祝 新跨線橋開業! 広島駅改良工事 【案内・ホーム編】

2012年10月から行われている広島橋上駅新築他工事(広島駅改良工事)は、「第1期」となる新しい跨線橋の供用が11月2日始まりました。
これまでの跨線橋の西約50mに建設された長さ85m、幅10m、高さ6.7mの通路です。

前回までに、新しい跨線橋の通路や店舗、新幹線口などを取り上げてきました。

11月2日、いよいよJR広島駅で新しい跨線橋の供用が始まりました! 広島駅を南北に貫く自由通路や橋上店舗を建設する「広島橋上駅新築他工事」の一環で、2012年10月から行っている
2012年10月から行われている広島橋上駅新築他工事(広島駅改良工事)は、「第1期」となる新しい跨線橋の供用が11月2日始まりました。 これまでの跨線橋の西約50mに建設された長

今回のテーマは一新された案内板とホームの様子を中心に紹介していきます。
まずは開業前のホームの柵の隙間から一生懸命覗いていた(笑)、のりば案内サインを一気にどうぞ。

201411hiroshimaeki4-14.jpg

201411hiroshimaeki4-15.jpg

201411hiroshimaeki4-7.jpg

201411hiroshimaeki4-8.jpg

ラインカラーが本当に鮮やかですよね。
ホーム番号もかなり大きな文字になっており、これだけ商業施設のような通路になっていてものりばがどこにあるのか分かりやすいです。
黒い背景に白文字のデザインもスタイリッシュでかっこいいです。

ラインカラーを反映した新しい路線図です。

201411hiroshimaeki4-13.jpg

かなり広島のイメージも変わると思います。
広島と横川の間が比較的広めに空いていますが、新白島駅を付け足すつもりなのか丸ごと交換するのか、来年春には分かります。

ホームへ降ります。

201411hiroshimaeki4-16.jpg

201411hiroshimaeki4-6.jpg

この辺りの雰囲気は岡山駅に似ていますかね。

階段の頭上には天窓が設けてあり、自然光を取り入れています。

201411hiroshimaeki4-11.jpg

新しい跨線橋下のホームです。

201411hiroshimaeki4-9.jpg

跨線橋の切り替えに伴い、列車の停止位置も大きく西側(岩国方面)に変更されました。
これまで工事中で誰も人がいない光景でしたが、こうして利用客であふれるようになった姿を見ると広島駅の未来に向けて時が動き出したような感覚になります。

朝、1番のりばの新跨線橋下に入線する103系。

201411hiroshimaeki4-12.jpg

停止位置が変更されたことにより、1番のりばでもほとんどの区画が開放されました。

201411hiroshimaeki4-1.jpg

これまで見ることのできなかった角度から、新しい跨線橋を。大きすぎて「跨線橋」と言われてもしっくりこない…(笑)。
ホーム階段上部のからこちら側(1番のりば・南口)に少しだけ伸びた鉄骨2本がまた意味深です。

その1番のりば、西向きの階段です。

201411hiroshimaeki4-2.jpg

ここも工事中はほとんど見ることができなかったエリア。
下りエスカレーターがこちら側に設定されています。右奥へ進めば南口1階出口改札です。
他ののりばと異なり、天井などの美装化は最小限に留められ”激変した”という感じはそこまで無いです。(照明はLED化されています。)
やはり路面電車の高架乗り入れや駅ビルの建て替えを行う「広島駅南口広場再整備事業」を見据え、すぐに手を加えられるようになっているのだと思われます。
広島駅南口広場の基本方針!広電の高架と駅ビル建て替え、デッキ計画などまとまる

そういえばLEDの発車標は以前まで「山陽本線」という表示は無かったように思いますが、これを期に変更されたのでしょうか。

こちらは1番のりば東向き階段。

201411hiroshimaeki4-4.jpg

それからホーム上の乗車位置案内ですが、今回の切り替えで少し変更されました。

201411hiroshimaeki4-3.jpg

これまでは記号だけの案内でしたが、両数の違いにも対応できるよう番号が振られています。
関西地区のように「足元白色三角印、1番から4番…」というような案内を開始する用意があるのでしょうか。
一両あたりのドアが2・3・4箇所の電車が混在している現状では、そのような案内があれば助かりますね。
数年後、3ドアである新型車両227系でほぼ統一されればかなりスッキリしそうです。

改札内地下通路です。

201411hiroshimaeki4-19.jpg

201411hiroshimaeki4-18.jpg

跨線橋の切り替えと同時に、地下通路・階段も西側に切り替わりました。
ついこの前まで使用していた東側通路は仮囲いで閉鎖されています。
ご覧いただくと分かる通り、あまり大きなリニューアルは行われませんでした。
ただ階段部分の照明がLED化されていたり、のりば番号の案内が黒ベースのものに変更されています。

最後に新旧のエスカレーターを。

201411hiroshimaeki4-5.jpg

跨線橋の切り替えでこの通り何もかもが逆になりました。
これからはフェンスで囲まれた旧跨線橋の解体と自由通路等橋上施設の建設を、新しい跨線橋とリニューアルしたホームから見届けていくことになります。
人が歩かなくなった旧跨線橋を想像するとやはり少し寂しいですが、その分新しい跨線橋や自由通路も利用者に愛される存在になってくれることでしょう。

【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅改良工事(広島橋上駅新築他工事)

スポンサードリンク

22 comments

  1. 南区民 Reply

    将来的にはホームの島毎に路線を固定して欲しいですね。
    2・3番ホームなんか4路線のラインが入ってるし…
    現状だと色分けした効果があまり無いような気がします。

  2. 匿名 Reply

    まったく1番さんのおっしゃる通りだとおもいます。
     
    これじゃあ駅名ラインと電車のカラーマッチしない時ありますね。

  3. ナックルボーラーフェルナンです Reply

    いつも楽しく拝見しております。
    よく見ると、各乗り場案内表示のラインカラーの太さが違いますね。
    その乗り場が主に使われる路線は太く、たまに使われる路線は細くしてあるのでしょうかね?

  4. 匿名 Reply

    広島市全域やバスのりば案内図があっても、南口広場そのものの案内図がないという摩訶不思議な状態です。

  5. blk Reply

    >>1
    現在は案内表示でラインカラーや路線記号が先行利用されている形にはなってますが、
    今の表示は現状ダイヤに合わせたものかもしれません。
    ラインカラーと路線記号が導入される来年春にはダイヤ改正で、
    駅名標のカラーに合わせて発車番線を合わせる積りなのかもしれません。

  6. yasu Reply

    >>1 >>7
    2・3番のりば 山陽線下り
    4・5番のりば 山陽線上り
    8・9番のりば 芸備線
    に固定できればよいのですが。
     
    残り1番のりばと7番のりばを呉線と可部線及び到着ホーム・・・、少し無理ですよね。
    227系は2両編成と3両編成があるので相互乗り入れをしても無理ですかね。
    案内表示をすっきりさせるため??の夢をみました。
    現実にはプロ(JR)でもできないのに素人が何をか言わんやですが。
    もう1本ホームがあればよいのに・・。夢の続きです。
     
    鯉党さんごめんなさい。雑談してしまいました。

  7. JRShikokuSeries5000 Reply

    僕の考えは尼崎方式ですね。
    8番様のおっしゃるとおり、山陽本線は2、3番乗り場、上りは4番、5番乗り場で、それぞれ広島駅で山陽本線~可部線、呉線~山陽本線で分けると広島駅で対面乗り換えするだけで色々な方面にいけますね。芸備線は連絡通路を使いますけど(^^;)。
    この方式はJR西日本だと前述の尼崎駅での東西線~神戸線と京都線~宝塚線の対面乗り換えや他に福知山駅でのいわゆる北近畿ビッグクロスネットワークの特急列車の対面乗り換え等があります。
    最後に一応参考に。JR西日本にある○○ネットワークは、アーバンネットワーク、北近畿ビッグクロスネットワーク、そして広島シティネットワークの三種類があります。

  8. Chyuo-line中央特快 Reply

    あとは電車の車内放送の自動放送化できてればいいんじゃないかと思います。(広島だけでも)
     
    同じ新潟の新型電車は自動放送化されてるみたいですね。

  9. JRShikokuSeries5000 Reply

    連投申し訳御座いません。
    鯉党様へ、広島駅の発車標は以前から山陽本線の表記がありましたよ。

  10. 鯉党α Reply

    コメントありがとうございます。
    私も言われて気が付きましたが、ラインカラーを設定したのですから路線ごとにホームをある程度固定しないと意味が無いというご指摘はごもっともだと思います。
    1番のりばの山陽線下り(赤)はこのままでいいかと思うので、2~7番のりばですね。
    現状2番のりばがほとんど使われていないように思いますが、ここを何とかして綺麗にまとめられたら良いですね。
    「広島行き」でも広島駅で折り返しをする山陽本線は実質ないのですから、2・3番ホームの赤は要らないんじゃないかと思うのですがどうなのでしょう。
    考えだすと難しいですね。。
     
     
    >Chyuo-line中央特快さん
    特に宮島まで乗られる外国人のりよう客が多いですから、将来的には是非とも導入して欲しいですね。
     
    >JRShikokuSeries5000さん
    以前から山陽本線の表記ありましたか。勘違いでした(^_^)

  11. スリーラン Reply

    初めまして、大阪再都市化ブログの読者です。
    鯉党アルファさんのコメを見てここに辿り着きました。
    ざっと見たのですが、こっちも面白そうですね!
    これからはここも閲覧していこうと思います。よろしくお願いします!

  12. blk Reply

    >>8
    とりあえず、広島駅には可部線と呉線のホームが2つづつ必要です。
    なぜならば、これらは単線である為にホームが一つだと到着と待ち合わせ・発車が同時に出来なくなるためです。
    結局は今の発車標の割り当てが最善かと。

  13. KATSU Reply

    昨日福岡出張で初めて新跨線橋を利用いたしました。いやはや本当に綺麗になりましたね。
    観光客で始めて利用される方にとっては広島クラスの駅なら当たり前のように感じるのでしょうけど、今まであの古くて汚い(失礼な言い方ですが)跨線橋を利用していた者からしたらあまりの変わりように感動ですね!
    これから更に自由通路、橋上店舗等々完成したらどのようになるのかわくわくしますね。

  14. blk Reply

    >>15
    >結局は今の発車標の割り当てが最善かと。
    の最善を最適に訂正します。
    善悪の問題ではなかった。失礼しました。

  15. 匿名 Reply

    個人的にはに広島止まりの電車の乗り替えを対面でできるようできるようにしてほしいですね

  16. blk Reply

    8番9番は名実共に芸備線専用ですね。
    確かに架線が有りませんし、どの道、芸備線から辿ると6,7,8,9番線にしか辿り着けないようです。
    (6番線はホームが無い中線)
    あと、5番線以降はどうやら下りの線路には繋がってないようなので横川方面行きの列車が停められません。
    道理で、5番ホーム以降の駅名標には横川に矢印が無い訳です。
    8、9番は当然として、7番ホームでは横川すら書いていない。
    単線の可部線、呉線、芸備線には2つづつ、山陽本線には上下に一つづつでホームの数が合う訳ですね。

  17. 山陽シティーライナー復活して欲しい Reply

    可部線と呉線の運用は、広島駅折り返しを大幅に減らせば
    今の運転間隔であればホーム1本づつでもいけそうですね。
     
    現在は1番ホームが最も乗客が多いと思われる山陽本線岩国方面となっていますが、
    自由通路とその改札が完成すると、実質的にどのホームも利便性はあまり変わらなくなるわけで、
    1番ホームじゃなくてもいいのかな。
     
    それと、山陽本線の快速シティーライナーが復活すると仮定して(笑)
    普通~快速の乗り換え需要を考えると、島式の対面を山陽本線とした方がいいのかな。
     
    そういったことを色々と考えて、
    1:可部線
    2:山陽本線下り(普通)
    3:山陽本線下り(快速)
    4:山陽本線上り(快速)
    5:山陽本線上り(普通)
    7:呉線
    8.9:芸備線
     
    とすればいいのかな。

  18. blk Reply

    >>20
    可部線や呉線の折り返しを減らすって、利便性の問題が大き過ぎる。
    これらが線路越えて広島駅にまで乗り込んでいるのには相応の理由が有るだろう。
    可部線の場合は基本的には横川止まりだったのが後のダイヤ改正で全便広島駅乗り入れに変わった。
     
    単線の両端駅は2ホーム以上とするのは鉄道運営の定石なのに、
    まるで山陽本線の快速の為には他全てを犠牲にしろと言わんばかりだ。
    正直言って暴論としか…
     
    唯でさえ、可部線は延伸も控えていて、変電所増強、上八木駅線路改良などで本数増やそうとしているのに。
    横川駅の可部線接続部は工事も既に行われている。
     
    呉線も海田市で山陽本線乗り換えなんて沿線住民が不便過ぎる。

  19. blk Reply

    >>21
    単線の両端駅は2ホーム以上とは、線路込みの話であって、
    決して1線2面の話ではないので念の為。
    厳密に言うならば、単線の両端駅は2線1面以上という事です。
    線は線路のこと、面は乗降ホームの事です。

  20. yasu Reply

    >>20
    ラッシュ時の1番乗り場と7番乗り場をどう対処するかということですよね。
    可部線と呉線の広島折り返し(広島止め)減とは、呉線⇔可部線を直通にして相互乗り入れをするということでしょうか。
    現に数本は乗り入れをしているようですね。
    その場合は呉線と可部線の乗客数のバランスがどうかということになるのでしょうが。
    ラッシュ時は可部線も4両編成で走っているのでよいのかもしれませんが。
    ネックは横川駅配線改良したとしても、山陽線上りと可部線下りがクロスしている限りは本数増加は困難ですね。
    来春にJRがどんなダイヤを組み、広島駅に227系電車が何番乗り場に滑り込むかが楽しみではあります。
    可部線への227系は少し遅れるかもしれませんが・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。