広島駅北 二葉の里5街区再開発 2018.07(Vol.28) エントランス部など

広島駅周辺の最後の一等地として区画整理された二葉の里地区”5街区”は、
2014年5月、一般競争入札により大和ハウス工業・広島テレビ放送・エネルギア・コミュニケーションズ(以下エネコム)の3社グループが取得しました。
エネコムの「EneWings 広島データセンター」は2016年12月に開業、
広島テレビの新本社ビルは2018年3月に竣工(9月23日完全移転完了予定)し、
現在は2019年3月の竣工を目指す大和ハウスのオフィス・ホテル・商業の複合棟(地上20階、約91m)が建設中です。
【CBRE】:広島二葉の里プロジェクト_物件概要
二葉の里5街区の続報。ホテル・オフィスの詳細など

前回の状況です。

広島駅周辺の最後の一等地として区画整理された二葉の里地区”5街区”は、 2014年5月、一般競争入札により大和ハウス工業・広島テレビ放送・エネルギア・コミュニケーションズ(以下エ
スポンサードリンク

広島駅北口ペデストリアンデッキから。

 

大和ハウス複合棟は先月一部が最上階に達しました。
現在ではビル全体に渡り鉄骨建方が進められ、躯体は完成形のシルエットになりました。

 

二葉通りの「ホテルグランヴィア前」から。

 

ガラスを多用したこの2棟のオフィスビルが立ち並ぶ光景はなかなかの存在感が感じられます。

 

南東側から。

高さは約91mで、「ホテルグランヴィア広島」(約85m)よりも少し高い規模です。

 

低層部のオフィス部分に注目。

 

この日は台風が接近していたこともあり、防音シートが飛ばないよう一部取り外しが行われていました。
そのおかげで、2階のモルタルの外壁が一部見える状態になっています!

【CBRE】:広島二葉の里プロジェクト_物件概要

ガラス部分の外壁ラインより少し外側に広がった1~2階部分となるようなので、見た目のアクセントにもなると思います。
長距離バスの発着場なども整備される予定です。楽しみですね。

 

「二葉の里プロジェクト」(大和ハウス複合ビル)は、2019年3月の完成予定です。

1 Comment

  1. 社会系 Reply

    広島駅周辺は、オフィスビルに需要があるようなので、
    今後も、特に、1フロア面積が広い高層オフィスビルが建設されることが予想されます。

    向かいのJR中国バス本社跡地は、ヴィアイン広島ホテルが移転することが濃厚です。
    今の場所にある飲食店なども、低層階に、同時に移転するのではないでしょうか。

    広島駅北口において、低層階は一般人でも利用できる街になっていくと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。