JR広島支社の移転先駐車場が廃止 新しい10階建て支社ビルを来年1月着工へ!

JR西日本は、広島駅北口にある同社広島支社を移転させ
跡地を数年かけてオフィス・商業などの複合再開発する方針を明らかにしています。
移転先は現在の建物から西に約300m離れた、新幹線と在来線に挟まれた大須賀町のJRが所有する駐車場であることが報じられました。

2020年春に完成した後、順次機能を移転させ跡地の再開発を目指します。

JR西日本から、広島駅周辺の不動産開発に関する興味深い発表がありました。 コメントでも複数教えていただいております。いつもありがとうございます。 JR西日本は広島駅北口の正

 

5月に現地を確認して以来、5ヶ月ぶりに見に行ってみたのでご紹介します。

JR西日本は先月、広島駅北口にある広島支社の機能を移転させ 数年かけて跡地をオフィス・商業などの複合再開発を行うことを明らかにしました。 新しい支社ビルは現在より西側の新幹
スポンサードリンク

新支社ビルの建設予定地。

青が現社屋、赤が新社屋です。

 

新幹線高架付近から、建設予定地の様子です。

画像左は線路の南北を繋ぐ駅西高架橋。奥のJR在来線線路と直角に交わり、その交点に隣接するのがこの建設予定地です。

 

敷地はJRが所有する、「広島駅第一新幹線パーク&ライド のぞみ専用駐車場」として運用されていましたが、
9月28日をもって廃止されていたことが分かりました。

 

現在はもう入れないようになっています。

 

そして、付近のフェンスに「建築計画のお知らせ」を確認!!

新しい支社ビルは地上10階建て、延約1万5,000平方メートルの規模になるようです。
高さと階数にしては延床が大きいです。建築面積からしても、かなり胴回りの大きいビルになるようです。

北口駅前の二葉の里地区に広がる低層の建物群や、現在駅ビルの中にある車掌事務所もここに統合します。
まさしく限られた土地の高度利用です。

現支社ビルは、東西幹線の県道84号から北側の二葉の里地区内の街路までを占めるかなりまとまった土地です。
広島駅とペデストリアンデッキですることも想定されることから、ここから広テレや未開発地のある西側や、オフィスが集まる若草町・光町といった東側を繋ぐ、回遊性を確保するような構造を持った再開発ビルになることを期待したいです。

新しいJR西日本広島支社は、2019年1月着工、2020年春の竣工予定です。


(2018年5月撮影)

5 comments

  1. 社会系 Reply

    高架道路沿いに、10階建てのオフィスビルが建設されれば、
    通行中に、これまでになかった都会的な雰囲気が出るのではないでしょうか。

    延約15,000㎡ということは、エディオン広島本店(本館・新館)と全く同規模です。
    これだけの存在感があるビルであれば、現在の支社に建て替えでもいいくらいです。
    新しく、低層ビル地区に建設されて、尚且つ、現在地には別の超高層が予想されます。

  2. TNT Reply

    投稿お疲れ様です。
    空きがあったのに満車表示だったから何か動きがあったのかなと思ってたら案の定。跡地開発のためにも早急に完成させてもらいたい。

  3. 地元民 Reply

    これ密かに完成が楽しみなビルです。
    上大須賀町は新幹線と山陽本線に挟まれて駅が近い割に交流が限られたこう言っては何ですが、正直あまりパッとしないエリアです。
    これをキッカケに上大須賀町もオフィスやホテルの充実したエリアとして西へと再開発を期待したいです。
    またエキニシにつながる飲食エリアとして面的な広がりがあればもっと駅周辺に活気が出ると思うので今後がとても楽しみです。
    このエリアがビジネス街になれば飲食店もそれ相応の供給が必要ですしね。

  4. ああ Reply

    現支社ビルの土地の再開発は、将来の広島の発展にとって重要ですから、市や県も
    積極的に関与すべきでしょうね。 コンベンション施設や国際会議、コンサートができる
    大ホールがほしいですが、新井口に展示場をつくる構想があるので、サンプラザ移転も
    いいのかもしれません。あとは広島のビジネスの拠点性を高めるためのオフィスの集積、
    まだないリッツカールトン、フォーシーズンズのような富裕層旅行者向けの外資系ホテル。
    マツダミュージアムが移転すれば、もっとメジャーな観光スポットになる。そういう施設が
    超高層の複合ビルで建設されればいいですね。 駅周辺や紙八の今後の活性化には、
    観光にしてもビジネスにしても、集客施設をつくるとともに、高額消費が期待できる
    富裕層を、できるだけ取り込むことがカギになってくると思います。

  5. むーばす Reply

    いよいよJR西広島支社ビルの建設計画が動き出しましたね。
    これをもって広島駅周辺大改造計画の第二幕が始まった
    という感じがします。エキキタの広島駅正面という好立地
    の開発と、それに続く広島駅ビルの建て替え計画。

    すでに生まれ変わった広島駅内部と、今度はその南と北の
    正面玄関が大きく様変わりすることで、広島駅が名実とも
    に変化をしたことを来訪者に印象づけることでしょう。

    駅ビルとともに東郵便局も建て替えが行われることで、
    開発が遅れている広島駅西方の開発にもつながります。
    特にエキキタは敷地面積も広く、中四国を代表するような
    新施設の誕生が実現出来れば、きっと広島の中枢性も
    上がってくるのではないでしょうか。

    そのためには皆さんも書かれているような、西日本規模の
    集客施設、具体的にはコンベンションやイベント、コンサート
    などが開ける大型のアリーナみたいな施設が出来ればいいですね。

    以前、カープ観戦の帰りに新幹線に飛び乗った事があり、実に多く
    カープユニを着た人々が利用しているのを見てびっくりしました。
    広島駅周辺にスタジアムが出来たことは予想以上に広域の
    集客が確実に生まれてきているようです。新幹線の威力を感じます。

    エキキタにも是非同様に山陽筋の広域からでも来たくなる様な
    魅力あるコンテンツが披露される場所であって欲しいと思います。
    今後のJR西その他の動向に一段と期待をしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。