広島駅南口Bブロック 東棟に変化

201409bblock2-1.jpg

 
 
 
広島駅南口で行われている広島駅南口Bブロック地区市街地再開発事業で、
今年の終わりにも一部暫定開業する東棟に変化がありました。
 
地上10階建ての東棟で、広島駅側となる北面の外壁が一部あらわになりました。
 
201409bblock2-2.jpg
 
外壁と言っても既存の建物を残しながら施工を行い、後に拡張させるため暫定的なものになっています。(2段階施工概要
以前までの様子はこちら。
広島駅南口Bブロック再開発工事 2014.09(Vol.21) タワークレーンなど
 
画像右側では前回紹介したようにタワークレーンが登場し高さ193m、地上52階建ての西棟の建設が進められています。
全体の竣工は2016年6月の予定です。
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅南口Bブロック地区市街地再開発事業
【住友不動産】:シティタワー広島|52階建て最高層免震タワー

スポンサードリンク


 

1 Comment

  1. タミー Reply

    いつも詳しいレポートそして素敵な写真等を拝見させて頂き非常に感謝しております。
     
    Bブロックの高層部分の工事が始まり、見る見るうちにビルが空に向って伸びて行くことだと思います。
     
    先日、我が家のカープ女子は試合終了後カープグッズを買い漁るのに散々時間を費やしたおかげもあり、祖父母と一緒に駅前の福屋百貨店(エールエールA館)のレストラン街で食事をとることが出来たと言っていました。
     
    サンプル1件で大変恐縮すが、現状では先行開業したA館の福屋百貨店の独り勝と言ったところのように思えました。
    これから広島駅周辺には、B館、C館、エキナカ、更には北口側にイケアと続々と商業施設が誕生するので人の流れどう変化するのか注目したいと思います。
    また、駅南口西側に飲食店が集まり歓楽街を形成しつつあるとの話しもあり、試合終了後の祝杯、自棄酒の場所の変遷も気になるところです。
    アーバンビューを抜いて広島都市圏内で最も高いビルになるわけですから、インパクトも強く注目が集まることだと思います。
     
    ラバーネックにならないようにしなくてはですね(笑)。
     
    この上更に駅ビル建替となると商業施設よりも他の機能を期待する声が上がるのも当然だと言えそうです。
     
    これからの工事が非常に楽しみです。
    レポート期待しています。宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。