祝!竣工 グレース幟町タワー 2018.05(Vol.4) 高さ約65m・18階のタワーマンション

「グレース幟町タワー」は、岡山市に本社を置くリョービホールディングスが
広島市中区幟町に建設する、高さ64.5m、地上18階建ての分譲マンションです。

【公式】:グレース幟町タワー

城南通りに面した中区幟町で2016年初頭から工事が行われてきましたが、
2018年4月下旬に竣工を迎えました。

 

5月下旬に撮影してきたので紹介します。

前回の状況です。

「グレース幟町タワー」は、岡山市に本社を置くリョービホールディングスが建設する 高さ64.5m、地上18階建ての分譲マンションです。 城南通りに面した中区幟町の「田辺三菱製
スポンサードリンク

 

城南通りを広島駅方面から近づいていきます。

比較的ビルの密集度が高い城南通りにおいても、非常によく目立つタワーです。

 

北東側絡見上げました。

モノトーンの外観で、縦の直線基調のデザインは非常にスタイリッシュです。

 

エントランス付近。

 

2階まで吹き抜けになっています。

 

歩道橋から。

 

広島駅南口の「シティタワー広島」が見えています。
幟町は広島駅にも八丁堀にも近い、非常に利便性の高い土地です。

 

「グレース幟町タワー」は、バルコニーの面積を抑え積極的に外壁と同一面の大型ウインドウを採用し、
”マンションです!”という雰囲気を比較的感じさせない外観が非常に特徴的です。

 

個人的には、高さは違えど「シティタワー広島」に次ぐ好印象な外観を持ったタワーマンションです。
広島地場や全国規模の大手デベロッパーでなく、岡山の両備ホールディングスであるというところも、特筆すべき点かと思います。

”従来のマンションとは違う””都心に住まうステータス”として、保守的になりすぎず他のデベロッパーも
もっとオフィスビルライクなタワーマンションを建ててほしいです。

 

「グレース幟町タワー」はこれから入居も始まってくるので、今回が定期レポートの最終回となります。
大型ウインドウを多様し、60m超えにもかかわらず18階建て・31戸に留め、
更には完全な内廊下を採用するなど、この立地に相応しいラグジュアリーなマンションが完成しました。

 

 

さて、「グレース幟町タワー」から、上幟町の路地をまっすぐ北上したところに、また新たなマンションが計画中です。

 

大阪市に本社を置くプレサンスコーポレーションが計画する分譲マンションです。
2025年の万博を誘致をPRするパネルも設置してありました。抜かり無いですね。

規模などは広島市のサイトに公表されています。

【広島市 建築物環境計画書等の概要の公表(平成29年度受付分)】:(仮称)プレサンスロジェ広島市中区上幟町新築工事>評価シート(PDF)

詳細は割愛しますが、2019年6月の竣工を目指す地上15階建てのマンションで、
466平方メートルという敷地面積からして、北側の大きなコインパークを含まない、かなり細い建物になるようです。

 

上幟町でこれだけのまとまった土地があるのはもったいない…
早いうちにこちらのコインパークも、何らかの計画が浮上するのを待ちたいです。

 

1 Comment

  1. みみずく Reply

    先日、散歩で両備のこのマンションの前を通りました。
    記事に書かれているように優れた外観で、この建築費高騰の時代にもかかわらず好感の持てる物件です。

    一方、プレサンスはここ最近広島市内の狭小地を取得し、価格競争力を武器とした物件を建築中のようで、それもあり得る企業戦略の一つとは思います。

    ただ、広島の中心部については、都市としての美観向上も図られるべきと思います。
    そのために、マンションの外観に一定の制約をかけることができないものでしょうか?(特定のマンションを批判しているのではありません)

    コストは価格に反映されるとしても、都心部マンション購入者の理解は得られるのではないか?
    などと散歩しながら感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。