広島駅自由通路新築他工事 2018.04(Vol.101) 自由通路に『広島ブランド』のショーケース登場

広島市は、JR西日本とUR都市機構と共同で、JR広島駅の大規模改良工事を進めてきました。
①南北自由通路の整備、②橋上駅舎・線路上空店舗の建設、③駅北口ペデストリアンデッキの整備、④北口広場の再整備etc.
これらを一気に整備する”50年に一度”と言っても過言ではない大型プロジェクトでした。

自由通路は全面開業しましたが、新幹線高架下エリアの開業までがこの事業であり、引き続き追いかけています。

前回の状況です。

広島市は、JR西日本とUR都市機構と共同で、JR広島駅の大規模改良工事を進めてきました。 ①南北自由通路の整備、②橋上駅舎・線路上空店舗の建設、③駅北口ペデストリアンデッキの整備
スポンサードリンク

今回は在来線改札内、ホーム上の様子から。

撮影は4月末に行いました。
GWの前半が始まったこの日、ホーム上は多くの人で溢れています。

宮島方面の1番のりばは駅ビルに隣接しているのでいくらでも拡張可能ですが、
西条・三原方面と可部線あき亀山方面が主に発着する4・5番のりばは、狭いホーム上がいつも混雑しています。
ラッシュ時間帯は危険を感じるほどです。

以前も書いていますが、この駅橋上化工事のタイミングで、使われていない6番線を新しい5番線として、
現在の5番線の部分をホームに拡張することはできなかったものか…。

 

こちらは9番のりば外側です。
新幹線高架下の「東急スポーツオアシス」だった拡張部分に、大きな排気ダクトが設置され始めていました。

 

 

高架下部分は改修され、今年秋「エキエ・ダイニング テラス」という新たな飲食エリアになる予定です。
この鉄骨の拡張部分もその一部になるかと思われましたが、
排気ダクトや室外機、キュービクル等のバックヤードになるようですね。

 

7番のりばからマツダスタジアム方面を望みます。

 

広島駅から球場に至る線路沿いのいわゆる「カープロード」の建物屋上に、真っ赤なカープ帽子が!

 

さて、2階に上がり中央改札から自由通路に出ました。

ちょうどこの時、マツダスタジアムの阪神戦が終わった時間と重なり、かなりの混雑になっています。

 

北口方面に進みます。
新幹線の改札口前の様子です。

 

リニューアルによって美装化された高架橋の柱。
当初からガラス張りの棚が設けられていましたが、4月から「ザ・広島ブランド」の雑貨・小物の展示が行われるようになっていました!

 

広島駅総合案内所の前は、大きめの展示。

 

ガラスの棚が用意されていたので、何らかのディスプレイを行うんだろうと思っていましたが、
こうして広島の名産品やおみやげを展示し、消費に繋げようという取り組みは、
駅の華やかさ的にもビジネス的にも良いと思います。

 

広島駅の今後のスケジュールは、次のとおりです。

第3期として2018年秋頃、「NORTHエリア」の2階にみやげ物に加え、軽食や一杯飲みに対応する「エキエ・バル」、そして1階に団体の飲食にも対応可能な「ekie DINING TERRACE」(エキエ・ダイニングテラス)が開業。

第4期として2019年春頃、「WESTエリア」と呼ぶ現在の新幹線名店街を、日常利用や出張で訪れた利用者向けの食料品売り場に改修し開業。

2 comments

  1. 三次盆地 Reply

    そういえば最近見かけないけど広島駅のマツダ車の展示ってもうやめたのかな?

  2. Reply

    4.5番乗り場は本当に混雑しています。終電の時間でもギリギリまで電車が来ないこともあり(岩国方面から広島駅到着は24時5分、終電・西条行き24時7分発)

    呉線はその後に出るので、天神川~海田市で降りる人もここに乗るので、ホームにはかなりの人になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。