岩国基地は本土唯一の海兵隊基地であり、最近は沖縄から部隊が移転することもあって極東最大規模の米軍基地になりつつあります。このことを考慮すると岩国基地が返還されることは現状難しいでしょう。また、岩国基地が米軍基地のままでは民間の管制や滑走路などの管理が米軍に握られた現状も変わることはないでしょうから、事故がおきたときの責任の所在がはっきりしそうになくて移転には若干不安が残ると思います。

    白市駅から広島空港へは距離が離れていますし、標高300mをこえる広島空港にアクセス鉄道を設けるのは、資金面・技術面を考えて難航することが目に見えてわかるわけですから、今ある輸送ルートをより強化することが1番低コストでしょうし、確実に実現できると思います。

    お金があったときにアクセス鉄道や、広島港沿岸に洋上空港を建設できなかったことを憂うしかないでしょうね。

  16. 社会系

    当然のことながら、広島空港が持つ羽田便を岩国空港に移転させるのは、
    米軍が撤退して、岩国空港が、部分復活ではなく、完全復活した後です。
    今回行われた日米首脳会談で、アメリカは、撤退意向を申し入れたとみられます。

    広島空港アクセス鉄道に関して、
    JRは、公式に、新幹線との競合を理由に断っていますので、
    資金面・技術面は問題なく、羽田便の問題が解消されることが重要です。

    本郷は、瀬戸内国際空港(空港コードはSTU)などにする構想があるとも考えられます。
    滑走路を3000mに延長するなど、北米・欧州直行便を可能にしています。

    JRが空港~本郷でも鉄道を建設することで、空港~倉敷~岡山を特急や快速で結ぶ。
    日本において、他でも、国際線空港~政令指定都市の距離100kmを特急で結んでおり、
    これで、就航都市が増加すれば、広島だけでなく、岡山にとっても悪い話ではない。

    高速道路で、松江圏や、松山圏とも結ばれると、
    さらに需要が増加することで、ある程度の就航都市を確保できるのではないだろうか。

  17. あつみ

    ブログ内容とはずれる議論になりつつあるので最終投稿にします。

    半世紀~1世紀単位で考えれば米国側が岩国から撤収する余地はあるでしょうが、より短いスパンでは現実的でないと考えます。沖縄から米軍が規模を縮小しても、極東の軍事情勢、プレゼンスの確保の観点から見れば日本から離れることは考えづらいです。となれば、日本のどこかの都道府県で必ずしわよせがくることになります。沖縄に展開している米軍の多くが海兵隊である以上、沖縄以外で大規模な海兵隊基地がある岩国に米軍が集結することは確実です。
    実際、オスプレイの配備やF-35B型の配備は岩国が先行して行われました。岩国基地の再整備も進行しており、強襲揚陸艦を接岸可能にする工事や、滑走路を沿岸に造り騒音の問題などに配慮するなど、早期撤収を感じさせないような動きを見せています。しかもこの動きをトランプ政権下ではなく、オバマ政権化ですでに進行していたわけですから、民主・共和両党でも岩国基地の重要性は認識していた考えます。

    たしかに羽田便があるのとないとでは、JRから考えた脅威度は大きく違うと思いますが、羽田便は無くなれば広島空港の国内線乗降客約250万の多くは広島空港を利用しなくなるのではないでしょうか。広島空港から羽田への国際線乗り継ぎができるのも、広島空港の魅力のひとつになっているでしょう。
    利用客が減り採算性(資金)の確保が見込められないなら、黒字とはいえ貧乏路線を多く抱えるJR西が新規路線建設に関して首を縦に振らないでしょう。これは三セクで運営しようとしても同じ問題に直面すると思います。
    せめて、白市ー広島空港ー本郷間にたくさん人が住んでいれば、空港アクセス目的以外の利用客が見込めて、売り上げに貢献できるでしょうが、該当地域は人家がまともにない秘境です。西高屋はおろか白市以上に人が住まない入野などの一帯に線路を通すことは、新たな赤字路線を増やすことに繋がるおそれがあります。

    魅力的な話ではあると思いますが、実現への道筋は暗いように感じます。

  18. 広島県出身の関西人

    広島空港の国際化が進めば岡山の人も利用する、などというのは笑止千万。
    岡山には岡山空港という広島空港と同格の空港があるのだから
    岡山の人はその国際化の促進を図るのが当然。広島空港など必要ない。
    牽強付会もはなはだしい。

  19. ロキシー

    広島空港から羽田便をなくして、
    広島空港が存続できるのですか?

  20. 社会系

    ブログ内容の主テーマは、「高速5号線シールドトンネル工事」についてであるが、
    「山陽道と広島駅を結ぶ高速5号線」ということも提供されており、
    コメント欄では、その1例として、広島空港利用を挙げることはできると思います。

    米軍が撤退するかどうかについては、近々明らかになることであり、
    どちらの分析が正しいか、分かる日が来る。

    特に欧州をはじめ、海外の人々から、
    宮島、平和公園、倉敷美観地区、後楽園などの評価が非常に高く、観光客が急増している。
    白市~空港~本郷は、山陽本線移設でもいいのではないだろうか。

    岩国空港が使えるようになれば、
    JALとANAは、必ず、羽田便を、本郷から岩国空港に移す。

    そうなれば、今回、ご提供された、高速5号線の価値を保つには、
    本郷は、国際線空港にすることが望ましいという意見でもあります。

  21. 鯉党α Post author

    皆様、ありがとうございます。
    多忙で返信ができず、またコメントの内容が拡大しつつあるので、このあたりでお開きにしておきましょう。
    とにかくトンネル建設現場は凄い迫力でした。

Comments are closed.