広島駅南口Cブロック地区解体工事 2014.04(Vol.5.1)

一昨日更新したBブロックの記事と同じ日(今月始め)の広島駅前Cブロックの解体状況です。
同じく前回の更新からそれほど日にちが経っていないことと、当日の時間の都合により短縮版になります。
広島駅南口Cブロック地区解体工事 2014.03(Vol.5) 看板登場。着工日も明らかに
 
 
広島駅南口広場の中央からみたCブロック地区の西面です。
 
201404cblock1-3.jpg
 
これまで数十年、雑然とした外観がこちら広島駅の方を向いていましたが、とうとうこちらも防音シートで覆われました。
確認はしていませんが、現在では右側の看板もシートで覆われて解体が始まっているのではないかと思います。
しかしよくもまあ国際都市の中心駅に明らかにそぐわないであろう内容の看板がこれまで堂々と掲げられていたものですね…。
 
 
敷地南西側から。
 
201404cblock1-2.jpg
 
広島駅に面している部分ですから、ここの解体工事が進めば雰囲気も大きく変わるでしょうね。
 
 
こちらは同じ場所から敷地東側を。
 
201404cblock1-1.jpg
 
奥のほうではなお解体が続いていますが、手前の大州通りに近い方では基礎杭を施工する工事が始まっています!
一部分でいよいよ本体工事に入ったようです。
 
Cブロックは来週の月曜日、4月14日に起工式が行われる予定です。
これからの建設工事を見届けるのが楽しみです。
 
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅南口Cブロック地区市街地再開発事業

スポンサードリンク


 

5 comments

  1. たく Reply

    ようやく、南口がスッキリしましたね。Cブロックの建物は広告看板を含め全てシートで覆われていました。Bブロックの着工、広島駅構内の連絡橋改築と、目まぐるしい変化を遂げつつあります。連絡橋については、かつてGoogleマップで見ましたが、あり得ないくらい細いものでした。今は、連絡橋改築工事で、太く立派になりました。今後が大変楽しみです。

  2. MAKOTO Reply

    今日広島駅を利用する用事があったのでBブロック、Cブロックの周りを歩きましたが広島市の恥部の解体工事が進み、Bブロックでは東棟鉄骨が組み立て工事が行われていました。やっとですよ。何十年掛かったのでしょうか。嬉しい限りです。まあどちらかがホテルやオフィスビルだったらなとは思いますが今の広島の実力からみると仕方がないかと思います。何はともあれ今後の建設状況が楽しみです。このブログも毎日拝見し楽しみしてますよ。

  3. のーてんき Reply

    ネタとしては脱線しますが、大丸心斎橋店が建て替えになるそうです
    おそらく日本でも五本の指に入る近代建築物の最高峰が、ついに無くなる時が来るようです
    広島でもアンデルセン本店の建て替えの可能性がでてきてますし、
    近い将来には福屋八丁堀本店、旧日銀広島支店、幟町教会、平和記念資料館等も同じ様な問題がでてくるでしょう
     
    街を繁栄させるには、スクラップ&ビルドは欠かせないことですし、代謝により次の世代に引きつがれていくことも必要ですので
    古きよきものは消えゆく運命なのでしょうが、
     
    新しく産まれる建築物が、リーガロイヤルホテルのように、いつまでも市民に愛されるものであってほしいと思います。
    広島市の玄関口である広島駅周辺は、特にそう思います。

  4. たく Reply

    ついに、本日起工式に漕ぎ着けました。これで、広島駅南口のすべての再開発が着工となりました。あまりにも長く待たされました。広島の恥ずかしい場所がなくなったことが大変嬉しく思います。残るは、北口のIKEAの着工ですが、工事の工程は決まったのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。