JR廿日市駅南北自由通路 新設工事 2015.04(Vol.4) 鉄骨工事で激変!

広島県廿日市市のJR廿日市駅では、2018年度の完成に向け南北自由通路を建設し駅を橋上化する工事が行われています。
広畑裕一郎のがむしゃらブログ】:JR廿日市駅自由通路等新設工事の施工にかかる説明資料(PDF, 353KB)
 
201502hatsukaichi-10.jpg
完成イメージ(現地看板から)
 
前回の状況です。
JR廿日市駅南北自由通路 新設工事 2015.02(Vol.3) 駅舎完成イメージなど
 
 
まずは南口駅前から。
 
201504hatsukaichi-14.jpg
 
なんと、鉄骨工事が大幅に進み橋上駅舎全体の姿がわかるまでになっているではありませんか!
予想図に見られる三角屋根がはっきりとわかります。
 
 
ホーム内西寄りから。
 
201504hatsukaichi-4.jpg
 
 
201504hatsukaichi-13.jpg
 
 
201504hatsukaichi-12.jpg
 
全く見える光景が違います。こちらからも特徴的な屋根の形が見えます。
前回2月末に撮影した時は駅舎ができる南北で基礎工事が行われていた段階だったので、ほぼ2ヶ月でここまで鉄骨建方が行われたことになります。早いですね。
 
 
続いて自由通路・跨線橋の真下から。
 
201504hatsukaichi-3.jpg
 
 
201504hatsukaichi-6.jpg
 
 
201504hatsukaichi-5.jpg
 
 
201504hatsukaichi-2.jpg
 
 
201504hatsukaichi-11.jpg
 
時期が非常に近いということで同じく橋上化された西条駅とホームの雰囲気は似ています。
鉄骨やスラブデッキも広島駅の橋上化工事で見られるものばかりですね。
エレベーターが設置される”穴”もはっきりと確認できます。
最後の写真はとてもわかり易いですが、ホームへ降りる階段のすぐ外側に、自由通路から地上へ降りる階段が平行して設置されます。
駅ビルはないのでコンパクトな構造になりますね。
 
 
これまで利用されてきた跨線橋との対比を。
 
201504hatsukaichi-1.jpg
 
 
201504hatsukaichi-10.jpg
 
 
201504hatsukaichi-8.jpg
 
廿日市駅もいよいよ世代交代を迎える時ですね。
 
 
こちらは現在の跨線橋にあったお知らせ。
 
201504hatsukaichi-9.jpg
 
自由通路内部のイメージ図だそうです。初めて見るものです。
 
2ヶ月見ない間に激変していたJR廿日市駅でした。
自由通路と橋上駅舎は2016年末に完成します。
自由通路建設によってこれまでに無かった”北口”が完成することで、廿日市駅周辺の環境は大きく変わりそうですね。
 
201504hatsukaichi-7.jpg

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

7 件のコメント

  1. MT 返信

    3月より通勤の為に北側の畑口寺田線を利用しています。
    その度に確認というか見ていますが、鉄骨が出来たら進捗した感が大きいですよね。
    北口の整備も着々と進行しているようですし。

  2. タミー 返信

    ブログ更新お疲れ様です。
     
     廿日市駅の組み上がった鉄骨の写真を拝見すると、西条駅・新白島駅・岩国駅・広島駅など山陽本線沿線の各駅が続々と新しい姿を見せており、JR系の広成建設(広島市東区)さんの請負とはいえ人手不足が叫ばれる中、このスピード感には正直驚きの連続です。
     
     同じく廿日市で来月開業するイズミ(広島市東区)さんのゆめタウン廿日市も人手不足を反映して、時給等待遇が従来以上に良いとの報道もあり、生活拠点を広島都市圏に置く働く世代の人々にとっては非常に良い方向に向かっていると感じます。
     
     賃金等の待遇の良化は、良質の労働世代の人々が地域から流出することを防ぐばかりでなく、生活拠点を新たに広島都市圏に移す人々を呼び込むことに繋がると考えられます。それが、活力ある街づくりに直結する土台と成る様に思れます。
     
     この流れは、街づくりを考えること於いて非常に重要な流れだと思います。
     
     今後のレポートがますます楽しみになってきました。
     宜しくお願い致します。
     
     

  3. ちょいと 返信

    これで、西広島駅橋上化と北口が具体化すれば、広島都市圏の山陽線は一段落。あとは、芸備線の高速化だな。

  4. tasshu 返信

    お久しぶりです。楽しみに拝見させてらってます。
     
    廿日市駅は以前利用していましたので、知らない間に大変貌を遂げていてびっくりです。
    広島より西の駅で
    新白島、横川、新井口、五日市、宮内串戸、阿品、前空、和木が比較的新しく建設されている駅でしたが
    西広島(事業化間近)廿日市(建設中)大野浦(建設中)岩国(建設中)と大竹(駅周辺事業開始で将来的に橋上化を目標)でかなり新陳代謝がされてきましたね。
    玖波は噂も聞きませんが宮島口はそろそろ動きがありそうかも・・・広島〜岩国間はほぼすべての駅で橋上化されそうです。
     
    久々に地元に帰ってきて広島駅を利用しましたがすごく綺麗ですね!感動しました。まだ工事は半分も終わっていないようなのでこれからが楽しみです。

  5. なす坊 返信

    いつも、楽しみに拝見して、刻々と変化を見せる広島の街にわくわくしています。
     
    廿日市駅の橋上駅舎も通勤で毎日のように見るのですが工事のピッチが早まってきた感じです。
    あっという間に新駅舎の鉄骨が組みあがり驚いています。
     
    しかし、駅名票だけは、呉線各駅と広島駅、新白島駅、横川駅が変わったのみで、西広島駅以西、天神川駅以東どの駅も従来の青のままで、中途半端な感じがしています。JR西日本はどうするつもりでしょう?
     
    西広島駅は将来的にJR、広電、アストラムラインの3社が乗り入れる駅にするという計画らしいですよ。

  6. タミー 返信

    廿日市が今熱いですね。
     
     この度オープンするゆめタウン廿日市(イズミ)の中に「かっぱえびせんショップ」としてカルビー(広島発祥で廿日市に主力工場有)ができたてのかっぱえびせん等を販売するそうで廿日市市内にある宮島(世界遺産・日本三景)をイメージした店にするとか。
     
     宮島と同じく世界遺産である原爆ドームとの間に位置しており、焼け野原の闇市の露店から成長した地元企業の巨大ショッピングセンターとなると話題性で外国人観光客にうけそうで観光バスも立ち寄りそうですね。
     
     同じく物流拠点を廿日市に置くエディオンが主に広島駅前Cブロック出店資金として150億円の社債発行の報道もありましたね。
     
     ゆめタウン隣のウッドワン(旧住建)が愛知県豊橋市等にも工場・物流拠点を置き業況拡大を図っているとか。
     
     エディオンも廿日市に拠点を置いたデオデオが愛知県のエイデンとが共同で設立した会社ですし、三菱重工広島製作所もボーイング777の主力を愛知県から移転、さらにマツダはトヨタと技術提携と、大きな流れとして産業構造が類似している中京工業地帯の補完的役割が広島地区に求められているように感じます。
     
     廿日市駅北口周辺の再開発にマリモ(ポレスターマンションシリーズ等)が参加するなど、地元企業が活動し易い環境を廿日市市が上手く整えているのではないでしょうか。
     
    今後も廿日市から目が離せませんね。

  7. blk 返信

    廿日市駅の新跨線橋の外壁がカバーが撤去されて見えるようになってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。