広島駅北口広場改良工事 2014.11(Vol.14)

広島駅の北口では、建設中の自由通路に直結するペデストリアンデッキと新幹線ビルの増築、広場機能の再配置を行う工事が行われています。
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅北口広場
 
前回10月中旬の状況です。
広島駅北口広場改良工事 2014.10(Vol.13)
 
 
広場の東側にある屋上駐車場へのエレベーター棟から、建設中の部分を見下ろします。
 
201411kita_hiroba-9.jpg
 
 
201411kita_hiroba-10.jpg
 
新幹線口駅舎(左側)からロータリーに向かって増築する部分と、さらにその外側へ建設されるペデストリアンデッキが明確に分かります。
既製コンクリート杭の新幹線増築ビルに対して、ペデストリアンデッキは場所打ちのコンクリート杭(アースドリル工)が採用されています。
 
 
“第一工区”となっている西側ペデストリアンデッキは来年3月末までに完成します。
デッキが隣接することになるホテルグランヴィアでは、これに合わせて2階のビュッフェレストランを改装することを決めたそうです。
【広島経済新聞】:ホテルグランヴィア広島がレストラン改装-駅周辺整備に伴い来春着工予定
 
201411kita_hiroba-1.jpg
 
以前話があったとおり、デッキと2階のレストランが接続する新しい玄関口ができるようです。
2015年1月5日から工事に入り、同年4月にオープンとのこと。
 
 
西側デッキの端となる、「JR西日本広島支社」ビル前では、歩道が一部閉鎖されデッキの下部工事が始まっていました。
 
201411kita_hiroba-2.jpg
 
 
201411kita_hiroba-3.jpg
 
仮歩道に切り替わっています。
 
 
「二葉の里土地区画整理事業」で新しくなったばかりの歩道の舗装が剥がされ、杭の施工が行われていました。
 
201411kita_hiroba-5.jpg
 
 
201411kita_hiroba-4.jpg
 
 
 
 
すでに完成している東側ペデストリアンデッキから。
 
201411kita_hiroba-7.jpg
 
 
201411kita_hiroba-8.jpg
 
来年の3月末にはここを横切るように歩行者デッキが架設されます。
横断歩道は廃止されるものと思われます。
 
 
完成イメージ図を見る限り、デッキは若草町の東側ペデと同じ形状になりそうです。
 
201411kita_hiroba-6.jpg
 
なお、中央ペデ及び東西ペデの屋根は、太陽光を取り入れられる膜材が使用される計画です。
 
 
ペデストリアンデッキ全体の竣工は2016年3月の見込みです。
 
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅北口広場

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

2 件のコメント

  1. 匿名 返信

    着々と工事が進んでいますね。
    半年後にはグランビア周辺が大きく様変わりしているでしょうね。

  2. タミー 返信

    JR西日本支社や鉄道病院の建物は駅北口及び二葉通りに対しては斜めになっていますが、正しく東西に建てられており、こちらの写真を拝見するとイズミ本社ビルも両者に合わせて整然と東西に建設されているのがよくわかります。
    新しい街づくりに対して、こうした気配りの大切さも改めて認識させられました。
    自社が先陣を切れば、後からついて来てくれるものとの言葉通りに、新しい街づくりが始まったと感じさせてくれる写真ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。