広島橋上駅新築他工事 2015.05(Vol.54) 橋上クレーン設置始まる

201505hiroshimaeki-1.jpg

 
 
広島橋上駅新築他工事(広島駅改良工事)は現在の跨線橋に代わって幅15mの自由通路を建設し、橋上駅舎と商業施設を新設する巨大プロジェクトです。
西側の新しいコンコースが昨年11月から供用を開始しました。
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅改良工事(広島橋上駅新築他工事)
 
前回の状況です。
広島橋上駅新築他工事 2015.04(Vol.53) 鉄骨建方始まる
 
 
前回と同じく7・9番のりばの様子から紹介していきます。
 
201505hiroshimaeki-2.jpg
 
前回からこのホームの上空に、橋上駅舎(店舗)となる鉄骨が姿を現しました。
 
 
スラブも取り付けられて早くもそれらしい姿になっています。
 
201505hiroshimaeki-4.jpg
 
 
201505hiroshimaeki-5.jpg
 
やはり全く雰囲気が変わります。
 
 
東側8番のりば付近から。
 
201505hiroshimaeki-3.jpg
 
9番線の外に4本、このホームに3本の橋脚が建てられましたが前回から増えていません。
ここだけなぜ早いのかという疑問は、この橋の上を見れば分かりました。
 
 
 
201505hiroshimaeki-8.jpg
 
 
201505hiroshimaeki-9.jpg
 
橋の上に、鉄骨工事を行うためのクレーンが組み立てられています!
ここから南の1番のりば方面や西の自由通路の方へ橋上駅舎を拡大していくようです。
完成時は駅ナカ店舗になる場所です。今しか見られない貴重な光景ですね。
 
 
さてこちらは、4・5番のりばの旧跨線橋階段部分。
 
201505hiroshimaeki-7.jpg
 
 
201505hiroshimaeki-6.jpg
 
4・5番のりば、7・9番のりばの階段は両方向とも解体されて無くなりました。
2枚目は7・9番のりばの写真ですが、工事の間使用する仮の上屋が旧階段の支柱を支えにして取り付けられています。
 
 
大きく移動して、1番のりば東側へ。
 
201505hiroshimaeki-10.jpg
 
旧跨線橋コンコース時代に使用していた出口専用改札口の様子。
真上が旧跨線橋に当たります。
足場が設置され始めていました。そろそろこの辺りも立ち入れなくなるかもしれません。
 
 
今回は以上です。まだまだ広島駅の変化は続きます。
第2期工事は2017年度の完了予定です。
 
【Flickr】:2015/05 広島駅改良工事

スポンサードリンク


 

2 comments

  1. TOM Reply

    久しぶりに帰省したんで、広島駅をたっぷり堪能してきました。
    新幹線口の新店舗もいい感じで、かなり広く感じました!ただ地下自由通路は、暗くて下水道を歩いてるみたい(笑)早く自由通路完成してほしいですね。
    あと、IKEAの続報が待たれますね。
    やはりペデストリアンの完成に合わせる感じなんでしょうか?
    あと、新白島駅にも行ってきました。以前、乗り換えが不便だとありましたが、自分の歩いた感じ五分くらいで、まったく苦ではなかったですね。全然オッケーでした。まあ、大阪の地下鉄で歩かされまくってますから、慣れですかね(笑)
    アストラム駅も素晴らしかったです。欧米の観光客が、教会みたいだと感動して写真を撮りまくってました。ほんとここ数年ですごい開発目白押しなんで、また帰省が楽しみです!ここのブログをすごく参考にしてます。これからも宜しくお願いします!

  2. タミー Reply

     レポートお疲れ様です。
     
    ブログを拝見すると、広島駅及び周辺が急速に変化している様子が非常によくわかります。
     
     ここ数日、急速な円安、株高はまた一段と進行しており、自動車産業が牽引している広島の街の好景気を色濃く象徴している様に思えます。
     
     文部科学省と東京都との東京五輪の競技場をめぐるお粗末な状況を見ていると、首都でさえあれなら、地方レベルとなると恐ろしくなってきます。
     
     広島都市圏では、広島駅及びその周辺はターミナルとして公共交通機関を利用した顧客にとっては最も便利な地区であることには違いはありませんが、広島広域都市圏及びその周辺では公共交通機関より自動車を利用する顧客の方が圧倒的に多く、市街地に入る時の駐車場の問題は深刻です。
     自動車産業の街の中央駅の再開発と言う視点からも駐車場の問題に官民協力(民間主導で)して智恵を絞りモデルケースと成れるよなモータリゼーションにも対応した街づくりになって欲しいと思います。
     
     ヤマダ電機が郊外型店舗の閉鎖、都市型店舗の増強等の報道がありますが、それぞれの事情があり、少なくとも西日本(中国・四国・九州)地方においては公共交通機関のとの兼ね合いからモータリゼーションは更に深刻化し既存の都市型店舗では対応出来ないと思います。
     
    レポート楽しみにしています。
    宜しくお願い致します。
     
     
     
     
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。