エネコム、二葉の里へ100億円投じデータセンター建設

先月20日、広島駅北口の二葉の里再開発地区5街区(約1.5ha)の一般競争入札が行われました。
大和ハウス工業・広島テレビ放送・エネルギアコミュニケーションズ(エネコム)の3社グループがこれに落札し、それぞれが2016年及び2019年までに施設を完成させることが明らかになっています。
二葉の里5街区の続報。ホテル・オフィスの詳細など
 
 
futabanosato_5-image.jpg
完成イメージ
 
 
futabanosato_5-image2.jpg
平面図
 
(画像は以下より。)
【中国財務局】:二葉の里地区国有地の二段階一般競争入札の結果について(PDF形式:681KB)
 
 
街区内の北側に建設されるデータ通信棟は2016年の稼働開始を予定しています。
建設するエネコムはビルの整備に約100億円を投じることが分かりました。
 
【中国新聞】:サーバー管理商機拡大 広島駅北 新センター
 
20140607futabanosato_enecom.jpg
(平成26年6月7日付 中国新聞朝刊紙面より)
 
 
ビルは免震構造10階建てで建設費は約100億円。
企業からサーバーを預かるデータセンターとして2016年の稼働を予定します。
二葉の里への進出を決めた理由として、浸水の恐れが少なかったことや2箇所の変電所から電力の調達が可能なことがあったようです。
 
この規模のビルで100億円というのは「お金かかってるな」と感じますが、
データセンターにとって安全性や確実性、信頼性は最も重要な要素であるということですね。

スポンサードリンク


 

3 comments

  1. 鯉党α Reply

    ありがとうございます。また記事として更新しますね(^^)

  2. たく Reply

    二葉の里に関連した北口広場の改装が始まっていますが、レイアウトが仮ではありますが、大幅に変更されていますね。特に観光バスへの乗車が大変危なかったので指摘をしておいたのですが、いくらかは対策が取られており安心しました。仮とはいえ、マイカーとバスの動線が分けられたのは好ましいです。

  3. Pingback: クラース八丁堀ザ・マーク 2014.06 – aND BUILD HIROSHIMA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。