JR西日本、広島地区で5月に新保安システム『D-TAS』を運用開始

JR西日本は、さらなる鉄道輸送の安定性向上を目指すため、
5月20日から広島地区で新しい保安システムの使用を開始する事を明らかにしました。

「D-TAS(データベースを用いた列車管理システム)」と名付けられた新システムは、
線路上に設置された地上子を主体とするこれまでの「ATS」とは異なり、
車両に搭載したデータベースに、あらかじめ信号機の位置や曲線・分岐器などの位置と制限速度の情報を登録し、
車輪の回転数から自社の位置を把握し制限速度を越えた場合などに自動ブレーキをかける仕組みです。

対象は、2015年から導入された新型車両227系「レッドウィング」のみ、
まずは西広島~岩国間で使用を開始します。

スポンサードリンク

【JR西日本】:山陽線 西広島~岩国駅間で新保安システム(D-TAS)を使用開始します


導入計画
(上記公式HPより)

 

227系に搭載された注目の新機能のひとつ。
「新保安システム」がついに開放されますね。
当初、「ATS-DW」という名称が用いられていましたが、
正式名称は「D-TAS(Database oriented Train Administration System)」と改められたようです。

新保安システムは、旧型の国鉄車両には搭載されないため、シティネットワークエリアを走る車両がほぼ227系に統一されてからの運用開始かと予想していましたが、
全て揃うのを待たず、来月20日からの開始となります。

 

 

 

地上子ベースではなく車両側に様々な情報を登録しておけるため、
間違えて停車駅を通過するようなことの防止や、徐行区間の確実な減速など、運転支援の向上による安全性が向上します。

JR西日本の技術開発のページには、これらのほか踏切の遮断時間制御にも新システムが役立つことが解説されています。

JR西日本 / 技術開発の取り組み】:新保安システム(D-TAS)での踏切定時間制御の基礎検討(PDF形式890キロバイト)

踏切データを車上システムに登録することで、停車列車と通過列車それぞれに応じた踏切の制御ができるようになるそうです。
これにより、「開かずの踏切」の緩和を図る事ができるとのこと。

結構メリットがあるようですね。

 

 

現状は新型車両の227系であっても、ダイヤや踏切の設定を維持するために、旧型の115系と同等の加減速性能で運行を行っています。
4月から227系の追加配備も再開しているようですし、システムの高度化によりそろそろ(今年秋~来年春?)本来性能を出せるようになることも期待したいです。

 

新型保安システム「D-TAS」は2018年5月20日から岩国~西広島間で運用開始
2019年春から西広島~白市間で運用開始となります。

 

12 comments

  1. あんず Reply

    これって裏を返せば岩国~西広島は全部227系になりますよってことなんでしょうか?
    2018年度中に広島地区の車両が227系に統一されるって聞きましたがどうなんでしょう?

  2. 三次盆地 Reply

    新保安システム導入の話は227系投入発表の時から報じられていたけど、あれ以降全く情報を耳にしなかったからどうなったんだろうって思っていましたが、いよいよ導入されるんですね。

    それにしてもずっと前から疑問なんですが山陽本線の広島シティネットワークって、何で東は白市までなんだろう?
    三原―岩国にしたほうが都市を結んでいるという感じがあってシティネットワークのイメージにぴったりだと思うのですが…

  3. Shima@北海道 Reply

    225系並の性能を活かしたダイヤ編成にしてほしいですね。
    50年分の性能向上分(115系比)を目一杯時間短縮に使うのではなく、
    多少停車時間にゆとりをもたせて安全性や遅延時の
    回復性を向上させて・・・
    もう末期色の電車は他地域の人に見られると恥ずかしいので
    早く廃車にしてほしいです。

  4. ODK Reply

    シティネットワークを理解していない人がいますね。それは広島市への通勤需要や買物需要、すなわち生活圏のネットワークを意味しているのであり、西は岩国市、東は東広島市(白市は旧市内)ということ。

    • Shima@北海道

      そうですね、都市間のネットワークではなく、広島の経済圏内での話ですね。
      そもそも、白市よりも東に行くとお客さん少ないですから、15分毎のダイヤは
      組めませんね。

  5. 京都人 Reply

    山陽本線の広島駅から福山駅まで快速走らせて欲しい。

    • Kame

      都市間ご利用のお客様は、新幹線をご利用下さいませ。
      わざと不便にしてある・・・By JR西

    • 北釜2号

      25年位前に休日運行の広島発福山行きの快速がありましたが、あっという間に廃止になりました。需要がないんでしょうね。

    • ひろやん

      ローズライナーという都市間バスに完敗しました。

  6. ナボ Reply

    ブログネタから少し違いますが
    JR西日本が新たな中期計画をパブしましたよ
    http://www.westjr.co.jp/press/article/2018/04/page_12322.html
    広島は3大プロジェクトと言うと位置付けだそうです
    個人的には山陽新幹線でのWi-Fi整備が嬉しい情報でした
    2022年に西広島駅で駅ナカ店舗の開発とリニューアルとなってますが、アストラムライン延伸計画との連携がどうなっているのか気になるところです

  7. 県西部の住人 Reply

    白市行きは、西部の住人が山陽線を利用して、広島空港へ行くには大変便利です。広島駅でリムジンバスに乗り換えの手間と、山陽道でたまに発生する事故渋滞による遅れ。白市駅から空港行のバスに乗れば15分で到着。つまり白市駅まで確実性が高いから、需要も多いということですね。
    また、「新保安システム」は嬉しいです。例えばJRと広電が並行して走る「鈴が峰踏切」は上り列車が五日市駅に到着前から、警報機が鳴り、遮断機が降ります。五日市駅で乗降が終わり、踏切通過するまで「広電、上下各1本」JR「下り」1本が通過します。更に回送電車が通過することもあります。まさに「開かずの踏切」です。過去に待ちきれずに、広電に乗ろうとして遮断棒を潜り抜け、列車にはねられる事故が何度もありました。人身事故を減らせる「新保安システム」に期待します。

  8. 広島県民 Reply

    広島地区で利用客が一気に増えてくるのは西高屋、西条以西、南岩国、岩国以東だと言われています。なので上記区間に該当する白市~岩国がシティネットワークに設定されているのでしょう。
    広島~福山は高速バスが高頻度で運行されてますし(しかも広島都心のバスセンターまで直通、JR利用だと広島駅か新白島駅で乗り換えしなければならない)、広島地区においては対山口東部、芸北備北、福山への広域輸送は高速バスが主流なので快速を設定したところでさほど変化はないかと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。