八丁堀共同プロジェクト、解体は4月から

日本生命と広島電鉄が共同でオフィスビルの建設を計画する「(仮称)広島八丁堀共同プロジェクト」に関して、
入居するテナントの移転交渉がまとまったことから4月にも解体工事を開始することが分かりました。
 
【中国新聞アルファ】:八丁堀に広電・日生が新ビル
 
日本生命と広島電鉄は昨年2月にこの計画を公表しています。
旅行会社や銀行の支店などテナント企業が4月までに移転するめどがたったようです。
 
 
改めて予定地の様子を確認してまいりました。
 
201502hatchobori_p-1.jpg
 
 
201502hatchobori_p-2.jpg
 
 
201502hatchobori_p-5.jpg
 
東隣には東急ハンズも立地するまさに広島の中心地です。
完成したビルの低層部には少なくとも元のテナントは再入居するものと思われますが、他に新たなテナントの進出もありそうなので楽しみにしたいですね。
 
 
 
 
こちらは路地を挟んだ敷地の西隣となる、朝日会館跡地の様子です。
 
201502hatchobori_p-3.jpg
 
 
201502hatchobori_p-7.jpg
 
長らくコインパークの状態が続いていますが、少し変化もありました。
敷地内の東側の一部が仮囲いで閉鎖されました。
共同ビル建設予定地に近い側になります。
 
囲いに掲示された各表示を見てみました。
 
201502hatchobori_p-6.jpg
 
建設業許可は鹿島建設が取得しているようです。発注者・建設主は日本生命の文字が入ってます。
閉鎖された区画がビル解体の現場事務所として使用される可能性もありそうです。
本体の建設工事もそのまま鹿島が請け負う事になるのでしょうか。
 
非常に楽しみな再開発です。
データベースのページを更新しました。
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:(仮称)広島八丁堀共同プロジェクト

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

5 件のコメント

  1. 匿名 返信

    囲いを見て、朝日会館跡地の開発が始まったのかと思いました…

  2. タミー 返信

    発注者が日本生命で請負業者が鹿島建設ですか。
     本件はお隣が日生さんなので仕方ないかもしれませんが、共同事業のパートナーは自らの力量に似合ったパートナーを選ぶべきで、「寄らば大樹の陰」的な発想での超一流企業との共同事業であれば、それは如何なものかと思います。
    広電には「虎穴に入らずんば虎子得ず」的な気概を持って、「軒を貸して母屋を取られる」ことの無い様に頑張って頂きたいと思います。

  3. サンフレッチェ大好き 返信

    広島市への企業誘致は県、市とも積極的に出来ているんだろうか?東京一極集中の打開策は地元に雇用の場を作る意外にないですよね!!それがあってのオフィスビルだから、誰が市長になっても積極的に自らセールスマンになり広島を売り込んでもらいたい

  4. らっち 返信

    「広島の街と音楽と…」の「らっち」です。なんか、おなじハンドルネームの方がいますが、私とは別人ですので…。
    朝イチで、時間がないので、取り扱いご連絡まで。。。

  5. ちょいと 返信

    近畿日本ツーリストの仮店舗が、元朝日会館敷地の一角に立地しています。とっいうことは、当分再開発はないんですね、元朝日会館は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。