広島駅南口Bブロック再開発工事 2014.09(Vol.21) タワークレーンなど

201409bblock-9.jpg

 
 
 
 
Bブロックは中四国で最も高い52階建てタワーマンションや商業施設などを含む、広島駅前の大規模再開発事業の一つです。
現在は第1期工事として西棟と東棟(一部除く)の建設が行われています。
2014年の終わり頃に東棟の大部分が完成する予定で、敷地内で営業を続けているパチンコ店はそちらに移転して残る建物の建設が行われる計画です。(2段階施工概要
全体の竣工は2016年6月の予定です。
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅南口Bブロック地区市街地再開発事業
【住友不動産】:シティタワー広島|52階建て最高層免震タワー|
 
前回はほぼ1ヶ月前に訪れました。
広島駅南口Bブロック再開発工事 2014.08 (Vol.20) 東棟、南端まで届く
 
 
前回20回目の更新の後にほんの少し紹介しましたが、西棟の建設地にタワークレーンが設置されました。
 
201409bblock-10.jpg
 
 
 
 
駅前大橋の南側から。
 
201409bblock-4.jpg
 
アーバンビューグランドタワーの高さを塗り替える高さ193m、地上52階建てのビルの地上部分の建設が始まります。
 
 
東棟の様子です。
 
201409bblock-1.jpg
 
かなりボリュームを感じます。
 
 
南側の猿猴川から。
 
201409bblock-3.jpg
 
第1期の鉄骨建方はほぼ終わり、これまで鉄骨が見えていた手前の面まで足場とシートで覆われました。
 
 
南側の搬入口からコンクリートのスラブが見えています。
 
201409bblock-2.jpg
 
 
 
 
エールエールA館の屋上へ移動しました。
 
201409bblock-5.jpg
 
タワークレーンは敷地北側の歩道ギリギリの所に建っています。
クレーンのマストは、店舗などが入る西棟低層部は建物の内側、スリムな高層部(だいたい10階より上)は建物の外側になるのではないかと思います。
 
 
西棟の敷地全体です。
 
201409bblock-6.jpg
 
中心に四角い穴が空いています。ここは地下1階から地上11階(免震層の下)まで住居者向けのタワーパーキングとなる予定です。
192台収容します。
 
 
銀色に見えているのは西棟の1階の床を構成するスラブデッキです。
 
201409bblock-8.jpg
 
この上にコンクリートを流し込むため多くの鉄筋が配置されています。
 
 
タワークレーン付近。
 
201409bblock-7.jpg
 
 
 
 
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅南口Bブロック地区市街地再開発事業

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

2 件のコメント

  1. おつか 返信

    これから徐々に徐々に高さが増していくのを思うとすごいワクワクします!
     
    しかし、確か来年はプロ野球オールスターがマツダで開催されますよね。全国から広島にこられる方々にできたらB.Cブロックが完成した綺麗な駅前を見て欲しかったです(笑)
    来年の夏だとそんな進んでないような、、

  2. 鯉党α 返信

    >1さん
    ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします(^O^)
     
     
    >おつかさん
    来年のオールスターはマツダなのですか!?
    開場時にやったばかりなのでしばらく無いだろうと思っていましたが…
    それでなくても、交流戦もありますし広島駅前の変化を多くの人に感じていただけると思います!
    楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。