新型車両227系が工場を出場!広島駅までの映像集

来年春より広島地区で運行を開始するJR西日本の新型車両「227系」が28日の日曜日、兵庫県の川崎重工の工場を出場しました。
車両は山陽本線を自力で下り、その日の夜には広島駅に到着。多くのファンの注目を集めました。
 
【鉄道ファン・railf.jp】:227系A03編成が川崎重工から出場
 
出場したのは川崎重工で製造された第3編成(A03)で、
先日報道公開された第1・第2編成(A01・A02、3両編成×2)とは別物です。あちらは近畿車輛でした。
 
この記事にもある通り、28日の朝に機関車の牽引によって工場を出場後、
神戸貨物ターミナルからこちらまで山陽本線を試運転を兼ねて自力回送されました。
 
 
早速YouTubeにはその様子が多数投稿されています。
今回はそれらの動画を時系列で紹介していきます。
全て私が撮影したものではありませんので、投稿者様にご迷惑がかかることの無いようご協力お願いします。
 
まずは川崎重工(兵庫県神戸市)から出場する様子です。
 

 
 
 
 
続いて加古川駅の一つ先、JR神戸線の宝殿駅(兵庫県高砂市)
 

 
 
 
 
さらに西へ4駅。姫路駅(兵庫県姫路市)での様子。
 

 
 
 
 
岡山駅の一つ手前。西川原駅(岡山県岡山市)。
 

 
 
 
 
そしていよいよ広島県に入ります。西条駅(東広島市)とこの日の終点の広島駅の様子です。
 

 
 
初走行が長旅になりましたね。
ちなみにこの後は、広島~天神川駅間の車両基地で一晩過ごし、今朝早くメンテナンスや調整のため下関の車庫に向かったそうです。
 
報道公開されたばかりでしたが、実際に走っている姿を見るとまた一段とかっこよく見えますね。
特徴的な先頭車の転落防止幌も、かなり見慣れてきた(麻痺?)のかあまり気にならなくなってきました。
カラーリングも素晴らしいと思いますし、JR西日本の車両では一番好きな車両になりそうです。
 
広島駅の動画は何度見ても新鮮ですね。
ミュージックホーンを響かせて出発していく所を見ると鳥肌が立ちました!
2017年度には広島駅の駅舎も自由通路が完成して様変わりします。新しい時代の到来です。
数年後にはそれが当たり前の光景になるのでしょうが、信じられない程の変わり様に未だに実感が湧きません(笑)
 
 
近畿車輛で報道公開された2つの編成(連結6両)も近く出場するようですし、運が良ければ試運転(回送)している227系にお目にかかれるかもしれませんね。
JRに乗りましょう!(笑)
 
今年度は3両編成が13本、2両編成が2本の計43両が製造され、来年春から営業運転を開始する予定です。
JR西日本関連では今年11月2日に広島駅のこれまでの跨線橋に変わる新しい乗換通路が供用開始、
227系運行開始と同じ来年春にアストラムラインとの結節点「白島新駅(仮称)」が開業、
同じく来年春に横川駅の配線変更工事が完了します。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

36 件のコメント

  1. 匿名 返信

    昨日広島駅で待ち構えました。
    生で見るととてもかっこよく、これから広島で活躍するのが夢みたいです。
    また、JRのご好意で、撮影のために4番線を開けてくれたり、とてもいい雰囲気でした!

  2. 匿名 返信

    YouTube見て観客の様子はかなりおもしろかったです。
     
    こりゃ9両編成でも来たら失神者出そうですね。-w

  3. スーパーフライヤーズ 返信

    いよいよやってきましたね!
    関東では当たり前のミュージックホン広島ではとても新鮮で!
    これからは日常の風景になるんでしょうね!

  4. blk 返信

    当日は「ようこそ227系」の横断幕まで有ったそうですね。
    見に行けば良かった。
     
    白島新駅も有るし来春のダイヤ改正が楽しみですね。

  5. ラーメン好き 返信

    いやー、鳥肌たつほどうれしいですね!
    自分は学生の時にJR使ってましたが、
    あのときとは変わりすぎて、びっくりです。
    広島駅が新しくなる、白島駅出来る、可部線延伸。
    言葉になりません(笑)
     
    芸備線の車両はそのままになるんでしょうか?

  6. 匿名 返信

    広島駅南口広場整備の関連事業が市議会を通過しました。いよいよ駅前大橋線も含めて動き始めました!

  7. JRShikoku5000kei 返信

    よく227系で減車、減車と騒いでいる人がいたり、広島支社全区間ではいるとか言っていますけど227系は宇部、小野田線を始め、投入されない路線があります。ソースはJR西日本ニュースリリースです。また、国鉄広島終わりとか言っている人もいます。何が国鉄だって。だったらその人達がJRに新車金あげたらいいのにと思います。

  8. 匿名 返信

    まぁ下関で試運転って、山口県民にとってみたら冷やかしですよね…笑
    広島はお祭りですけど山口県の冷遇は続くので、国鉄広島は終わりではない気もします

  9. blk 返信

    >>9
    広島の場合、在来線は下関総合車両所で、新幹線は博多総合車両所で、
    全般検査するから当然下関で新車の検査という事になりますね。
    広島にある車両所はそれぞれの支所だし。
     
    國鐵廣島って支社単位の話だったの?
    てっきり都道府県かと。

  10. 関西人ですが 返信

    山口県が冷遇されてるという気持ちも分からなくはないですが、JR西の収益源といわれてる関西圏の現状もちょっと考えてみてください。
     
    JR型に完全に置き換わってるのはいわゆるJR京都線・JR神戸線・JR宝塚線・学研都市線ぐらいで、ドル箱呼ばわりされてる大阪環状線ですら(新車の計画はありますが)更新されてるとはいえ齢30数年の201系とあの103系の天下です。混雑路線の阪和線でも103系が100両弱、関西線と奈良線にも未更新の103系が70両ほどに201系が100両弱。湖西線と草津線にはほとんど未更新の40年選手の113系700番台が全車健在ですし(広島で不要になる115系更新車あたりを回してもらいたいものですが)播但線と加古川線にも更新してるものの40年オーバーの低運転台の103系が34両、桜井線と和歌山線にいたっては広島にもいるトイレなしロングシートの103系1000番台改造のオンボロ105系38両が結構乗車時間の長い路線であるにもかかわらずノタクタ喘ぎながら走ってます。
    収益源と呼ばれてる関西圏でも実態はこんなものなわけです。
     
    今回投入される227系は276両ですから、数字上は広島在籍の車両全車に加えて下関か岡山に在籍する車両も100両程度は置き換えることになるわけでしょう。そうなると115系更新車などが転入することもあいまって、関西圏の実態と比べても客観的に考えても必ずしも山口が冷遇されてるとは言えなくなるでしょうし、広島の場合はむしろ関西圏よりも厚遇されることになるわけです(もちろん、今まで冷遇されてきた明白な事実は百も承知です)。
     
    JR西の車両計画を批判する人が結構いるようですが、JR西はJR西なりにがんばってるのではないでしょうか。
    JR西を批判するぐらいなら、本来JR西の路線になるべき東海道新幹線の新大阪・米原間を東海にくれてやり、今また東海と裏で結託して西日本の利用者から儲けた金を名古屋止まりのリニアにぶち込もうとしている永田町と霞ヶ関の住人を批判するべきではないでしょうか。西の人間としては。

  11. Inaji 返信

    「赤いんか、227系」と黄色や茶色、肌色系の車両に見慣れた広島の利用者は思うでしょうね。
    実は227系拝める所にいたのですが、見れませんでした。実は新車そっちのけでカープの応援に勤しんでいたからです。時間が読めなかったので不覚にも…でも帰路の時、車庫内で長旅の疲れを取るかのように休んでいる227系は見れました。それだけでもワクワクしましたね。カープはあっけなく負けましたけど。今日は何としても勝ってよ!!
     
    来年はいよいよ新車の本格運用が始まり、新たな交通の節点「白島」が開業します。カープもまだCSでの望みはありますが、リーグ優勝を来年こそ3度目の正直で果たしてほしい。でも日シリの進出を願いたいです。そのためにも2位で。

  12. blk 返信

    >>11
    200番代系が居るだけマシじゃんって山口の方は言いそうな気がw
     
    あと、リニアは名古屋止まりにはなりません。
    時間は掛かるとしても大阪まで来るのは確定です。
    東海が同時着工は予算的に無理というのだから仕方ないでしょう。
    延伸もある程度償還してからでないと取り掛かれないだろうし。
    名古屋大阪間の沿線自治体が補助金支援する?支援するから早期開通をお願いしますってなら筋が通るけど。
    東海道新幹線は早期にバックアップルートを作らないといけないから、大阪まで早期に繋げたいのは解からんでもないが。
    ただ、京都てめぇは駄目だ。

  13. JRShikoku5000kei 返信

    前回の続きです。
    現在広島シティネットワークは少しずつ利用が増えてきました。事実JR西日本はここを成長できる見込みのあるエリアとみなし、減便、減車続きだったが、利用者増加傾向にある可部線や山陽線は再び増車、増発を繰り返してきました。にもかかわらず、減車、減車という人にはとりあえず、広島駅の混雑ぶりを体験して欲しいです。僕がいったときに4両編成の日中の普通電車に乗りましたが、五日市、宮島口辺りまですし詰め状態でした。こういった事を踏まえて意見を言って欲しいです。意見をいうのは構いませんが人の事を馬鹿にした事は止めて欲しいです。ちなみに僕は来年春に広島に行く予定です。減車したか、増車したかを調査しにいきます。広島地区と鯉党さん。どちらも頑張って下さい。応援しています。
    長文失礼しました。

  14. blk 返信

    >>14
    ということは、今回の227系導入で両数が増えたというのは本当に純増で、増車の可能性も有るのか。
    言われてみれば最近混雑を実感することが有るなぁ。
    しかし、基本2両と4両編成だった旧型が2両と3両編成に変わるから同じ編成数なら減車だが、
    従来より100両追加となれば、編成数が増えて増結対応で一便当たりの増結に繋がる可能性が有るのか。
    まさかの9両編成登場も有る?

  15. 匿名 返信

    3両編成と4両編成とどう違うのか意味解らない。山陽線は朝夕以外は混雑して無いから仕方ないんじゃ。関西と比べたら駄目でしょ。関西はどの路線も多いが広島の場合山陽線の広島から宮島だけでしょ。それじゃ採算があわないんじゃないかな。

  16. blk 返信

    >>16
    「3両編成と4両編成とどう違うのか意味解らない」というのが、何を理解したいのか、
    そして理解できない事によって何を導き出したいのかが解らない。
    続く話からすると、どうやら減車は当然だと言いたいらしいが、
    4両編成が3両編成になったから、減車であると即断するのは余りにも早計。
     
    *在籍両数を置き換えても尚余る100両の追加込み計276両=従前より編成数増加。
    *寝台特急サンライズ瀬戸・出雲の285系同様の空気電気併載密着連結器搭載。
    *2両編成と3両編成という組み合わせ。
     
    この3つの事実から導き出せる事が有る。
    「JR西日本は広島シティネットワークにおいて、従来よりも柔軟なダイヤ編成を組む事を企んでいる」
    まず、2と3という数字が作りやすい組み合わせは、従来の2と4では難しかった3や5や9両といったちょっと足す又はちょっと減らす組み合わせが可能。
    これによって、例えば下りは8両岩国引き返し上りは5両等といった事が可能になる。
    サンライズは岡山駅で方面別に毎日連解結している事は有名な事実であり、その為に手間を減らす密着連結器を搭載している。
    東京に向かう為の連結作業を見た事が有るが、作業員は連結器に一切触らず誘導と貫通路の幌を取り付けるだけ。
    従来みたいな連結器やパイプ及び電線の接続などの手動操作は一切不要。
    つまり、227系は日常的に増解結する事が前提に作られている。
    無論、来年の春までに一度に276両がやってくる訳では無いので一時的に減車扱いが出る可能性は有る。
    旧型電車と227系の連結は救援牽引でもないと、まず有り得ないので。
    ATS-DW対応が終わる4年後には全車が揃う。
    そして柔軟に各地で増結するために、配置出来る編成数を増やした。
    そもそも減車一方が腹積もりならば、在籍数よりも新車車両が増加するだなんて有り得ない。
    ましてや広島駅はJR西日本運輸取扱収入第2位の駅である。
    より乗車実態に合った編成が使われるとしても、減車一方はまず無いと思われる。

  17. 鐘梨 返信

    平日昼間の4両編成は3両編成になったりするんですかね。
    それを減車と言いたいならば、まぁ、減車なんでしょう。
     
    個人的にはラッシュタイムが気になります。
    報道資料によるとセミクロスシートのようですが、
    ラッシュアワー対策としてのオールロングシートは造らないんですかね?
    それとも1両あたりの輸送力の小ささを1編成あたりの車両数を増やすことでカバーする気なんでしょうか?
    しかしそうなると可部線のいくつかの駅で再びドアカットが始まったりするんだろうか……

  18. タミー 返信

    利用客の利便性を考えれば、運行間隔が短い(例えば20分に1本より15分に1本)方が良いに決まっているので利用客が増加すれば1本あたりの車両数を減らしてでも運行便数を増やして一日あたりの運行総車両数を増やすべきだと思います。
    しかし、JR西日本は実質山陽新幹線の利用促進目的(空港アクセスの問題も含む)で快速便の導入を運行が飽和状態にあることを理由の一つにあげて拒否している為に一便あたりの車両数を減らして大幅な増便を実施することは考え難く、利用状況に応じて車両数を調整する目的で、2両3両と細かい車両の組み合わせにして対応する方法を考えているように思えます。
     
    時間帯による増減もより調整し易くなる為、昼間の車両数の減少はあると思います。ラッシュ時は特に新しい駅等は8両編成までしか対応出来ないホームが多い為にどうするのかも気になるところです。便数で調整出来ないのであれば、基本は利用客が増加すれば車両数を増やし、減少すれば減らすのが常識だと思います。
    先日、NHKのニュースで、三菱重工三原で路面電車・新交通システムの開発・実験・生産をし、広島を主に都心と郊外とを結ぶ車両の開発・生産拠点にして新興国等に売り込んで行くと伝えていましたね(笑)。
    今回のJR西日本が導入するフル企画の車両に加えて、路面電車や新交通システムの件は鉄道ファンには嬉しいニュースですね。

  19. 匿名 返信

    鉄道ファンが多いんですね。
     
    広島新型電車より今日一足早く南武線に新型電車が走りました。
     
    ロゴもカワイイ感じなのでYouTube視聴でもよろしくです。
     
    イメージとは違う感じですが、かわいい感じです。

  20. blk 返信

    >>19
    オールロングは逆に混雑時にしか利便性が無いので、
    汎用性を追求する227系では落とし所としてセミ転換クロスシートだったのでしょう。

  21. JRShikoku5000kei 返信

    >>15
     
    9両編成はないと思います。
    理由として二つ有ります。
    まず一つ目はホームの有効長です。ひろしまシティ電車の運行開始後に出来た駅はみな8両編成対応だからです。
    二つ目は報道機関は2~8両編成組むと報じているからです。
    あと、227系の増車の件ですが、100両近く多いのは広島シティネットワークで運行している岡山、下関車の運用を227系広島車に置き換えるのだと思います。

  22. 鐘梨 返信

    ※22
    私は普段乗らないので困らないのですが、具体的には、
    単線(便数増やすと列車交換のための停車時間が増える)で
    ホームも短い(たぶん9両以上はドアカットとなる)駅が少なくない可部線や呉線での105系や103系を
    セミクロスのみで置き換えても捌き切れるのか?という疑問です。
     
    別の記事で可部線の混雑・詰め込みっぷりを熱弁されていた方がいらっしゃったので、
    特にこれからの延伸を含めて益々の混雑が考えられる可部線からオールロングシートが消えてしまうとどうなるのかな、と。

  23. JRShikoku5000kei 返信

    皆様に質問をします。
    227系にはヨーダンパがないそうなんですが、ヨーダンパのある521系と比べましたが、違いが分かりませんでした。
    そこで聞きたいのですが、ヨーダンパは台車のどの位置にありますか。また、台車の上にある黒いものは何ですか。
    回答どうかよろしくお願いします。

  24. blk 返信

    >>24
    現時点では転換クロスシートしか有りません。
    後にロングシートが出てくるのかは不明です。
    ただ、可部線の場合は横川駅の線形改良が行われており、
    後は上八木駅を列車交換可能にする、中島変電所増強、分岐器高番化も計画としてあるようなので、
    可部線の場合は本数を増やして稼ぐようです。

  25. blk 返信

    >>23
    9両編成は無いか。確かに現状では一部の駅ではドアカットになるし。
     
    >>25
    台車のヨーダンパーは車体と台車を伸び縮み可能な棒で繋いでいます。
    これで台車が蛇行しないように回転の揺れを吸収しています。
    有る場合は台車側面を見れば、先に書いたように車体と台車が繋がっている部分が有ります。
    227系にこれが無いからと言って、即劣っているかどうかは判りません。
    無くて済んだ可能性も有ります。
     
    台車の上の黒い物は空気バネです。
    新幹線で開発されたものが、今は在来線にも採用されています。

  26. JRShikoku5000kei 返信

    >>27
    回答ありがとうございます。
    あなたのおっしゃるとおり、棒みたいなものを探してみるとありました。結構目立ってました。まさかあんな目立つものがヨーダンパとは……。 227系にないと言うことは、最高速度が遅いということですね。
    残念な事(僕としては)ですが仕方がないですね。呉線快速は最高速度95キロですからね。でも準備工事はしてるらしいので良かったです。
    そう言えば明日近畿車両から227系が出場するみたいです。(確信はありませんが)でも僕学校なので。
    それでは。
    長文失礼しました。

  27. Nishiku 返信

    今日の夕方の広テレとTSSのニュース番組で取り上げられるみたいです。

  28. blk 返信

    >>28
    最高時速110km/hが遅いというのはどうか…
    どっちかといえば160km/hで、かっ飛ばしている方が特例でしょう。
     
    あと、ヨーダンパーはYaw damperなので最後に長音が必要です。
    平成3年6月の内閣告示第2号外来語の表記において、
    語末の‐er, ‐or, ‐arなどに当たるものは,原則としてア列の長音とし長音符号「ー」を用いて書き表すとなっています。
    ちなみに、コンピューターの技術用語でもMSは外来語の表記に従いドキュメントやマニュアルなどの記述用日本語スタイルガイドを変更すると既に表明しています。

  29. 匿名 返信

    本来性能、221系性能、115系性能が
    設定可能らしいですが、
    地上側が対応していないために
    性能を115系レベルにして
    運転するみたいです。

  30. 下関市民 返信

    下関まで227系を走らせて欲しい!
    国鉄車両も良いが時代の流れに乗って新型電車を下関~広島まで走らせるべき!

  31. ヒロさん 返信

    議論の流れに水を差すようで気が引けますが、広島シティネットワーク利用者全体数を示すデータがなかったので広島市内のJR駅利用者統計で見るとアジア大会があった1994年までは右肩上がりです。それ以降は2012年までは微増微減の繰り返しで横ばいです(1994年 19.4万人 2012年 19.8万人)極端には増えてはいません。これが現実ですね。
     
    しかし、昨今の減便ダイヤを組む程のレベルではないような気がします。広島地区とは無関係のJR西日本の経費の関係とは思いますが、新車投入も悪くはありませんが、本来のサービスは運転頻度です。地域の実情に見合ったダイヤ編成をお願いしたいですね。
     
     
    1987~2011年度年広島市の公共交通機関の利用者数
    http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1385630312701/activesqr/common/other/52971fce002.pdf
    2012年度の統計
    http://www.city.hiroshima.lg.jp/kikaku/joho/toukei/12_pro/pro-ind.html#chap3

  32. まじょらー 返信

    車両側が高速走行に対応してても、敷設されているレールの整備が遅れているので
    現行以上の速度をあげるのは無理なんじゃないかと。(115系、113系だから通過できる速度もあるし)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。