あけましておめでとうございます!2017年の広島

2017年が始まりました。

あけましておめでとうございます。

ご挨拶が遅くなりました。
旧年中も多数の方々にご覧いただきたくさんのコメントもいただき、誠にありがとうございました。
今年も継続して広島の街づくりを追いかけてゆきますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

さて、昨年は広島カープ25年ぶりの優勝に、オバマ大統領の来訪、
再開発では30有余年の悲願であった広島駅南口Bブロック及びCブロック再開発の完了、広島駅北口ペデストリアンデッキを始めとするの大変貌、全く新しい風を吹かせたシンスポット「広島おりづるタワー」の開業などなど、
記録にも記憶にも残る「広島イヤー」となりました。

 

2017年の今年は、広島にどのような変化が起こるのでしょうか。

一番のトピックはやはりJR広島駅です。

2017年度の開業を予定し、南口と北口を繋ぐ歩行者の自由通路の整備が着々と進行しています。
当初のプレスリリースでは工期は2017年8月末までという記載があるので、早ければ今年中に商業施設を除く自由通路のみ、供用開始となる可能性があります。
(進捗具合によっては2018年3月まで)
いずれにしろ、自由通路の開通に向けて駅の南北、そしてマツダ車を展示していた改札スペースに大きな変化が現れることは間違いありませんから、それらを見届けるのは非常に楽しみです。

自由通路の開通後、改良工事は広島電鉄の広島駅高架乗り入れを含む、駅ビルの建て替えへと移行します。
となると建て替え計画の詳細などは今年発表される可能性もなきにしもあらず!
不動産投資を進める日本郵政による、広島東郵便局の再開発はあるのかどうか、色々注目したいです。

 

JR関連では、今年3月4日に迎えるダイヤ改正により、
いよいよ可部線の電化延伸が行われます。
一度廃止された区間が復活するのはJRでは初めてのこと。
可部駅から先へ、中間駅の「河戸帆待川駅」を経て終点の「あき亀山駅」に至る約1.6kmが開業します。
開業に向けて既に12月から試運転が行われているようです。今月現地の様子を見に行ってみたいと思っています。

また、同じダイヤ改正により、東広島市の西条~八本松駅間に、新駅「寺家(じけ)駅」が開業します。
周辺には元から住宅地が点在していたうえ、駅周辺は区画整理によってまとまった住宅地も新たに整備され始めています。
広島大学へのアクセスにも新たな選択肢となり、様々な影響を与えそうです。

 

2017年春、広島に注目度が高い2つのスポットが誕生します。

一つは「広島T-SITE」を一つの核とする大型商業施設「LECT(レクト)」
商工センターの海島博跡地に、地場流通大手のイズミが建設を進めています。

もう一つはJR広島駅南口Cブロック再開発で誕生した
「EKI CITY HIROSHIMA(エキシティ広島)」にオープンする「エディオン蔦屋家電」
どちらもカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が展開するライフスタイル提案型の特別な店舗です。

 

広島駅の再開発の勢いが凄まじい中、紙屋町・八丁堀地区(カミハチ)でもじわりじわりと、
民間によるスクラップアンドビルドが進みだしています。
白島通りなどで複数のホテルやオフィスビルが建設中で、これらが目に見える形で進捗する一年になりそうです。

また、広大跡地では「hitoto広島」の施設の一つである地上54階の分譲マンションが着工、
紙屋町の商業施設サンモールを中心とした再開発プロジェクトも、地上50階程度の住宅、商業、業務、ホテル複合再開発ビル建設に向けて地権者との交渉に動き出します。

広島駅南口の再開発が一段落したので、しっかり足を運んで変化を届けていきたいと思います。

 

そして、市にとっての課題である、旧広島市民球場跡地、旧広島西飛行場跡地
昨年は全くと言っていいほど記事にすることができませんでした。
今年は状況を正確に把握しながらサボらないように努めていきたいと思っています。

 

改めまして、今年一年もまた、よろしくお願いいたします。


この記事をシェアする

12 件のコメント

  1. みつ 返信

    初めまして。影ながらいつも読ませて頂いておりました。今は違う県に住んでいますが、就活で地元広島への就職を目指している者です。本年もブログを参考にさせて頂きつつ、広島の様子を知っていきたいです。
    2016年は大変多くの出来事が目白押しでしたが、2017年はどうなるんでしょう!
    今年も更新楽しみにしております。

  2. ヒロさん 返信

     あけましておめでとうございます。旧年中は色々とお世話になりました。最近はコメントはしませんが、記事を読ませて頂いています。広島の街づくりだと従来の広島駅周辺・広大跡地に加え、紙屋町及び中央公園、西飛行場跡地や比治山公園等が動き出しそうですね。広島の街づくりトップブロガーとしての活躍を期待しています。

  3. とにかくぶるまが大好き 返信

    今年は広島駅に注目ですね。自由通路歩くのが楽しみだ年末に帰省するのが楽しみ

  4. すうめたる 返信

    広島は基本的にはマツダを中心にした製造業が世界からお金を集めて一部を住民に配分していますが
    イズミやエディオンといった地場かつ広域展開している企業が頑張ってるおかげで
    外資や中央の企業にお金を吸い取られないという点で比較的良いバランスを保ってると思います

  5. 安芸の鯉人 返信

    明るい雰囲気の中で新年を迎えました。鯉党さん知恵を使えば
    まだまだありますよ、町の後背地に山々が連なっていますが、
    北海道の函館山の様な展望台を造れば広島市内を一望出来るし
    遠くに瀬戸の島々も見られる。広島湾の沿岸を神戸の様な港町に
    変えていけば、買い物や船旅が楽しめる。町全体がテーマパーク化
    したといえる。広島新時代は始まったばかりです!!

  6. 江藤智 返信

    あけましておめでとうございます。いつも楽しみにブログを拝見しております。

    中電前のレイノイン跡地に、JR西日本開発が14階建のホテルを建設するようです。これまで広島はマンションラッシュでしたが、これからはホテルラッシュが起こるでしょうね。
    今年はスタートラム広島、カンデオホテルズ広島八丁堀の竣工も予定されており、広島のさらなる発展が楽しみです。

  7. blk 返信

    明けましておめでとう御座います。
    今年もよろしくお願いします。
    今年は広島駅橋上化自由通路供用開始、EKI City Hiroshima完成、可部線延伸と楽しみですね。
    広島駅橋上化は建物自体は屋根まですっかり出来上がってますね。
    今年こそ、サッカースタジアムに進展があって欲しいですね。

  8. TOM 返信

    明けましておめでとうございます!
    2017年は広島駅からスタートして、スタートラムなどなど本当に楽しみな再開発が目白押しですね。
    上にもあるようにホテルも続々と出来るようですし。
    できたら有名どころ(ヒルトンなど)の外資系やオークラ、オータニなどきたら、広島のホテルライフもさらに上質になるんですが…。
    再開発もそうですが、2017年に切に願うのはカープの日本一です!
    今年も、広島が盛り上がることを願ってます!

  9. むーばす 返信

    鯉党さん、明けましておめでとうございます。
    今年もブログ更新を四国の地から楽しみ致して
    おります。つい我々のような読者からの拙速な
    リクエストが元で、鯉党さんを追い詰めていない
    か心苦しいのですが、どうか無理をせずに
    マイペースで取材やその後の記事化をしていって
    くださいね。

    また折に触れ記事内では高松の商店街の話題も
    取り上げていただき重ねて感謝致します。
    昨年末には広島本通りに続いて、ここ丸亀町商店街にも
    「ガスト」がオープン。「サンマルクカフェ」も
    FCから直営化して自社ビルを建設中など、通行量が
    増えているからこその出来事かと嬉しくなります。
    そして今年から商店街の中程で新たな再開発案件が始まり、
    市場や福祉施設、マンションなどを地元のあなぶき興産が
    中心になって作るそうです。

    またJR四国やドーミーインが相次いで宿泊特化型の
    ホテルを建設することが決まるなど、外国人観光客増
    の影響が広島の余波でここにも現れてきております。
    どうぞ今年も良い年でありますように、よろしくお願いします。

  10. bob 返信

    あけましておめでとうございます。
    前回パレードの時は時間の都合でゆっくり駅前を見て回ることが出来ませんでしたが、今回は鯉党さんのレポートにあった所をじっくり見て回りました。
    本当にここ数年で駅前は見違える様になりましたね。まだ駅ナカやJR西支社、郵便局など再開発は道半ばなのでこれからにも期待です。
    今後とも見応えのあるブログ楽しみにしています。このブログで見た所に帰省した時に行くのが日課になっています。

  11. 安芸の鯉人 返信

    広島市内にある黄金山はテレビ塔があって現在は実用的な
    使われ方しかしていない。これに遊び心を入れて、例えば
    東京タワーや大阪の通天閣の様な展望台付に建て替えれば
    観光ポイントに変える事も可能です。従来の発想の延長線上では
    なく見方を修正する事が重要です。それと、最も強調したいのは
    広島市や県がお金を出すのではなく、民間の投資を呼び込む事。
    その為には美味しいエサを用意しないと食いついてくれません
    広島の新時代は今始まったばかりです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。