『広島アンデルセン』建て替えイメージが公開 外壁を継承し重厚なデザインに

広島市中区の本通商店街で、老朽化のため解体・建て替えを待つ「広島アンデルセン」について、
先日、被爆した当時の外壁を一部残し建て替える方針が明らかになりました。

広島市中区の本通り商店街で、老朽化に伴う建て替え工事のために一時閉店・移転している 広島アンデルセンについて、 被爆建物である同館の外壁を一部保存し、建て替えられる新しい建

その続報として、昨日、アンデルセン・パン生活文化研究所は、
正式に新しい「広島アンデルセン」の着工のお知らせをリリースし外観イメージを公開しました。

スポンサードリンク

【アンデルセン・パン生活文化研究所】:広島アンデルセン 2020年8月オープンに向けて建て替え工事着工

広島アンデルセン完成イメージ(上記HPより)

メチャクチャ重厚な外観です。

原爆を耐えた被爆外壁は東側になるので、イメージでは左側の2、3階部分がそれにあたります。
1階と4・5階はガラス張りとし開放感を演出します。

東京・丸の内などではかつての郵便局の建物の外壁を活用した「JPタワー」のような超高層ビルもありますが、
広島でこういった事例はあまりありませんでした。

歴史を受け継いだ建物に、まるでショーケースのようにこだわりのパンが並ぶ店構えになりそうですね。
日本一美しいパン屋さんと言われるくらいのモノを造ってほしいです。

 

パンの販売を行うのは1階だけですが、これまでのアンデルセンと同様に、2階以上はカフェやパーティー会場(会議場)として使用されます。

また、アーケードとは反対側の建物南側の開放空間では、ここで購入したパンなどが楽しめたり、市民の憩いの広場として活用されていくようです。
ここは紙屋町地区のエリアマネジメントの新たな舞台となる予感がします。

本通りの顔が次の時代に継承されるのを楽しみにしています。

 

建物の規模や概要は以下の通りです。

【広島アンデルセン】
地上5階(4階の一部を除き店舗)
建築面積:約800平方メートル
延床面積:約3,500平方メートル
敷地南東側の「ポケットパーク(仮称)」:約280平方メートル
解体着手:2018年7月3日
着工予定:2019年2月
竣工予定:2020年7月
開業予定:2020年8月

 

2 comments

  1. NOVA Reply

    日銀広島支店跡も、こんな風に活用して貰いたい!(宝の持ち腐れ!)

  2. とおり過ぎのうさぎ Reply

    うーん…
    アンデルセンは本通りのアーケードからは見えないし、外観にお金かけるよりも、今まで通り(以上に)中身を充実させて欲しいと思いました。東京でもアンデルセン、リトルマーメイドと言えば、かなりのブランド力がありますし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。