廿日市草津線4車線化工事 2018.05(Vol.5) 着工した『はつかいち大橋』

広島市を横断する都市計画道路、「広島南道路」の一部で、
広島市佐伯区と廿日市市を結ぶ「廿日市草津線」では、現在、
第2期工事として対面通行だった「はつかいち大橋」の4車線化工事が行われています。

第1期工事は「はつかいち大橋」東側の、広島市西区商工センターから、新八幡川橋を通り佐伯区五日市・海老山に至る約1.6㎞が4車線化されました。

本日広島駅自由通路が報道公開されたようですね。真っ先に更新したいところですが、一旦落ち着きましょう。 以前から用意していた広島南道路、廿日市草津線に関してご紹介。 廿日

第2期工事が完了すれば、広島南道路は商工センター扇地区から廿日市に至るまですべての区間が4車線区間となります。

【広島県】:臨港道路廿日市草津線整備事業

 


計画図(上記HPより)

スポンサードリンク

新八幡川橋を含む区間が4車線化され、最初にレポートを行った昨年5月以来、
およそ1年ぶりにこの地区に足を運んでみました。

本日広島駅自由通路が報道公開されたようですね。真っ先に更新したいところですが、一旦落ち着きましょう。 以前から用意していた広島南道路、廿日市草津線に関してご紹介。 廿日

 

はつかいち大橋西詰交差点から。

画像奥が広島市方面で、中央の橋が「はつかいち大橋です。
下流側となる画像右側に、同規模の橋りょうがもう1本架けられ、4車線化されます。

 

交差点の近くでは盛土が現れ、地盤改良が始まっています。

 

 

 

はつかいち大橋は、廿日市港を往来する船舶が通過できるよう、桁高がかなり高くなっています。

 

勾配は6%。いわゆる「べた踏み坂」ですね。

 

この橋を境に、広島市と廿日市市が分かれます。

 

 

少し橋を上り、廿日市方面を振り返ります。

 

道路用地が伸びています。途中廿日市方面の車線が左にカーブした箇所がありますが、ここから4車線に戻ります。
ここまで4車線化工事が行われるので、工事が完成すれば広島南道路の西区扇以西はすべて4車線化が完了することになります。

 

廿日市側から、「はつかいち大橋」のたもとへ進んでみました。

 

橋梁建設現場にあたるこの道は、現在通行止めとなっていました。

 

付近には見学スペースのような見下ろせる場所が用意されています。

この日は柵があり入ることはできませんでした。

 

廿日市側の岸壁はここで行き止まり。

 

この現在の橋梁の海側(画像右側)に下り線となる橋梁がもう一本架設されます。
「はつかいち大橋」を広島市です。対岸に見えるのは「アーバンビュー渚ガーデン」のマンション群。
さらに南道路のずっと先には、かすかに広島駅南口の「シティタワー広島」もここから確認できました。

 

商工センターや廿日市市臨港地区には、運送・物流関係の企業が多く立地し、
安定的な輸送環境の確保には大きく貢献しそうです。

とはいえ、最終的に山陽道廿日市ICと接続する計画となっており、
交通量の多い国道2号線西広島バイパスの交通を大きく分散させるほどの役割を担うまでには至っていないのも事実です。

「広島南道路」は広島市のデルタ内に入ると、平面部分は国道2号線の支線という立ち位置に変わります。

広島市や広島商工会議所は、凍結状態になっている西広島バイパスの都心部延伸について
早期着手の要望を出しています。

それぞれの事業の必要性は分かりますが、将来的に広島都市圏の道路ネットワークについてどのようなビジョンを持っているのか、
広島市の考えを知りたいところです。

 

はつかいち大橋を含む、「廿日市草津線」の4車線化開通は、平成30年代中ごろ(2023年頃)の予定です。

 

【西広島バイパス都心部延伸事業促進協議会】:西広島バイパス都心部延伸事業

広島市は、財政難から整備を中断していた国道2号線西広島バイパスの「観音高架」について、 事業を再開し、改めて国に延伸を要望する意向であることが分かりました。 【中国新聞】:

9 comments

  1. 95

    西広島バイパス都心部延伸事業、平野町止まりではなく東雲まで延ばし、広島都市高速・東広島バイパスJCTといきたいですね。

  2. ほし

    こんなところ車線広げるよりも出島~商工センターまでの平面部4車線化が先では?
    とくに吉島~出島間は高架部しか行き来できないので、早く着手してほしいね。

  3. まら

    西広島バイパスの新たな延伸区間は対面通行とかなさけない…最低限片側2車線の計4車線で整備しましょうよ。都市高速も暫定2車線区間があるし。上下2層構造にするとか。平野町までの計画らしいですが、広島高速2号線や広島東バイパスに繋げるとか。なんでこうも中途半端な整備ばかりしてるのか気がかりです。

  4. MT

    やっとボトルネックの解消につながりますか。
    ここが2車線なのと関係あるのか無いのかわかりませんが、橋の東側交差点を広島市方面から来る車両の結構な数が右折するんですよね。
    それこそ右折レーンを超えて本線にはみ出ることもあるくらいに。
    あそこは右折レーンをもっと長く確保しても良かったのではないかと思いますが。
    他にも商工センターランプからの高架2車線部分の4車線化や安芸バイパスの完成、海田地区の高架道路の完成、西広島バイパスの東方への延伸など道路インフラの大規模な工事が目白押しですので予算が大変でしょう。まだまだかかりそうです。

  5. みやこびと

    暫定二車線で整備して、後から四車線にするのと、最初から四車線で整備するのとでは、どれだけ経費に違いがあるのか気になりますし、明らかにすべき事項かと思います。前者の方が時間も経費も無駄だとなれば、そもそもの整備の仕方に問題があるのでしょう。これは、特に今回に限らず他の整備事業にも言えるかと思います。

  6. Zima

    広島は金が無いばかりではなく、為政者の能力の低さが露呈してます。
    おかしな整備ばかりして。
    暫定2車線のエセ高速道路、最初から赤字ローカル線の単線整備のアストラムライン。
    駅から紙八へのまともな交通機関を整備する気がないところなど、どれも中途半端。
    残念ながら、衰退へまっしぐらだと感じてなりません。
    他都市へ遠慮でもしてるのか?

  7. 中3

    広島は交通インフラの整備が遅いし暫定2車線など中途半端な事してるから発展しないんですよね。アストラムラインの延伸の単線もしかり…後世に恥ずかしくない、後悔のないように整備して下さい。

  8. まさ

    単純に比較はできませんが、広島市より若干人口が少ない同規模の仙台市は地下鉄2路線に空港アクセス鉄道もあります。都市高速は無いですが…広島市ではフル規格の地下鉄は無理でも、車両が小さなアストラムの地下鉄なら整備できるはずです。広島駅と市内中心部への定時、速達に優れた交通機関がなく、基幹交通は路面電車です。路面電車の小手先の改善では大きな改善は無理なのは明白です。行政にはもっと将来への発展を踏まえて広電との調整など、積極的になって頂きたいです。このままでは衰退まっしぐらだと思います。

  9. しらしんけん

    広島は向こう5年忙しく仕事があるなどとよく言われていますが、他都市に比べ都市計画の基本が成っていないためこれ以上発展は望めないのでは。
    カープの衰退に伴って、衰退の一途を辿る予感が・・・。

Comments are closed.