高制度放射線治療センター(仮称)合同ビル 2014.05(Vol.1)

広島駅北口、二葉の里地区土地区画整理事業は3月末で完了となりました。
今回からは地区内の個別の施設ごとにレポートしていきます。
まずは広島県などが建設する高精度放射線治療センター(仮称)・地域医療総合支援センター(仮称)の合同ビルの建設状況です。
2015年秋の開業を目指し、2棟で延約1万2000平方メートルの施設が建設されています。
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:二葉の里土地区画整理事業(3街区)
 
ken_iryo-image.jpg
完成イメージ広島県ホームページより)
 
 
まずは敷地南西側から全体を見てみます。
 
201405ken_iryo-1.jpg
 
手前に7階建ての地域医療総合支援センター、奥の鉄道病院に近い方へ2階建ての高精度放射線治療センターが建設されます。
 
 
敷地南東の角からは仮囲いが透明になっており、中の様子を見ることができました。
 
201405ken_iryo-2.jpg
 
 
201405ken_iryo-3.jpg
 
埋め込まれた土留壁の内側がこのように掘り下げられています。
どちらの施設も地下1階が設けられる予定なので、基礎杭の設置が完了すれば地下の躯体工事へ入ります。
建物の竣工まではあと1年ちょっとです。今後も追いかけていきたいです。
 
同じ3街区内の北側には、広島県歯科医師会館が移転・新築されます。
建設時期は未発表ですが動きがあればその都度紹介します。

スポンサードリンク


 

1 Comment

  1. Pingback: 広島鉄道病院新築工事 2014.05(Vol.1) 建設工事に着手 – aND BUILD HIROSHIMA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。