広島高速5号線建設工事 <中山地区・高速本線編> 2018.10 進む下部工事 ランプも形に!

広島高速5号線は、高速1号と2号が接続する東区温品の「温品ジャンクション」から、広島駅北口の二葉の里地区を結ぶ約4.0kmの都市高速道路で、
2021年3月の完成を目指し工事が進められています。
開通すれば、広島高速1,2,5号を介して広島駅と山陽自動車道が専用道路で繋がり
空港リムジンバスをはじめ、広域アクセスの利便性が大きく向上することが期待されています。

1.8kmがトンネル区間となっており、中山地区側から0.4kmは山岳トンネルでは一般的な「NATM工法」が用いられますが、
広島駅側から1.8kmはトンネル直上への住宅の地盤沈下防止のため、都市部などで採用される「シールド工法」が用いられます。

【広島高速道路公社】:広島高速5号線及び関連道路路線図

通常であれば1地区1記事に収めるところではありますが、
今回は区間の途中にあり高速の付帯工事でもある「中山踏切」の立体化に関して大きな動きがありましたので、
<中山地区・踏切編><中山地区・高速本線編>の2回に分けてご紹介いたします。

この記事は<中山地区・高速本線編>です。

広島高速5号線は、高速1号と2号が接続する東区温品の「温品ジャンクション」から、広島駅北口の二葉の里地区を結ぶ約4.0kmの都市高速道路で、 2021年3月の完成を目指し工事が進

前回、2018年2月の状況です。

広島高速5号線は、高速1号と2号が接続する東区温品の「温品ジャンクション」から、広島駅北口の二葉の里地区を結ぶ約4.0kmの都市高速道路です。 この内、1.8kmがトンネル区間と
スポンサードリンク

商業施設「フォレオ広島東」からトンネル・広島駅方面を眺めます。

目の前は「博多総合車両所 広島支所」。新幹線の車両基地です。
ついに、車両基地内に橋脚が姿を現しました!

 

北側から。

 

N700系や700系レールスターが休んでいる上空に、道路橋が造られようとしている、なかなかアツい光景ですね。
新幹線の線路の上空ということで、施工性を考慮し「やじろべえ式」に両側にコンクリートを張り出していく工法がとられるようです。

 

新幹線車両基地から西に進み、中山小学校前から振り返りました。

車両基地を通過し終えてすぐの場所にも橋脚が建っています。
将来、真っすぐな高架橋がここを貫くことになります。

 

車両基地そばの橋脚、こちらは民家が立ち並ぶ地区に突如巨大なコンクリートが現れます。

柱と桁の境目は「免震支承」となっており、地震時はスライドして橋桁の負荷を抑えます。

 

上の住宅街の橋脚から橋桁がつながる、中山小学校南側。

 

以前までは真っすぐ歩道橋の方に上がる道がありましたが、橋桁工事、中山川付け替え工事、踏切立体化工事諸々のため、迂回路に切り替わっていました。

 

昨日取り上げた中山踏切付近です。

 

広島高速5号線は、高速1号と2号が接続する東区温品の「温品ジャンクション」から、広島駅北口の二葉の里地区を結ぶ約4.0kmの都市高速道路で、 2021年3月の完成を目指し工事が進

29日月曜日から踏切とそれに取りつく県道が新しいものに切り替わっています。
南側矢賀駅方面からの市道が離れた場所に接続するようになったことでどのような影響があるか気になっていましたが、
現在までにいただいたコメントによると、以前よりも渋滞が悪化しているとのことです。
「以前より20分も余分にかかるようになった」という声も。教えていただきありがとうございました。
定着するのに少し時間がかかるとはいえ、それを差し引いてもこれは悪くなっているようですね。。。
立体交差の供用開始まではまだ長いですから県警と協力して事故が起こらないようにしなければなりません。
私もまた現地に行ってみます。

 

さて、高速道路の本線予定地に沿って、トンネル坑口に近づいていきます。

高架橋から盛土に切り替わる部分です。この盛土の両脇はトンネル方面とのハーフインターになります。
撮影している場所は交差点になりますが、路盤が整えられ舗装工事がもうすぐ始まりそうです。

 

ランプの進入路と本線を横目に、道路の北側を山の方に上がっていきました。

 

見上げるほど高い場所にある公園の近くまでやってきました。
ここは前回取材時に、あの公園から撮影場所まで工事用の足場を使った仮設階段が設けられていた所です。

 

ここから奥(山側)の整備が進み、擁壁に沿った本設の階段が設けられたため、
あの凄まじい階段は姿を消していました。

 

その階段付近から、振り返りました。

画像左奥に高速道路の高架橋が見えていますが、ほぼあの高さのままトンネルに入っていくので、撮影場所から見てかなり低い場所に本線が通っていることになります。

 

こちらがその本線です。

 

この時一人で結構興奮してました(笑)
トンネルの出入口にあたる部分、綺麗に坑口のアーチの印が描かれています!

ちなみに、シールドマシンによる掘削は広島駅から1.4kmの区間で、
この撮影場所から400mは一般的な「NATM工法」で掘削されていきます。

 

先ほど下から見ていた跨道橋へ。

 

 

 

トンネル工事のため、既存の道路が付け替えられ新たに架設された跨道橋です。
「広島高速5号線」という銘板も取り付けられていました。

 

ここから見下ろす、高速5号温品方面が最高でした。

 

盛土部分はすでにアスファルト舗装も行われた状態です。
これまで紹介してきた、中山踏切を通過する芸備線、車両基地の橋脚、そして温品ジャンクションの方まで見ることができます。
開通の見通しも立ち、本当に現実のものになる実感が湧いてきます。

 

ここは開通後も、特に夜など撮影しがいのあるスポットになりそうだな。

広島高速5号線は、2021年3月の完成予定です。

14 comments

  1. まつ Reply

    新幹線車両基地の橋を通行中に、車両基地が見えるような設計にして、広島らしさをだしてほしい。

    また、中山地区は都市高速らしい景観なので、非常に楽しみです。アップダウンとカーブこそ、日本の都市高速の醍醐味です。5号線が4車線になれば、かなりの都会的景観が期待できます。

  2. ラット Reply

    雨の日はいつもより早く起きて出発する。
    事前にわかってた工事が始まれば、その分早く家を出る。
    まともな大人として、あったり前の事だ。

    街の発展のためにみんなで少しづつ協力する。

  3. 神宮寺龍之介 Reply

    新幹線基地の橋脚のインパクトな大きいですね。
    二葉山トンネルが追加費用の問題でトラブってますが、工期への影響が無いように解決して欲しいモノです。
    トラブルに至った経緯にはゲンナリする気分です。

  4. なかやまん Reply

    暫定片側1車線の開通予定でしたっけ?
    予算もあるでしょうが、どうせならトンネル部分だけでも
    フルの状態で建設して欲しかったですね。
    将来的にまた同じようにトンネルを掘る方が、
    結果的に予算が多くかかる気がします。
    それとやはり心配なのは渋滞。
    あけぼの通りの車が減る分、
    こちらが渋滞しそうな気がします。

    • Shima@北海道

      当面は片側1車線の筈です。
      もう1本となりにトンネルを掘れるように、トンネル入口付近の
      切通部分の幅は準備されているのでしょうか?本文中の下から2枚の画像を見る限り、広島駅方面へのランプの設置予定地が、そうではないように見えるので、ちょっと心配です。
      まさか、ずっと片側1車線のつもりなのでは?と・・・

  5. グス Reply

    マンションのイラストを見ると
    広島駅方面からの大内越峠から、右折すると中山踏切のアンダーパスですね。
    右折せずに真っ直ぐの道の先は立ち退きですね。
    ご協力ありがとうございます。

  6. サンフレッチェ大好き Reply

    完成が待ちどうしです。ただ広島駅北口の車混雑は大丈夫なのかな?IKEAも中止になったわけではありませんし。

  7. まあ Reply

    イケアは本当にどうなっているのか?まさかこれから先10年以上塩漬けにするつもりじゃないよね?
    広島駅北のほぼ一等地でそんなことされたらせっかく盛り上がってきた駅周辺の賑わいに水を差すことになる。返す返す市の契約が甘かったと言わざるを得ない。何故事業化までの年数制限を付けなかったのか。市担当者は猛省して欲しい。

  8. 中区民 Reply

    広島空港アクセス鉄道、断念とのことですが非常に残念です。
    JRが新幹線と競合になる航空機の手助けをしないというのは仕方がないことなんでしょうか。
    県が独自に土地買収で鉄道を敷くというのみも現実的ではないため、
    このような結果になったんでしょうが、あまりにも広島空港が遠すぎるということですよね。
    1993年に西区観音から移転した際にはリニア鉄道でなんて構想もあったわけですが、
    移転を推し進めた派の人たちは今何を思うのだろう。
    リムジンバスだけでは限界があります。ただ採算が合わない。
    うーんなんだか歯がゆいですね。

    • オッス!オラ、全斗煥!

      まず、新幹線と飛行機には4時間の壁というものが存在します。その4時間のボーダーラインがちょうど広島なんですよ。
      他の都市の場合、新幹線が無いかあってもドル箱の東京までが時間がかかりすぎる、もしくは東京への路線が元々存在しないので、飛行機の東京線と鉄道がライバル関係に無いので空港アクセス鉄道は利にかなっているんです。でも広島の場合は競合関係にあるので、新幹線に乗って欲しいJR西日本が飛行機に乗せるための空港アクセス鉄道に協力するとはとても思えないのです。
      あるに越したことは無いけれど、現状では厳しいでしょうね。

    • 神宮寺龍之介

      空港移転は妥当な判断だったろうと思います
      沖合への延長を行っても並行誘導路がない状況には変わりなく、増便に応えられたかは不明ですし、
      騒音問題から夜間の運用は現在以上に制限される可能性も容易に想像できます。

      山陽道が事故でリムジンバスを運行できなくなった際の予備ルートの整備といった
      冗長性確保の努力はしてもらいたいところです。

  9. まさし Reply

    空港の位置に関してはいろいろな力が働いていると思いますね。
    なんせ、CatⅢ導入前の広島空港の雨や濃霧による就航率の低さは皆さんご存知の通りだと思いますが、建設前の役人の文章には、「8年間に亘る天候調査の末、周辺において一番晴れの確率が高く、且つ霧も出ない最高の立地」 なんてレポートを見ました。正に結果ありきのデタラメ作文ですよね。開いた口がふさがりませんでしたw

  10. まさし Reply

    因みに最後3枚の写真の盛り土舗装部分は4車線分確保された道路幅になっているのでしょうかね?
    まさか2車線分だとその後の拡張は絶望的な形状に見て取れますが・・・・。

    あと、すれ違いかもしれませんが、こんないい方法が。
    広島にも良ければ適応してもらいたいですね。

    https://this.kiji.is/431661361253401697?c=39546741839462401

  11. 広島市民 Reply

    ふと思ったのですが、高速5号線開通により今より7分以上は空港まで短縮できるという記事を読んだのですが、
    その際のルートは高速5号~1号~広島東JCT~山陽道~広島空港というルートになると思われますが、
    現在アストラムライン中筋駅にてリムジンバス(平和大通り線 → 広島バスセンター → アストラムライン中筋駅 → 広島空港) や他の高速バスも停留してますが、
    大阪方面へのリムジンバスや高速バスでアストラムライン中筋駅経由は、減便するのでしょうか?
    そういった記事はまだ出てないような気もしますので、
    どなたか詳しいかた、いらっしゃったら教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。