エディオン本店『本館』建て替え工事 2018.04(Vol.5) 完成まであと1年!

家電量販店大手のエディオンは、2019年4月の完成を目指し、紙屋町の本店の『本館』の建替工事を進めています。
地上10階・地下2階の新・本館は、隣接地に建設された新館と同程度の規模になります。
4階で本館と新館を繋ぐ連絡通路が設けられ、完成すれば延1万4,000平方メートルを超える2館体制で営業を始めます。

前回の様子です。

本題に入る前に、先日の「損保ジャパン日本興亜 広島紙屋町ビル新築工事」に関する記事に追記したことをお知らせします。 広島市の環境配慮制度に基づく建築物概要の届け出により公表された
スポンサードリンク

 


エディオン本店本館完成イメージ(2018年1月1日付 中国新聞紙面より)

 

相生通りの北側から、メルパルク広島前から。

本店新館の隣にぽっかり空いた空間が、本館の建設予定地です。
前回まで複数の重機が入り基礎の掘削工事が行われていましたが、今回そのような重機の姿は見えませんでした。

 

南側から。

奥の電車通り側4階に新館と本館の連絡通路が設けられます。
また、画像右手の歩道に並行して、こちら側に上がってくる地下街への階段ができる予定です。
代わりに紙屋町西電停やそごうに至る横断歩道前の地下階段は廃止されます。

 

エディオン広島本店『本館』は2019年4月末の竣工予定同年前半にオープンする予定です。

 

1 Comment

  1. カス Reply

    そごうからだとここの現場ほぼ真上から見下ろすような感じでしっかりと見ることが出来ました。なかなか良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。