祝!広電本社前電停リニューアル完了 2018.03(vol.5)<夜編>

広島電鉄が昨年秋ごろから進めてきた、路面電車「広電本社前」電停の大幅リニューアル工事が、2018年3月27日に完了しました。
リニューアルにより、電停の長さを従来に比べ約2倍となる54mに延ばし、電車が2編成同時に停車できるようになります。
また終端駅以外ではこれまでに例のない3mの電停幅を確保し、広電の電停としては初めて待合室も設けられました。

将来的には路線バスも乗り入れ、同じ電停で発着・乗り換えできる仕組みも検討される先駆的な電停です。

前回の状況です。

広島電鉄は、2018年3月末の完了を目指し、路面電車「広電本社前」電停の大幅リニューアルを進めています。 電車が2編成同時に停車できるよう長さを54mに延ばすほか、 終端駅以外

ついに完成し、全ての設備の供用が開始されました。
週末を利用して、昼と夜の両方写真に収めてきました!

今回は<夜編>として、日没後の状況を取材してきました。
<昼編>はこちら。

広島電鉄が昨年秋ごろから進めてきた、路面電車「広電本社前」電停の大幅リニューアル工事が、2018年3月27日に完了しました。 リニューアルにより、電停の長さを従来に比べ約2倍とな
スポンサードリンク

南西側、マダムジョイ前から。

 

道路を渡り、南東側から。

濃い色を貴重にし、外側に光るものが無いため、この大きさの割には目立たないというか主張せずに溶け込んでいるなと思いました。

 

のりばへ。

 

 

広い電停でも照明を多く配置し十分明るいです。雰囲気はもはや「電停」ではなく「駅」ですね。

しかし、、、、

想像していた光景と違ったのが、照明の色ですね。。

壁面と天井を木目調のパネルで覆っているので、LEDでも暖色系の照明にしているはずと思っていましたが、
思いっきり白い昼光色のスポット照明です。
これは正直味気ないというか、上屋のデザインとマッチしていないと感じるのは私だけでしょうか?

 

液晶モニター(LCD)が採用された発車案内。

もちろん夜間でも視認性はバッチリです。

 

待合室をチェックしてみます!

 

広くはないですが、6席の折りたたみ椅子が設けられておりあくまで電停の待合室としては十分です。

ただ、こちらもやはり会議室のような真っ白な照明が明るすぎるくらいに点灯しています。
また待合室を出入りする3分割の引き戸の質感があまりよろしくなく、ガタガタ大きな音がします。

うーん。。もったいないな…。

 

待合室内にも発車案内のLCDが設けられているのは驚きました。

 

待合室内に専用のスピーカーも設けられており、案内面では申し分なしです。

 

 

初めての試みづくしとなった「広電本社前」電停のリニューアル工事。
快適な待合空間を提供しようとする姿勢は大いに評価できると思います。

これから様々な利用者の声も拾い、今後の電停リニューアルに活かしてほしいですね。

 

9 comments

  1. ODK Reply

    利用者が少ない電停にカネを掛けなくても、利用者が多くて拡張が必要な電停は沢山あるはず!

  2. ゆたん Reply

    なぜ広電本社前にしたんだろう。
    本社だから?
    客数が多いはずの八丁堀、立町は最近改良されましたが、
    あくまでも旧型を伸ばしただけ。
    この差はなんだ。

    大きすぎて死角になってしまい事故が起きないことを願います。

  3. 瀬戸内 Reply

    実は十日市町や土橋(江波方面)でも電停部分では手前より車線が1つ減少しています。
    というのも、交差点の奥側に電停を作って、手前側の減らされる車線が交差点の右折レーンになっているわけです。
    今でこそ相生通りの大半では3車線が維持されてたり時間によって右折禁止になっていますけど、全体の流量が少なくなれば2車線になるのかもしれません。

  4. サンフレッチェ大好き Reply

    将来的にはアストラムと合併して今の路面電車路を掘り下げ地下鉄にしたら?

  5. 朝晩、広電通勤者ボヤキ。 Reply

    それよりも紙屋町の電停を工夫して欲しいな。紙屋町西は大渋滞が頻発で、西からを島式ホームにして2線分入れるようになれば良いのにな。

  6. hima Reply

    高齢化と車を所有しない若者世代が多いことを考えると、一車線潰して面白そうな実験をすることには非常に賛成だったけれど、実物を拝見して、本当にこの駅でよかったのか、疑問に思ってしまいました。例えば、あんな綺麗な表示板、大した利用者のいない広電本社前には正直要らないし、紙屋町や広島駅につければよかったのにと思いました。駅間隔が非常に近い本社前と御幸橋を統合すればいいのにと思っていたので、なんだかこの駅の装いにはちょっと残念に思いました。

  7. 広島大好き Reply

    この前中国の温州市に出張に行てきました。温州は路面電車でなく、BRTがあります。バス停はこの電停と似てます。ただし、ホームドアが付いています。結構おしゃれな感じ、広電もそういうふうになってほしい!

  8. シマ@北海道 Reply

    まるで東急池上線(18m x 3両編成)の駅が道路の真ん中に出現したような感じすら。
    同線は、東京ではちっぽけな路線ですが、道路上にあるとその構造物の大きいこと。
    やはり鉄道は偉大です。
    おそらく、この駅は実験的要素が強いと思いますが、将来的に市内中心部の電停を統廃合して、
    上りと下りのホームをを千鳥配置すれば、さほど車道を削らずともレイアウトできるのではないかと思います。多大な費用のかかる地下鉄建設に依らずとも、ローコストで上手に公共交通機関の整備がなされることを期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。