広島駅新幹線コンコース リニューアル工事 2018.01(vol.3) 新しい待合室、19日から

南北自由通路が完成した広島駅では、これまでほぼ手付かずだった新幹線コンコースをリニューアルする工事が始まりました。

2019年度末の完了を目指し、
・天井や柱などをリニューアルし在来線部分とデザインを統一
・新幹線改札内の全館空調化
・待合室を3箇所に分け席数を1.5倍に増加

これらを実施することで、のぞみ停車駅にふさわしいグレード確立を図ります。

【JR西日本】:ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。広島駅新幹線柵内コンコースのリニューアルについて(PDF形式311キロバイト)


イメージ(上記JR西日本資料より)

前回の状況です。

南北自由通路が完成した広島駅では、これまでほぼ手付かずだった新幹線コンコースをリニューアルする工事が始まりました。 2019年度末の完了を目指し、 ・天井や柱などをリニュー
スポンサードリンク

今回は在来線内の乗換コンコース(新跨線橋)側から。

新幹線との乗り換え口です。
左側の新しい新幹線待合室は、フェンスが完全に無くなり全て見えるようになりました。
忘れかけていますが、自由通路が開業するまでここには暫定的に新幹線のきっぷうりばが設けられていました。

2012年10月から行われている広島橋上駅新築他工事(広島駅改良工事)は、「第1期」となる新しい跨線橋の供用が11月2日始まりました。 これまでの跨線橋の西約50mに建設された長

 

 

同じ場所を新幹線コンコース内から撮影。

囲いが全て撤去され、かなりにスッキリしましたね。
改札上部の広報用液晶モニターが1枚増えて、どちら側からでも見えるようになりました。

 

コンコースを少し奥に進み、在来線乗り換え口付近を振り返ります。

ここが待合室の入口です。
リニューアル前とリニューアル後の境界が見事にくっきりと表れています。
こうしてみると、天井の高さはほとんど変わらないようですね。改札外のコンコースは若干低くなったような印象を受けましたが。

そして以前に比べセットバックしているので、この付近は少し広く、待合室を認識しやすくなりました。

 

かすかに見えた室内は…

どうやら、液晶モニターで発車標を再現しているようです。これは見やすいですね。
現在運用しているような、LED発車標をカメラで中継するアナログな方法ではなくて安心しました(笑)
右手にはテレビもあるようです。

 

この待合室、張り紙によると1月19日(金)から利用できるようになるそうです!

早くも本設の待合室の一つが供用開始となりますね。
リニューアル工事によりこれまで1箇所だった待合室は、3箇所に分散され席数は全体で1.5倍になることが明らかにされています。

ひとまずこの待合室を稼働させることで、現在メインとして使われているドトール前の待合スペースを休止してリニューアルに入る可能性もありますね。


平面図
(JR西日本資料より)

 

コンコース内の状況も。

 

工事範囲や足場の下から見上げる様子は、前回から大きく変化は見られませんでした。

 

広島駅新幹線コンコースのリニューアルは、2019年度末の完了予定です。

 

4 comments

  1. シマ Reply

    新幹線乗り場も綺麗になってきましたね~
    楽しみです。
    ホームも美装化してほしいです。

    ところで、今年は広島周辺の在来線ダイヤって大きな変化ないですかね?
    来年?227に統一されたら、少しスピードアップしないかなと期待してます。
    なにしろ現行は、半世紀以上前の性能に合わせたスジですから。

  2. 名無しさんが接続しました Reply

    あの辺、橋が通ってレクト、アルパークまでのアクセスが良くなってます。土地は中区最安値なので丘陵団地を買うよりは狙い目かも知れません…

  3. はまっこ Reply

    話題は逸れますが、NHKの前の東亜地所跡のホテル計画は、どこのホテルでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。