広島高速5号線建設工事 【温品地区】 2014.11 下部工事始まる

201411kousoku_nukushina-8.jpg

 
 
 
 
広島高速5号線(東部線)は高架橋とトンネルで構成される約4kmと都市高速道路です。
広島高速1号線の終点となる「温品JCT」と広島駅北口を結びます。
トンネル部は地盤沈下の原因となる地下水への影響が極めて少ない「シールドマシン」による掘削へ変更されています。
二葉山トンネル、シールド工法で2014年度着工へ!
 
【広島高速道路公社】:広島高速5号線及び関連道路路線図
 
 
まず、高速5号線の東端となる「温品ジャンクション」から。
 
201411kousoku_nukushina-7.jpg
 
 
201411kousoku_nukushina-13.jpg
 
以前も紹介しましたが温品ジャンクションは、施工上の都合から高速2号線の建設時に僅かな区間のみ橋桁が架けられています。
 
 
ここから北西方向に新たに高架橋が建設されます。
 
201411kousoku_nukushina-9.jpg
 
 
 
高架橋は建設主体の「広島高速道路公社」の本社ビルのすぐ西側を通過します。
 
201411kousoku_nukushina-12.jpg
 
完成すれば目の前を高架橋が横切ることになります。
 
 
近くにあった看板です。
 
201411kousoku_nukushina-14.jpg
 
高速5号線下部工事(温品JCT)とあります。
温品ジャンクションは高速1号線・2号線・5号線・中筋温品線(都市計画道路)の4路線が交わるジャンクションです。
 
 
北西に高速5号線が伸びていきます。
 
201411kousoku_nukushina-11.jpg
 
 
 
 
移動しまして複合商業施設「フォレオ広島東」から建設地を眺めてみました。
 
201411kousoku_nukushina-2.jpg
 
 
201411kousoku_nukushina-3.jpg
 
奥に温品ジャンクションや公社の本社ビルが見えています。
確認できるもので2ヶ所、橋桁を支える橋脚の工事が始まっています!
鉄筋が立ち並んでいるのを見るとすでに基礎工事は完了しているようですね。
 
 
敷地西側からの様子と、付近にあった看板を。
 
201411kousoku_nukushina-4.jpg
 
 
201411kousoku_nukushina-6.jpg
 
工期は来年の3月までとなっているので、とりあえず見えている2本の橋脚はそれまでに完成しそうです。
来年度以降も残る橋脚の建設が進められます。
 
 
この先、新幹線の広島運転所を越えた中山地区は大きな変化は無かったので省略致します。
広島高速5号線の開通予定は、一昨年12月の時点で2017年度となっています。
 
 
 
さて、記事の中で少し触れた都市計画道路「中筋温品線」についてですが、
現在は広島市によって第1工区と第6工区の整備が平成30年代前半の開通を見込み進められています。
 
【広島市】:街路事業により整備中の路線一覧(平成26年4月現在)
 
201411kousoku_nukushina-1.jpg
路線位置図(上記広島市HP資料より)
 
 
中筋温品線は国道54号線の中筋1丁目交差点から今回撮影地の温品ジャンクションまでを結ぶ路線です。
こちらは中筋温品線”6工区”となる温品付近の様子です。
 
201411kousoku_nukushina-16.jpg
 
 
201411kousoku_nukushina-15.jpg
 
一部盛土が行われている箇所がありますが、あまり大きな変化はないようでした。
用地買収を伴う事業のためスムーズには行きにくいのは確かだと思いますが、この2つの工区だけでも完成は2018年以降なのですね。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

6 件のコメント

  1. 匿名 返信

    高速5号線と言えばトンネル工事の現状はどうなっているのでしょうか。住民の反対運動が不自然な程しつこかったですよね。トンネル工事のニュースを聞いていませんので心配です。

  2. 匿名 返信

    温品ジャンクションは5号線→2号線の接続は先送りでしたっけ?
    これだけ遅れてるんだから一気に作って欲しい所です。
    それと昔の完成イメージだと中筋温品線は高架で温品ジャンクションに接続してあるけど、
    これは現在も生きてるのだろうか・・・

  3. タミー 返信

    ブログ更新お疲れ様です。
     
    この秋はJRの話題が満載で、久々に都市高速道路の話題のように思え新鮮に感じます。
    今年、春は高速3号線の全線開通で盛り上がり、市内中心部を取り囲んでいる周辺地域(広島駅周辺を含めて)の都市機能強化が目立っているように思えます。
    考えてみると今やデルタ内の人口よりもデルタ周辺地域の人口が大きく上回っており、経済活動に於いても主力の座は完全に周辺地域に移っているように思えるので、当然の事なのかも知れませんね。
    広島駅に書かれている「ものづくりと観光のまち広島」の言葉が旧市街地の向かうべき方向性を語っているように思えます。
     
    広島駅北口側に計画されている高速バスターミナルや進出予定のイケアなども、この高速5号線開業を睨んでのことと思われ早期開通が望まれます。
    南口側の広電駅前大橋線の開業が10年後計画されているようですが、それよりは早い時期に開業出来るのではないでしょうか?
     
    今後もこの高速5号線や駅前大橋線をも含めて広島駅周辺の再開発事業から目が離せませんですね。
    取材、レポート楽しみにしています。宜しくお願い致します。

  4. 匿名 返信

    ラジオ出演おめでとうございます!
    鯉党さんの美声をたのしみにしております。
    案外、女性だったりして。。

  5. blk 返信

    ラジオ出演とは凄い話になりましたね。
    時間が取れたら聴こうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。