広島橋上駅新築他工事 2015.03(Vol.51) 7番ホームに柱

201503hiroshimaeki1-4.jpg

 
 
広島橋上駅新築他工事(広島駅改良工事)は現在の跨線橋に代わって幅15mの自由通路を建設し、橋上駅舎と商業施設を新設する巨大プロジェクトです。
西側の新しいコンコースが昨年11月から供用を開始しました。
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅改良工事(広島橋上駅新築他工事)
 
前回の状況です。
広島橋上駅新築他工事 2015.02(Vol.50) 旧エスカレーター撤去
 
 
今回まず紹介するのがこちら。
 
201503hiroshimaeki1-3.jpg
 
7・9番のりばの東側で、早くも橋上施設を支える橋脚が姿を現しました。
コメントでくろごまさんに教えていただきました。ありがとうございます。
 
 
前回紹介した通り、9番線の外側でも既に柱の根元が出てきています。
 
201503hiroshimaeki1-6.jpg
 
まだ空が見えていますが、完成時にはここまですっぽり橋上施設に覆われる事になります。
 
 
他ののりばはまだのようでした。
 
201503hiroshimaeki1-5.jpg
 
駅ビルを望むこの光景が見えるのも今のうちです。
 
 
4・5番のりばへ降りる「旧跨線橋」の階段付近では、ホーム屋根が骨組みごと無くなりました。
 
201503hiroshimaeki1-8.jpg
 
 
201503hiroshimaeki1-10.jpg
 
しばらくは再びこの銀色の仮設の屋根が頭上を覆います。
 
 
「新跨線橋」のコンコースのオープンと同時に地下通路の東半分が閉鎖されています。(西側のみ開放)
東側から降りる階段はほとんどののりばでタイルの剥離が行われました。
 
201503hiroshimaeki1-9.jpg
 
西側と同じようにこのスペースを作業空間として、橋上施設の基礎が建設されます。
 
 
旧跨線橋の解体も進みます。
 
201503hiroshimaeki1-7.jpg
 
 
 
 
久々に新幹線口屋上駐車場に上がりました。
 
201503hiroshimaeki1-2.jpg
 
 
201503hiroshimaeki1-11.jpg
 
屋根が無くなってきています!作業は設備や内装の撤去から本体の解体に移ったようですね。
 
 
最後に北東から全体です。
 
201503hiroshimaeki1-1.jpg
 
7・9番のりばは隠れていますが、ホーム上に銀色の仮の屋根がかけられている場所が橋脚の基礎の打設が完了している部分です。
西側で完成している橋上施設はここまで拡大することになります。
 
第2期工事は2017年度の完了予定で、自由通路や商業施設がオープンします。
 
 
【Flickr】:2015/01 広島駅改良工事(アルバム)

スポンサードリンク


 

3 comments

  1. 王 長一郎 Reply

    レポートお疲れ様です。
    いつも楽しみにしています。
    広島駅も一歩ずつ変わっていってますね。
     
    ところで前から気になっていたことがあります。
    橋上駅舎は中を歩いている分には綺麗ですばらしいのですが、外観はお世辞にも魅力的には見えません(涙)
    橋上駅の特に通路部分だから、あまり外から見られることを意識していないのかもしれません。
    まあ、お金をかけるとこではないのでしょう。
    それに普段は目につくところではないので、気にならないのかとも思います。
    鯉党さんのレポート写真を見るから外観が気になるだけなのかもしれませんね。
     
    これも南北の駅舎が素晴らしくなれば、意識しなくなるのでしょう。
    なーんて思ったりしました。

  2. KATSU Reply

    橋上駅舎及び跨線橋の外観は殆ど目に触れることがないのでいいとしても、ホームのレンガは何とかできませんかね?あれはずーっとあのままなのでしょうか?

  3. 匿名 Reply

    在来線のホームは広告看板がなくなっただけでも十分スッキリとした印象です。広告看板がいかに景観を害して案内看板がわかりづらくなるかを痛切に感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。