10年目を迎えるマツダスタジアム 2018.02 今年も改修で新座席登場!

2009年に完成した新しい「広島市民球場」は、ご存知の通り「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(マツダスタジアム)」という愛称が付けられた広島東洋カープの本拠地です。
今年で10年目のシーズンを迎えますが、開業以来毎年のように座席改修を行っており、ファンを飽きさせない新席種を提供し続けています。

2月1日、カープ球団より今年の新しい座席2種・3箇所の概要が明らかにされました。

【広島東洋カープ公式サイト】:2018年 新パーティー席登場のお知らせ!

【広島経済新聞】:広島・マツダスタジアムに「パーティー席」 団体客向けに新座席

改修の状況を見に、久々にスタジアムに足を伸ばしてきましたので紹介します。

 

(「鯉党α」が熱心に街づくりを追いかけだしたのも10年前ですか…^^;)

スポンサードリンク

 

休日の開放日は、こうしてコンコースの全周または一部を歩くことができます。
日程はこちらでご確認ください。

【Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島】:球場の見学について(コンコース一般開放)

現在は冬季ですので、天然芝はシートで覆われ養生されています。
それであっても、昨年入れ替えられた赤土(アンツーカー)が鮮やかで美しいです。

 

今年初登場する席のひとつ、「アウトドアデッキ」は、2階スタンド両端の1塁側と3塁側にそれぞれ設けられます。


「アウトドアデッキ」イメージ
(カープ公式サイトより)

 

 

 

ガラス張りになる上屋が確認できますね。
微妙にダイヤモンドが見切れる死角になるエリアということもあり、これまでは通路の一部だった場所を活用します。

 

レフトコンコースから。

 

パーティーフロアとはまた違った開放的な雰囲気がありそうですね。

 

1塁側でも同じように改修が行われています。

 

改修中ということで、コンコースを歩ける範囲にかなり制限があったのでこの場所からの写真になります。
「1塁側アウトドアデッキ」は昨年まで子どもが楽しめる「ふわふわカープ坊や」があった場所ですね。

こちら側からみて、1塁側「アウトドアデッキ」の左隣の「カバ広場」の頭上のデッキ部分では、
もう一つの新座席「オブジェデッキ」が整備されています。


「オブジェデッキ」イメージ(カープ公式サイトより)

広々としたウッドデッキや芝生エリアで寝転んで観戦したり、ここでしか味わえないオランダ風パンケーキや魚介類のフリットなどを提供します。
球団はいずれも「インスタ映え」を狙い、席のデザインやフードを開発したそうです。さすが流行には敏感!(笑)

なお、この「オブジェデッキ」のエリアはスタンドの端の奥まった場所に設けられており死角が多いため、
モニターを設置して対応するとのことです。

 

マツダスタジアムは、市職員や球団職員が何度も本場アメリカの球場に視察に赴き、野球の本場MLBの設計思想を取り入れたボールパークです。
今回のエリアのように「意外と死角が多い」とよく言われることがありますが、
これはダイアモンド上の緊張感あるプレーを最大限見やすくするためにつくられた結果です。

いわばそうした配慮の「隙間」である死角エリアを、ボールパークの魅力の一つに取り込んでしまおうという、
今回のような改修・ブラッシュアップは大歓迎で、高く評価したいです。

 

死角では無いですが、開業以来行われてきた改築で、何年か先にグループ席になりそうなエリアはまだまだ残っていますね。

例えばこのレフトコンコース後ろの部分や、バックスクリーン裏の拡張エリアなど。

 

 

マツダスタジアムに関してはもう一つ大きなニュースもありました。

対戦相手によって応援エリアの大きさを変える、ビジターパフォーマンスの分割化です。

【広島東洋カープ公式サイト】:ビジターパフォーマンス 分割のお知らせ

 


(カープ公式サイトより)

これまで全て、相手チームの応援専用だった3塁側パフォーマンスシートを、
DeNA戦・中日戦・ヤクルト戦に限り図のように分割し、カープファン・ビジターファンのどちらも応援可能な一般席(内野・外野指定席と同様)にするというものです。

カープ人気の上昇によりカープファンによりビジターパフォーマンス席のチケットが購入され、
コンコースで観戦する事を防ぐためのものとしています。

 

個人的には、やめたほうがいいんじゃないの…?と思いますね。。

基本的にカープファンの意識が改善しない限り、ビジター応援チケットを買ってコンコースで観戦するという問題は解決しないですし、
むしろ堂々とカープファンがパフォーマンスシートに乗り入れ相手ファンと隣接してしまうことでトラブルを誘発する可能性も高くなります。

よりにもよって一昨年禍根を残した横浜DeNAも対象とは…。(週末の横浜戦で「乗車魂」として関東からカープ女子を招待してビジターパフォーマンスの大部分にカープファンを公式で入れ、内外からひんしゅくを買ったあの問題です…)

最近は週末ともなればDeNAファンやドラゴンズファンもそこそこビジパフォを埋めていて驚かされることも増えてきました。
まずは平日に限定して実施すべきでは無いかと思いました。

また、一部では行われ始めているようですが、ビジターパフォーマンスシートのチケットを、
相手球団のサイトや窓口を通じて販売すればかなり効果は高いでしょう。
相手球団の負担が増えることや広島にいる相手ファンの手続きが煩雑になるので一筋縄では行かないですね。。

 

やはり根本的にはカープファンの、相手ファンへを尊重する意識です。
一部ファンによる買い占めや、転売はやめてもらいたいです。

それしか言えません。。

 

いっその事、内野自由席とビジターパフォーマンスをつなげて拡張してしまえ、という声もありますが、、

コンコースを上がってきた時の高揚感、オープンエアである事を実感するこの構造は、マツダスタジアムのアイデンティティの一つであると思うので、個人的には賛同しかねます。。

 

その他、球場の変化。

コンコースの舗装を修繕する工事が行われていました。

 

球場から見る、広島駅周辺の様子です。

 

球場の移転が起爆剤となり、駅の南北で再開発が急速に進みました。
なかなか見ごたえのある景色です。

 

コンコース入口付近に倉庫や事務所を構えていた「日本通運」は、昨年新しい事務所ビルを建設したのに続き、隣の倉庫を解体する工事を行っていました。

 

 

 

 

コンビニや飲食店が球場の移転を期に増えました。
年間200万人以上を集めるようになった新本拠地ですから、今後もその傾向は続くと思われます。

一方で、エキシティ広島から続くペデストリアンデッキを整備する話もあります。
今後の変化にも注目しておきたいです。

広島市は、市道の混雑対策として計画した広島駅~マツダスタジアム間のペデストリアンデッキについて 沿道に多数の店舗が出店し「カープロード」として親しまれていること等を受け、 規模

 

18 comments

  1. オイスター Reply

    球団の飽きさせない努力は素晴らしいと思うのですが、ビジター席の件はやめたほうが良いと思います。最近はマナーの悪いファンもいるようで分割したらケンカが起こりそうで心配です…

    個人的にはレフト側2階席全て拡張してほしいです。あの空間はわざとあけているのはわかりますが…なかなかチケットも取りにくくなっているので大幅な増席をお願いしたいです。

    日通のビルが新しくなっているのは知りませんでした。

    長文失礼しました。

  2. 万次郎 Reply

    私はビジターパフォーマンスと内野自由席を繋げるのは賛成です。
    旧市民球場時代は、外野の細い入り口を抜け、階段を上がったところでパッっと眩しく開けたグラウンドにわくわくしたものでした。
    それだと新規に決まったようにビジターパフォーマンス付近で両球団ファンが交わることになりますが、それも旧球場時代も他球場でも普通にあることです。
    ですが、いちばんはカープパフォーマンス席と内野自由席を繋げて欲しい。スクワット応援をパフォーマンス席だけでなく広い範囲で気軽にできるように。

  3. yasu Reply

    ファンを飽きさせない球場にするための小手先だけの改修を否定はしませんが・・。
    カープの試合を一昨年は9試合、昨年は4試合しか観戦できませんでした。
    インターネットでダフ屋が横行する現状です。
    年々チケットが手に入りにくくなった現状では席数を増加してほしいと願っています。
    三塁側内野席上部、レフト側外野席(JR電車が見えるところ)、ライト側ポール際の空間を何とかしてほしいですね。
    カープの観戦したいときにいつでも入場できればいいですね。
    そのための方策、それはカープが弱くなることと座席の増設しかないのです。
    38,000人収容のスタジアムになりませんかね。

  4. むつだすたじあむ Reply

    マツダスタジアムから広島駅までのペデストリアンデッキは2017年度末までに着工ということですが、
    工事に取り掛かりそうな雰囲気がありません。
    また延期なんでしょうかね。
    カープロードが活性化してきたからペデストリアンデッキを当初計画よりも短くだなんて話がて出ましたが、
    そんなこといわずさっさと作って欲しい。
    試合の時混むし、雨の日なんか今最悪ですからね。
    欲を言えば新井口駅からアルパークへ向かう道のように歩く歩道がついたら最高なんですけどね
    どうなることやら

  5. スラサン Reply

    ビジターの件反対派がいて安心した。ほんとに改悪だと思う。入らないから狭めるのはどの球団もやってることとはいえ更に奥へと追いやるのはまた新たな揉め事を誘発するでしょうね。変な席に金とスペースかけるくらいならほんと自由席拡げるべき。相手ファンを蔑ろにしすぎ。正直言って近年カープがやってることってことごとく批判を浴びるようなものばかり。変わったよねカープ球団

  6. むーばす Reply

    皆さんの不満よくわかります。私も時々しかスタジアムに
    足を運びませんが、年々、席が取りづらくなっているのを
    感じています。しかも内野2階の自由席がほぼ開場と同時
    に入ったのに、すでに先に入った人たちによって、多くの
    席に荷物が置いてあるのにびっくり。あとから本当に来る
    のかトイレや買い物に出かけているのかも解らず、かと
    いって荷物をどける訳にもいかず初心者は右往左往です。

    写真を拝見していると、ライト側のパフォーマンスシート
    はまだ左右に増設出来そうです。内野の三塁側と合わせて
    せめて三万六千席くらいにはして欲しいと思います。
    ちなみに日通の支店ビル横の倉庫解体跡は何か別の建物が
    建つのでしょうか?気になります。ホステルと1階には
    スポーツバーのような建物が出来ないか、ひそかに期待です。

  7. ああ Reply

    増席すればいいんでしょうけど、建設費用がかかるという問題があるので仕方ないと思います。
    ただ前から思ってたのが、カープは広島にとって全国にアピールできる貴重な宣伝材料なのに、なぜ
    練習場や施設などの建設に資金援助を全くしないのか。ほかのチームは企業名をつけているので、
    親会社の金を投入しています。カープは都市名をつけているので、広島市や県が必要な時くらい
    多少の資金援助をすべきだと思います。これは広電にも同じように思います。一応地元の交通インフラ
    の根幹を背負っているのに、民間企業なので、市はノータッチ状態。交通インフラの質の向上は公益
    に見合うので、これも資金援助すべきだと思う。今後の広島の発展のためにも、市はカープと広電に
    金銭的に協力する姿勢を見せるべきだと思う。 

  8. Reply

    マツダスタジアムだけではなく各地に年に35試合は足を運ぶファンです。

    DeNAが同じ様にカード毎にビジター席を減らして、残ったレフト側はDeNAファンの応援席にしています。
    ましてやDeNAは曜日と対戦カードごとに値段も分けているという。
    カープのビジターパフォーマンスの残りの席はどちらのファンも入れる席ですよね。

    この分割の是非はともかく。
    他球団もやっているのに、カープだけこう言われるのがどうも腑に落ちません。

    もちろん、トラブルの元になるので、チケットが売り切れてこの席だけ残っていてもこの席に行こうとは思いませんが。

    パーティー席の増設は非常に良い事だと思いますが、パーティー席だと球場前のテント組や年間指定の先行で売り切れてしまうので、縁が無い席かな?と思います。非常に良い試みですが。

  9. ぽって Reply

    ビジターパフォーマンスについて変更する前に、内野自由席について対策をして欲しかったです。
    他の方からも指摘がありますが、内野自由席は席の確保が大変です。
    平日はまだ何とか座れますが、土日は開場の数時間前に並ばないと座れません。
    そういったことが嫌で、買わない方も多いと思います。
    現に指定席が売り切れ、ビジパフォが売り切れ、最後に残るのは内野自由席です。
    開幕戦、土日の試合、祝日の試合は指定席にしても良かったのではないでしょうか?

  10. ちゃちゃ Reply

    いっそのこと自由席を全部やめて指定席にしたほうがお客にとってもメリットが大きいのでは?
    値段があと500円くらい高くても並ばずに席が確保できるメリットの方が大きいと思う。
    内野自由は全廃。全席指定こそファンサービス。

  11. 万次郎 Reply

    チケットの価格はもうちょっと上げてもよい気がしますね。
    ディズニーランドのように、料金の値上げで過剰な混雑の調整を行うことができるはず。
    安いから一人が何度も何度も見に来れる。でも、幅広い人にチケットを行き渡らせるには、一人あたりの回数もある程度絞り込まなきゃいけないのかなと。
    それに、試合も見ずにグッズショップの横で集まってウェーイってやってる人たちとかも、真剣に試合を見るようになるかな。

  12. カープ Reply

    今年もカープが楽しみですね。
    話は変わりますが広島の黄色の電車あの電車は解りにくいんですが
    どうにかならないんですかね。
    車内アナウンスは聞こえない
    電光提示板は無い
    あれじゃ外国人には不親切すぎますよ。

  13. ぽって Reply

    前のコメントに間違いがあったので訂正です。

    現に指定席が売り切れ、ビジパフォが売り切れ、最後に残るのは内野自由席です。

     → 各種指定席が完売、内野自由席が完売、最後に残るのはビジパフォでした。

  14. ちゃちゃ Reply

    これだけの大入りがあと10年続けばカープ球団も広島市も観客席の増設は検討せざるを得なくなるかもね。その時にはいっそのこと簡易式の開閉式屋根掛けとセットで一気に4万人収容くらいにしてほしい。そうすれば遠方からの集客も安定するから平均4万集客も夢じゃないかもね。福岡抜いて球界3位の集客も可能。

  15. 社会系 Reply

    3塁側パフォーマンスシートを、
    カープファン・ビジターファンのどちらも応援可能な一般席にするのは、
    ビジターファンが少なくなってきたからであり、DeNA・中日・ヤクルトの経営問題です。

    広島ファンの方には、今のプロ野球の情勢が分からないと思います。
    一番の問題は、他球団は経営が困難になっていることです。
    近鉄が赤字から、撤退した、2000年代頃から、大きな変化があったと言える。

    だから、パリーグではプレーオフが導入されたのであり、
    セリーグでも導入して、今のクライマックスシリーズができた。
    そして、西武、ロッテなどがリーグ優勝しなくてもプレーオフで勝つことで、
    ファンが急減するのを防いで、プロ野球界を維持していたように思われます。

    このようなことから、クライマックスシリーズには課題があると考えています。
    それは、厳密に言えば、日本シリーズが2004年に、廃止されたにもかかわらず、
    クライマックスシリーズ第3ラウンドに過ぎない試合を日本シリーズだと騙している点です。

    2017年は、セリーグで広島が優勝したが、DeNAだけには負け越していた。
    クライマックスシリーズ第2ラウンドでは、DeNAが勝つのは当然だったのです。
    セリーグ優勝は広島、パリーグ優勝はソフトバンクという結果だけを記録として残すべきです。

    今は、経営ができているのは、巨人、阪神、広島、ソフトバンクだけではないでしょうか。
    このように、他球団の経営問題で、広島は、
    日本シリーズができなかったり、観客席を変えさせられたりしているのです。

  16. ああ Reply

    カープは観客動員数は4位ですが、ソフトバンクはタダ券を大量にまいてるので、実質カープが3位の
    ようなものです。他の球団、特にパリーグはタダ券やら数百円のチケットで集客しているのが現実ですが、
    それでも、高年俸を払い経営できているのは、大手企業が所有し、巨額のカネを出しているからです。
    カープは親会社がなく、オーナーもカネをもっていませんから、チケット収入を増やし、資金力を上げて
    いく努力を常にしないといけません。それを怠り、ケチって倹約するだけの経営は間違っています。
    現実的に考えれば、ファンに不評の内野自由席を、もっと値上げして指定席化することぐらいは、
    するべきだと思います。 

  17. まつ Reply

    3月に一斉発売の問題も一人五試合という制限がついた程度で、根本的な解決にはならないと思います。この状態が3年間も改善されていません。
    儲けるときに儲ける事情はわかりますが、当日に見に行きたいと、思い付きで観戦にいくことが多かっただけに、球場での観戦が遠退いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。