広島大学跡地再開発 『hitoto広島』 2018.08(Vol.8)高さ178mに向け躯体構築開始

広島市中区千田町の旧広島大学本部跡地では、「ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクト」として
三菱地所レジデンス他、10の企業グループによる再開発プロジェクトが行われています。

プロジェクトの全体名は「hitoto広島」と名付けられ、2017年10月8日には街開きが行われました。
敷地内ではすでにカーディーラーや学生・留学生向け賃貸住宅などが完成しており、
現在は、残る「hitoto広島 The Tower」の建設が行われています。
2020年4月の竣工を目指す高さ178.08m、地上53階、免震構造の分譲マンションです。

【公式】:hitoto広島|人とまなび、人とあそぶ街を。

【公式】:hitoto広島 The Tower|広島大学本部跡地に誕生するタワーマンション


完成イメージ(上記公式サイトより)

 

前回の状況です。

広島市中区千田町の旧広島大学本部跡地では、「ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクト」として 三菱地所レジデンス他、10の企業グループによる再開発プロジェクトが行われています。
スポンサードリンク

 

久々の更新となりました。
東千田公園北側、国泰寺交差点付近から。

右手の2棟のビルは、トータテの分譲マンション「広島Garden*Garden」のノースタワー(地上100m・32階建て)とサウスタワー(地上74m・24階建て)です。

 

画像では左側、方角では南側に建設されるのが「hitoto 広島 The Tower」(地上178m・53階建て)です。

ご覧のようにタワークレーンが設置されたことが確認できます!

 

北側からの公園内園路から。

 

園路とは言っても元々は、広島大学構内の通路です。
被爆建物である旧理学部1号館は、建物の正面部分のみ保存されることになっています。

 

タワークレーンは地上に固定されたマストクライミング式のものが、建物西面と東面にそれぞれ1基設置されました。

 

 

すでにマンション躯体も3~4階程度まで構築されているのが分かります。

基礎免震構造であるため、地盤改良と基礎工事の期間が長かったですが、いよいよ広島第2の高さに向け、これから上に伸び始めます。

53階まですべて分譲住宅に供される建物で、単独のマンションとしては広島一の規模となります。

 

「hitoto 広島 The Tower」は2020年4月の竣工予定です。

都心とは思えないほど緑豊かです。

15 comments

  1. 通りすがり・ネオ Reply

    このタワークレーンって西バイの広島市方面出口(新観音橋東詰)からよく見える。
    このマンションが完成したら広島市に向かい西バイから降りる人たちの前に大きくそびえるように見えるんだろうな。

  2. 社会系 Reply

    広島駅Bブロック(52階)は、骨格部分は、1週間で1フロア完成していたので、
    hitoto広島TheTower(53階)も、同様なペースで完成するでしょう。
    これから、建設が進み階が高くなる記事をブログで配信されることを楽しみに待っております。

  3. かんおん Reply

    ついにですね。
    これを契機に、広島でもタワマンをバンバン建てて欲しいものですね。
    とくに観音地区は飛行場撤去により、大幅に高さ規制が緩和されましたので、
    期待しています。ネギ畑も多く、土地は沢山あります。

  4. 誰かさん Reply

    緑が沢山あって素敵ですね〜。
    川沿いにもタワーマンションが増えて、遊歩道とかオープンカフェとか整備されたら、いいのになぁ。

  5. サンフレッチェ大好き Reply

    今回の災害で山下での生活の危険性が改めて再確認された。人口の多い広島市内は必然的にマンションの高層化は避けられないし交通網の整備も合わせて市内平地部の都市再開発を急ぐ必要がありますね、もう山関連の災害は見たくないです悲惨すぎます。莫大な砂防ダム建設費用、河川工事費用は本当に防災に役に立つのか?人が危険な場所から遠ざかるべきか行政の方向性を示す時期ではないのかな。

  6. むーばす Reply

    広島市の旧市街に残された数少ない安らぎの場所。
    そのど真ん中に建設中なのが高層分譲マンション
    というのは改めて考えても残念でなりません。

    この場所は広島大学の長い伝統に裏打ちされた
    市民にとっては財産とも言える神聖な場所のはず。
    欧米のどんな町にもその土地を代表する大学が、
    市民生活と密接に繋がりつつ存在を発揮している。

    今回の計画ではマンション以外は既に完成して
    稼働しているのだと思いますが、市民に人気の
    誰もが誇りに思える文化教育的なスポットとして、
    当初のプレゼン通りの成果を挙げているのでしょうか?
    私にはどの施設もある意味高層大規模マンションの
    付帯施設としか映りませんでした。

    本気で「知の拠点」再生を考えるのなら、国有地に
    広島ならではの研究を推進する新国立大の誘致を
    行うなど思い切った戦略が必要ではなかったでしょうか?

    福岡市で進められている九州大学の移転跡地利用の経緯
    を見るにつけ、広島はあまりにも安易な展開だったの
    ではないかと思います。今から言っても遅すぎますね。

    • オッス、オラ、全斗煥!

      むーばす氏

      結果論なら何とでも言えるんですよ。
      広大を追い出したのは他でもない地元住民です。学生運動が激しすぎて産廃処理場か原発並の扱いでしたから。
      その文句は当時の市民に言うのが適切ですよ。

  7. まさし Reply

    まあ、むーばすさんの気持ちもわかりますが、決まって動いている以上仕方ないですね。
    その時その時の事情で選択肢はなかったのでしょう。今後の開発にはもっと期待できるものでお願いしたいですね。

  8. ヲウヲ Reply

    近所の鷹野橋商店街が活性化すればいいのだけど。
    けっこういいアーケード商店街なので、このままではもったいないです。

  9. まめ Reply

    立地や敷地の問題を無視して鼻を膨らませてもね。
    福岡のことだってそんな大した内容じゃないし、大言が予定通り行かないのは世の常。
    知の拠点と千田町の賑わい作りを考えたら、まあ悪くはなくそんなものでしょ。
    どこかのようにイオンモールになったほうが良かったかしら。

  10. ひろだい Reply

    九大の跡地もマンションだったけど
    裁判所関係の施設も併設だけど
    広島大も可能な限り学ぶ施設は残してるんだから良いとしないと

  11. 千田町民 Reply

    未だに広大って移転したんでしょ?っていう人が多い。
    千田町にも残ってるよと言うとビックリされる。
    紆余曲折あったけど、人口が増えるマンションは大歓迎

  12. もみじ Reply

    東千田キャンパスは放送大学、夜間部、法務研究科くらいだけどね。

    サンフレさんの意見にすごく同意できるわ。さっき広島の有効求人倍率が東京に次いで全国2位になったと報道があったけど、広島の場合経済の活力もあるけどそれよりも大きいのはそもそもの人手不足があるからなあ…
    かといって今までのように山間部の宅地開発ばかりでは、大雨災害にさらに貧弱となっていくだけ。これ以上悲しい話を増やさないためにも、都心高層マンションの拡大は広島経済にとっても、住民の安全にとってもいいのもになるはず。加えて、宅地開発の方にも制限がかけられるようになればいいけどね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。