祝 新跨線橋開業! 広島駅改良工事 【新幹線口編】

2012年10月から行われている広島橋上駅新築他工事(広島駅改良工事)は、「第1期」となる新しい跨線橋の供用が11月2日始まりました。
これまでの跨線橋の西約50mに建設された長さ85m、幅10m、高さ6.7mの通路です。
祝 新跨線橋開業! 広島駅改良工事 【通路・店舗編】

JRの「おでかけネット」に表示されている広島駅の構内図も、早速新しいものになりました。
【JRおでかけネット】:広島駅│構内図

前回はタイトルの通り、新跨線橋の通路と店舗について取り上げました。
今回は新跨線橋が新幹線口と接続する付近のレポートです。

まず最初に、以前作成した工事の進捗具合を示したこの画像を載せておきます。

2014hiroshimaeki-gairyaku.jpg

新しい跨線橋を新幹線口に向け進みます。

201411hiroshimaeki2-14.jpg

201411hiroshimaeki3-1.jpg

跨線橋が西側(横川方面)に移動したことにより、新幹線に乗り換える場合は直進、新幹線口から出場するには直進して右へ曲がります。これまでとは逆になりました。

上の画像で、「↑新幹線」の案内板の左側はこのようになっています。

201411hiroshimaeki3-12.jpg

201411hiroshimaeki3-7.jpg

どこの駅よ!?(笑) 度肝を抜かされました。
画像左奥が新しい跨線橋です。
新幹線乗換口への動線の途中となるこの空間にはコインロッカーと、超狭額縁液晶モニターを12枚用いたデジタルサイネージが設けられました。
大阪駅乗り換え通路の1番のりば側の突き当りにこのようなものがありましたね。

新幹線から在来線へ乗り継ぐ場合には必ず目に入ります。

201411hiroshimaeki3-13.jpg

モニターの後ろ側にも間接照明が施されていてカッコイイです。

乗り換え改札口から新幹線コンコースへ向かいます。

201411hiroshimaeki3-14.jpg

この改札機とフルカラーの発車標は1日の終電から2日の始発までの間に一気に移設作業が行われたようです。

新幹線コンコース側から撮りました。

201411hiroshimaeki3-3.jpg

ここからでも大型のデジタルサイネージがよく目立ちます。
広島駅とは思えません。

少し離れます。コンコース内から北口へ出る新幹線口と、先ほどの乗り換え改札口を絡めて撮りました。

201411hiroshimaeki3-5.jpg

在来線との乗り換えは以前まで、画像中央左奥のフェンスがある場所で行っていました。
以前同じ場所から撮った画像がこちらの記事です。
部分開業するJR広島駅新駅舎 新旧改札口まとめました

見比べるとお分かりいただけると思いますが、新幹線改札内でも案内板の色が黒と黄色(出口)に変更・統一されています。

同じく以前更新した記事の画像と同じ角度から、新しい店舗を。

201411hiroshimaeki3-4.jpg

奥が先ほどの乗り換え口。手前のこちら側も今回の工事で新たに増築された店舗スペースです。

201411hiroshimaeki3-6.jpg

弁当屋おみやげ、小物を扱う「おみやげ街道」です。
綺麗な店構えになりました。面積も結構広かったです。
カフェ「エスタシオン」は、この店内の左奥に入り口があります。少し分かりにくいですが、その分かなり落ち着いた雰囲気でしたね。
ちなみに新幹線口改札外にあったカフェ・エスタシオンは、閉店されるかと思ったのですがまだ営業を続けていました。

一方で、こちらは在来線から改札外へ出る新幹線口改札(北口)です。

201411hiroshimaeki3-10.jpg

この通り、こちらの位置は変わりません。

旧跨線橋が閉鎖されたため、これまでとは反対に新幹線コンコース方向に進み、新跨線橋へ入るような動線に変わります。

201411hiroshimaeki3-11.jpg

201411hiroshimaeki3-8.jpg

奥(右奥)が新しい跨線橋です。
みどりの窓口は先程の新改札横に移転したためもぬけの殻です。

在来線改札の方向を振り返ります。

201411hiroshimaeki3-9.jpg

ここの発車標は移設されることはなく、そのままになっていました。(白いシートが貼られています。)
この奥がフェンスで閉鎖された旧跨線橋です。
今後このあたりは店舗等の撤去を行い、広島駅の事務室を整備します。
完成時は新跨線橋上の中央改札に集約されるので、ここの北口改札は閉鎖となります。

第2期工事の変化も楽しみです。
旧跨線橋は今月中に解体工事に入り、2017年度には今回開業した跨線橋、そして南北自由通路、橋上店舗が一体となった巨大な橋上駅舎が完成する見込みです。

今回は以上です。
まだやります!次回は【ホーム編】です。

【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅改良工事(広島橋上駅新築他工事)

スポンサードリンク


この記事をシェアする

7 件のコメント

  1. 匿名 返信

    新幹線の改札内の案内サインの変遷をみるとわかりますが、以前のサイン
    は「新幹線口」と大きく書かれ、これでは、広島市内に行きたい人が、新
    幹線口を出てしまいます(笑)おまけに、在来線のりかえ口は、右奥で見え
    づらい・・・。
     
    改札移転後の新・案内サインは、もっとも重要な場所にあった電照式広告
    (赤いスーパーの広告)が、きちんとJR線への「のりかえ案内」になって
    いて、とても、わかりやすくなりました。おまけに手前の右に明るいJR
    線の「のりかえ改札」が。
     
    これで、あの暗い地下南北自由通路を通る人が確実に減るでしょうね。
    よいことです。
     
    そして、今回の改装全般にいえることですが、案内サインが電照広告に埋も
    れなくなったのは、とても良いです。細かいことですが、既存の案内サイン
    に組み込まれていた旅行会社の案内は白いシートで隠されました。
    必要最低限の情報に絞りつつ、路線バスや高速バスなどの表記を併記したの
    も良いことです。
     
    他の駅もどんどん見習ってほしいですね。

  2. オノレッド 返信

    本当に完成したんですよねぇ…まだ数本の鉄骨をワクワクしながら下から眺めてた日々を思い出して涙が出そうになります。。。
    巨大ディスプレイは僕全く事前情報持ってなかったのでビックリしました!
    そういうの欲しいなぁとは正直思ってたけどそこまで望んじゃいかんなとも思っていたので嬉しいサプライズでした。
    ちなみに僕が見た時は川通り餅と大和ミュージアムの広告が表示されてました。
    この巨大ディスプレイは新幹線降りて来た旅行者を最初にお出迎えするものなので、
    「あぁ…広島に来たんだ」って思ってもらえるものを常に表示しておきたいですよね。

  3. 匿名 返信

    1コメに関連して、改札移転前の画像をいくつか見ると「新幹線口」
    と書かれた黄色の出口看板に「おしい!広島県」「ようこそ広島県」
    というバナーも貼り付けられていました。
    新幹線口発着のJRバス「めいぷるーぷ」に乗せたい意図が見え見え
    ですが、さすがに都心部の逆の出口に導く、ミスリードはいけません。
     
    歓迎のバナーなどを掲げるならば、今後は、今回新しくなった、都心
    部側のJR線のりかえ口(南口)出口側の改札へ掲げるべきですね。

  4. 匿名 返信

    相変わらずTwitterには、数日間で今までの跨線橋を改装したんだと勘違いしてる人が結構いますね‥‥‥‥。
    新しい跨線橋をちょっとずつちょっとずつ積み上げてきた2年間を否定されたような気がして、なんだか切ないです。

  5. 匿名 返信

    4さんへ
     
    私は、いいと思いますよ。一気に変わった方が、感動もひときわ大きいです。
     
    あまりの変わりようにTwitterで話題になるのも、広島が元気な証拠であり喜ばしいです。

  6. ツイ廃 返信

    改良工事の40%が終わっただけでツイッターのトレンドに入る広島駅
    Aクラス、CS出場ってだけで大慌てのカープファン。
     
    どちらも好きです。

  7. blk 返信

    >>6
    新跨線橋が話題になるのは、ある意味当然の結果なのかもしれません。
    なんたって、あまりにもの変わらなさに國鐵廣島と鉄道マニアの間で呼ばれてたらしいですからねぇ。
     
    実際、ひろしま駅ビル→ASSEへのリニューアルはあったものの、基本的には新幹線開通時から変わってませんでしたし。
    40年来の大工事。
    電車の方も、JR型の電車は一度も配備されてなかったですし、唯一JR車両は芸備線のキハ120気動車(ディーゼル車)ですから。
    電車で大きな動きがあったのは、115系を大改装したリニューアル115系位です。
    (車体が白、窓の部分が茶色でその下に青のライン)
    しかし、それも名実ともに最新型の227系導入。
     
    こういった國鐵廣島返上効果で話題性にブーストが掛かったのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。