広島橋上駅新築他工事 2014.09(Vol.39) 1番のりばホーム階段がお目見え

広島橋上駅新築他工事(広島駅改良工事)は現在の跨線橋に代わって幅15mの自由通路を建設し、橋上駅舎と商業施設を新設する巨大プロジェクトです。
西側のコンコース部分は、11月2日から供用が開始されます。
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅改良工事(広島橋上駅新築他工事)
 
前回は8月末に訪れたのでほぼ半月前です。
広島橋上駅新築他工事 2014.08(Vol.38) 化粧板、信号装置など
 
 
まず一番変化が見られたのはこちらでしょうか。1番のりばへ降りる階段の様子です。
 
201409hiroshimaeki1-8.jpg
 
 
201409hiroshimaeki1-9.jpg
 
真っ白な箱のようになりました。
天井には明かり取りとなる窓が設けられています。
線路側の側面には窓が2つ取り付けられるのみですが、等間隔に角波の入った鋼板が並べられていてかなり綺麗な印象でした。
階段より外側(線路側)を覆うホーム屋根もまもなく取り付けられそうです。
 
 
こちらは2番のりばから撮ったもの。
 
201409hiroshimaeki1-1.jpg
 
先月搬入されたエスカレーターに緑色の縁のステップが取り付けられていました。
広い階段と今より高い天井でかなりゆとりのある空間になりそうですので、内装の仕上げにも期待したいですね。
 
 
 
続いてホーム屋根の状況を。
 
201409hiroshimaeki1-2.jpg
 
こちら4・5番のりばでも天井の化粧パネルの取り付けが始まりました。
これまでだいたいどの作業でも新幹線口側の7・9番のりば→1番のりばという工程で進んできましたね。
 
長いタイプのLED照明の設置も進んでいます!
 
201409hiroshimaeki1-15.jpg
 
撮影場所は橋上駅舎の乗り換え通路部から自由通路のある東側に向けて少し天井が低くなるポイントです。
 
 
その低くなるポイントの7・9番のりばの様子です。
 
201409hiroshimaeki1-4.jpg
 
低くなること自体はあまり気になりませんね。
それよりも、かなりの範囲で化粧板が整い、雰囲気はますます完成に近づいています。
 
 
ここから階段・エレベーター方向。
 
201409hiroshimaeki1-5.jpg
 
こちらにも長い蛍光灯タイプのLED照明は取り付けられていますが、四角く開いた穴にはまだなにもありませんでした。
 
 
同じ場所を4・5番のりばから見たものです。
 
201409hiroshimaeki1-3.jpg
 
独特な新しいホームの雰囲気がありますね。天井の化粧パネルは橋上駅舎の端よりも5mほど外側まで続くようです。
本体から飛び出していた鉄骨の部分ですね。(画像
そして地面は元の舗装がすべて剥がされました。新しく舗装し直されるようです。
電車内から見ると4・5番のりばの西側(岩国寄り)では嵩上げの上、アスファルトによってすでに舗装されていました。
橋上駅舎の下だけでもタイル舗装になると嬉しいですな。
 
 
9番のりばに停まる芸備線と天井を。
 
201409hiroshimaeki1-6.jpg
 
確証はありませんがおそらくこの9番のりばのみ、天井の端がこのように2段になっているのが分かりました。
ディーゼル車の排煙を吸い込むダクトがあるためだと思われます。(画像
 
 
内側から見ると、まるで厚みのある天井の上半分がせり出しているように見えてかなりイイカンジでした。
 
201409hiroshimaeki1-7.jpg
 
 
 
 
改札を出ます。新幹線口の屋上から。
 
201409hiroshimaeki1-14.jpg
 
第Ⅰ期工事の躯体はほとんど完成したのでここから見える変化はそれほどありませんね。
 
 
広島駅東側の愛宕陸橋から撮りました。
 
201409hiroshimaeki1-10.jpg
 
 
201409hiroshimaeki1-11.jpg
 
1番のりばの階段ができて、現在の跨線橋と新しい駅舎の高さが全然違うことに驚きました。
新通路には飲食店やトイレなどができますから床下に配管を行わなければならないはずですが、現在の跨線橋とは床の高さは同じなのでしょうか?
新幹線口とはフルフラットで接続されるはずですが…。
 
 
 
最後に、こことは真反対となる広島駅北口の西側、「駅西高架橋」付近から望遠で駅舎を撮影してみました。
 
201409hiroshimaeki1-12.jpg
 
天井が高い通路部分に加え、店舗部分の外装も見えるようになっていました。
最初に紹介した1番のりばの階段と同じように、波板と通常の鋼板が等間隔で並んでいます。
通路のハイサイドの窓からは、黒い横スリットの入った天井の化粧板が見えますね。
広島駅新通路は長さ90m・幅10m。計画の変更点など
 
楽しみが膨らむばかりです。
 
 
おまけで、前回失敗した、ホームのエスカレーターから新通路を見上げた様子を。
 
201409hiroshimaeki1-13.jpg
 
上がって左に折り返した所が中央改札口になります。
ここは自由通路から連続する「折り」の装飾が天井に施されるようです。
 
 
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅改良工事(広島橋上駅新築他工事)

スポンサードリンク


 

6 comments

  1. 元鉄 Reply

    毎度のレポートお疲れ様です。11/2の新跨線橋の供用開始が今から楽しみです。
     
    予想していた以上の出来栄えに驚いています。屋根の化粧板は”理想”でしたが、新大阪駅と
     
    同様のデザインになりそうで嬉しい限りです。階段、エスカレター付近だけでもタイル張りも
     
    お願いしたいところです。上から6枚目の画像を拡大して気付きましたが、ホームの石積みと
     
    コンクリートブロックがモルタル?のような物でならされていませんか?? 岡山駅のホーム
     
    と同様に綺麗に美装化されるのでしょうか? 

  2. blk Reply

    いつもレポート有難うございます。
    全く、何処の都会の駅ですか(笑
    想像以上に格好良いデザインです。1階の階段が遂に屋根がつきましたね。
    愛宕陸橋からの見ると、本当に2階建てになってる錯覚がしますよね。
     
    >現在の跨線橋とは床の高さは同じなのでしょうか?新幹線口とはフルフラットで接続されるはずですが…。
     
    ですよね。床下を大きく取っているのかもしれません。
    しかし、跨線橋の下に来てもそんなに圧迫感が無い。
    元の跨線橋は意外と高度が有ったのかも。

  3. blk Reply

    6枚目、確かにホーム下の目地が処理されている様にも見えますね。
    しかし左側見ると、昔べったり塗ったのが剥げているようにも見えるし、
    光の加減か、近くで見ないと判断が難しいですね。

  4. blk Reply

    7番ホーム天井に設置されていたあの細長LEDライトが19日には点灯してました。
    かなり立ち入り可能な範囲が広がってますね。
    エレベーター入り口も見れます。
    9番ホームの緊急通報ボタンが天井からの四角の穴からケーブルが出て伸びているという仮設状態になってます。

  5. 鯉党α Reply

    コメントありがとうございます。
    6枚目の画像のホーム下のブロックですが、おそらく前からこのような状態だったと思います。
    退避スペースもなく見た目もかなり古そうに感じますよね。
    贅沢は言えませんが、ここも綺麗になればさらに良くなりそうですね。
     
    blkさんに教えていただいて早速昨日見て参りました。
    ホーム上はいよいよ照明も稼働を始めて部分開業の足音が聞こえてきましたね。

  6. blk Reply

    まさに、カウントダウンが始まってますね。
    本当にいよいよという感じになってきました。
     
    旧跨線橋ももうすぐ見納めになってしまいますので、今のうちに撮りました。
    新跨線橋に切り替わったら、田舎から出てきた人モードで、
    あちこちスマフォで撮りまくっているかもwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。