橋上化されるJR廿日市駅 準備工事始まる

廿日市レポ、2つ目はJR廿日市駅の紹介です。
先日は昨年リニューアルされた広電廿日市駅の周辺を紹介しました。
バリアフリー化で生まれ変わった広電廿日市駅
 
まず廿日市駅周辺の様子を。
 
hatsukaichi-syuhen.jpg
JR廿日市駅周辺計画図廿日市市議・広畑裕一郎氏 HP資料より)
 
 
前回の内容と少し内容がかぶる部分もありますが、将来の動線を意識して国道2号線から進めていこうと思います。
2号線「廿日市港北交差点」から広電廿日市駅方向。
 
201405jr-hatsukaichi-7.jpg
 
上の周辺計画図を見ても分かる通り、将来はここが廿日市駅へのメインルート「街路廿日市駅通線」になります。
 
 
左手が2号線下り”宮島街道”の宮島口方面になります。
 
201405jr-hatsukaichi-8.jpg
 
この先に、現状廿日市駅へ向かう道と交わる「廿日市小学校入口交差点」がありますが、(ストリートビュー
新しい道路に比べると本当に細くて分かりづらいです。
 
 
廿日市港北交差点から廿日市駅通線を通り、広電廿日市駅方面へ向かいます。
 
201405jr-hatsukaichi-6.jpg
 
両方向の走行車線と右折車線合わせて3車線分は確保された道路です。
 
 
300mほど進むと広電廿日市駅に到着します。
 
201405hiroden-hatsukaichi-14.jpg
 
 
駅東側の踏切。
 
201405hiroden-hatsukaichi-6.jpg
 
前回紹介した通り、自動車はまだ通行できません。
廿日市駅通線の開通区間はここまでということになります。
 
 
今回はここからさらに北へ進み、JR廿日市駅を目指します。
 
201405jr-hatsukaichi-2.jpg
 
踏切からしばらくは、このように用地買収が済み空き地が続いています。
正面突き当りに白い横長の壁の建物が建っていますが、これが廿日市の市営駐輪場です。
あの辺りに「廿日市駅通線」から2つに別れる交差点ができるはずです。
 
 
その駐輪場の南側まで進みました。
 
201405jr-hatsukaichi-5.jpg
 
 
振り返るとこのような感じ。
 
201405jr-hatsukaichi-4.jpg
 
 
駐輪場を右手に、もう少し進めば現在の廿日市駅のロータリーが見えてきます。
 
201405jr-hatsukaichi-3.jpg
 
 
ロータリーから今来た方向を振り返ってみます。
 
201405jr-hatsukaichi-13.jpg
 
街路廿日市駅通線とは重なりませんが、それに伴う駅前広場整備事業により広場(ロータリー)の拡張や東西道路の整備が行われます。
目の前に見えている商店や住宅は立ち退きの対象になっているはずです。
左側の駐輪場ももちろん解体されます。
 
 
ロータリーを出入りする交差点から南側を見てみます。
 
201405jr-hatsukaichi-9.jpg
 
奥の踏切が、広電廿日市駅西側の踏切です。(画像
ずっと先に進めば、今回最初の方で紹介した2号線との「廿日市小学校入口交差点」です。
 
 
さて、駅前広場から現在の廿日市駅の駅舎です。
 
201405jr-hatsukaichi-10.jpg
 
改札内の跨線橋があるのみの地上駅です。北口はありません。
廿日市市は現在、南北自由通路を含む駅橋上化事業を実施しています。
【広畑裕一郎のがむしゃらブログ】:JR廿日市駅橋上化へ(28年度中の供用目指す)
 
jt-hatsukaichi-image.jpg
廿日市駅橋上化事業イメージ上記ブログ内資料より)
 
広電と同じくこちらも木を基調とした外観になりそうです。
駅機能の橋上化と自由通路の新設の他、駅の北口と公衆トイレの新設を行います。
平成28年度(2016年度)の完了を予定するとのこと。
準備工事はいよいよこの4月から始まりました。
 
 
広場の西寄りから。
 
201405jr-hatsukaichi-12.jpg
 
右手に仮設店舗のデイリーインが建っています。以前までは駅舎内の改札横にあったそうです。
 
201405jr-hatsukaichi-15.jpg
 
柵がしてある部分ですね。
そこには現在このような看板が掲示されていました。
 
201405jr-hatsukaichi-14.jpg
 
建築計画のお知らせです。本体の着工は今年の10月になるようですね。
 
 
柵の奥に見える現在の跨線橋。
 
201405jr-hatsukaichi-11.jpg
 
工事の中でこれも撤去される予定です。
広島近辺でこんなに趣きのある跨線橋は西広島くらいになりそうですね。
 
 
改札を通りホームに入りました。
 
201405jr-hatsukaichi-16.jpg
 
廿日市駅は線路は3線ありますが事実上2面2線の対面ホームです。
というのもこの中線は、上り線広島方面から下り線宮島口方面としか線路が繋がっておらずほとんど利用する場面がありません。
 
駅西側の踏切から撮りました。
 
201405jr-hatsukaichi-1.jpg
 
奥が広島方面です。
少し前までは宮島口方面からこの中線に入る渡り線が残っていたと聞きます。
快速がなくなった今、仮に残っていてもあまり意味はありませんが何だか勿体無い気もします…(笑)
 
 
話を戻しまして、下りホームの外の様子です。
 
201405jr-hatsukaichi-17.jpg
 
完成時にはここが、撤去される市営駐輪場の代替地になるようです。
現在はこのように仮事務所のようなものが組み立てられているところでした。
 
 
跨線橋を渡りながら最後の画像です。
 
201405jr-hatsukaichi-18.jpg
 
北側を見ています。
数年前は山ばっかりの光景だったのに、切り崩されて広大な平地になりました。
自由通路によって北口が新設される他、目の前の敷地には北口広場も整備されます。
「廿日市駅北土地区画整理事業」の一環です。こちらはまた次回詳しく紹介したいと思います。
JR廿日市駅の様子は以上です。
廿日市においては”よそ者”の立場ながら、街が生まれ変わっている経過を見るのはやはり面白いです。

スポンサードリンク


 

8 comments

  1. 新天馬 Reply

    僕は地元なのでこれから密着するつもりです!地元でもあるので楽しみです!仮駅舎ももうすぐ建てるらしいです。僕のヤフーブログでJR廿日市駅の工事の様子をお伝えするので、毎こう回廿日市まで行くのは大変でしょうから僕のブログをご覧ください! 勿論、ゆめタウン廿日市の工事も密着します。
    やはり地元なので楽しみです。

  2. たく Reply

    改札口にある広島地区名物?の時刻案内表示装置(白の幕式で一時間分まとめて表示)
    がなくなっていますね。LED案内表示装置も置いていないところがJR西クオリティ
    というか何というか・・・。
     
    向洋、横川、西広島、新井口、五日市、宮内串戸、阿品、宮島口、そして下関駅のい
    ずれもこの幕式でしたが、いずれもLED式に置き換えられています。ダイヤ改正毎
    に幕を修正しなければならないためだと思われます。全国でも貴重な存在が消えたの
    は残念でもあります。

  3. ころとぽ Reply

    廿日市駅から広島駅、白島新駅を見ながら行き帰りをしていますが、
    早速昨日から改札前のロータリーは白い壁に覆われて、警備員が案内をしていました。
    記事の写真からもがらりと雰囲気も変わってしまって駐輪場からは遠回りになってしまいました(笑)
    記事、twitterも楽しませてもらってます。どんどん完成していくのが楽しみですね

  4. Q-A Reply

    中線の上空をみればわかりますが、架線がないので電車は入線できませんよね。

  5. 鯉党α Reply

    >新天馬さん
    仮駅舎も建設するのですね。廿日市といえば新天馬さんですね(笑)
    ブログも読ませていただきます。こちらのリンクにも追加しておきました。
     
     
    >たくさん
    前は幕式でしたね。五日市駅を利用していた頃、ある日LEDに置き換えられていたのをよく覚えています。
    橋上化が完了すればもちろん設置されるのでしょうが、それまでは発車標が何もないのは不便ですね…
     
     
    >ころとぽさん
    ありがとうございます。今後とも宜しくお願いします。
    もう写真とは状況が変わってきているのですね!本当にあちこちで今後の変化が楽しみです。
     
     
    >Q-Aさん
    架線がないのは気づきませんでした(笑)
    本当に、中線はあってないようなものなのですね。

  6. blk Reply

    廿日市の話題なので、とりあえずこちらに書かせてもらいます。
    JRなど来月末、宮島口フェリー乗り場移動
    http://www.sankei.com/region/news/140918/rgn1409180032-n1.html
    宮島口の桟橋を埋め立てて整備するそうです。
    新旅客ターミナルの整備や観光バス乗降場所などを新設するらしいです。
    平成31年度完成予定。
    去年8月から工事してたそうな。知らなかった。

  7. MT Reply

    廿日市駅の中線ですが、かつては岩国側・広島側共に上り下り両方からの分岐になっていました。
    今は架線も撤去されていますが、かつては架線も張られていました。
    別のブログでは、この中線に停車する貨物列車の写真なども掲載されていました。
    今のような中途半端な残し方をした意味が全くわかりません。
    架線も無い今、この中線自体存続させる意味があるのかどうかも不明です。

  8. MT Reply

    私が30年以上前に撮影した廿日市駅構内での写真です。
    http://i.imgur.com/pQF87UI.jpg
    下りホームから上りホームに進入する急行荷物列車を撮影しました。
    見ての通り、中線から両方向へ分岐しています。架線も張られています。
    撤去された時期については不明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。