中国労働金庫本店 新築工事 2014.06(Vol.3) 鉄骨組み立て始まる

稲荷町交差点に面する広島東署跡地に建設中の中国労働金庫本店の様子です。
市内に点在する関連事務所を集約します。
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:中国労働金庫本店
 
201406roukin-2.jpg
完成イメージ(出典:あい設計 建築実績
 
 
前回2回目のレポは4月に行いました。
中国労働金庫本店 新築工事 2014.04(Vol.2) タワークレーン登場
 
 
まず、完成イメージと同じく通りを挟んだ南側から全体です。
 
201406roukin-3.jpg
 
この記事のタイトルの通りでありますが、早くも地上部の鉄骨が姿を現してきました。
 
最上部は4階辺りになります。
 
201406roukin-2.jpg
 
 
201406roukin-1.jpg
 
このビルは免震構造を採用します。地下1階の最低部には免震装置が取り付けられています。(画像
 
 
道路を建設地側へ渡りまして西側から近づいていきます。
 
201406roukin-4.jpg
 
東側の壁面が飛び出たような特徴的な部分の鉄骨が確認できますね。
 
 
敷地の西側の路地に入っていきます。建物北西側から。
 
201406roukin-7.jpg
 
 
201406roukin-5.jpg
 
鉄骨がむき出しなのはかなり迫力がありますね。タワークレーンは完全に建物の中心辺りに建っています。
 
完成時におそらく駐車場になるであろう建物北側は作業ヤードとして使われていました。
 
201406roukin-6.jpg
 
建物の床(スラブ)でしょうか。大量に用意されています。
 
 
最後に、さらに北側に移動して全体を収めました。
 
201406roukin-8.jpg
 
高さは西隣に立つ「ザ・パークハウス広島駅前通り」(約60m)とほぼ同じ、55.5mにまでなります。
来年3月の竣工予定です。
 
 
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:中国労働金庫本店

スポンサードリンク


 

4 comments

  1. カッツー Reply

    少し話題がずれますが、パルコ本館北側にできていた空き地はどうなったのでしょうか?

  2. あぱぱ Reply

    これもタイトルとは別件ですが、アパホテル広島駅前大橋プロジェクトの設計コンペ最優秀案が、日企設計の811室だとか。予想より大きなものになるんですかね?

  3. きゆう Reply

    あぱぱさん
     
    アパグループのとあるページを見ますと・・・
    http://www.apa.co.jp/acc/event/
     
    8月に、“(仮称)AH〈広島駅前大橋〉起工式(787室)”という記載がありますね。
     
    811室よりは少し少ないですが、いずれにしてもかなり大規模なホテルになるのではないでしょうか。

  4. 鯉党α Reply

    >カッツーさん
    GAパートナーズが管理している土地でしたら、未だ動きはありませんね…
    ちょくちょく通りながら確認していますが、相変わらず自社の看板が設置してあるだけでした。
     
     
    >あぱぱさん、きゆうさん
    最初に情報が出た時は600室以上と書かれていたので、どちらにしろそれより大きなものになりそうですね。
    この後記事にさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。