14年秋から工事着手 国道2号線バイパス『海田高架橋』の状況

国土交通省中国地方整備局 広島国道事務所では、長らく国道2号線「東広島・安芸バイパス」の整備が進められています。
この内、現在開通している区間の西側終点である海田東ICから先へ約1.4km延伸する工事を昨年10月に始めました。
計画される東広島バイパスの西端にあたり、新広島バイパスの海田西ICまでを結ぶ通称海田高架橋の建設工事です。

東広島バイパス『海田高架橋』、今年秋着工へ!

今年3月末に現地へ行ってきました。時間が経ってしまいましたが紹介します。
位置関係がつかみにくいので、まずは県下屈指の渋滞スポットである大正交差点から進んでいきます。

201503bp_kaita-1.jpg

画像を横切っているのが国道2号線(一般道)、奥がマツダ本社やマツダスタジアムに至る県道164号線です。
ここから反転し、この大正交差点から南へ国道31号線を下ります。

100mちょっと進んだ辺りで国道2号線バイパスが交わる新海田交差点に着きます。

201503bp_kaita-2.jpg

右が広島方面(新広島バイパス)、左がバイパス福山方面です。
高架橋はここで分岐して呉方面へ向かう国道31号線と合流しています。

201503bp_kaita-3.jpg

たまに通る道ですが、歩いて見上げるのは初めてです。力強いカーブが見ていて飽きません。

高架橋の本線は左にカーブしながら、県道276号線日の出町交差点に向います。

201503bp_kaita-4.jpg

高架橋はここで一旦終わり地上に降りなければなりません。ここが海田西ICになります。
今回の海田高架橋建設工事はまさにこの先の高架橋をつくる工事です。

反対側の日の出町交差点付近から。

201503bp_kaita-8.jpg

こちら側から見て、新広島バイパスに乗らず、自衛隊海田駐屯地や海田大橋方面に抜けるのが県道276号線です。
地上を走るJR呉線の線路の下を通るアンダーパスになっています。

201503bp_kaita-5.jpg

201503bp_kaita-6.jpg

ちなみにここは広島市東部地区連続立体交差事業の対象区間ですが、将来実現したとすればどのような構造になるのでしょう。

さて、日の出町交差点から高架橋建設区間である県道を西へ進んでいきます。

201503bp_kaita-7.jpg

201503bp_kaita-9.jpg

201503bp_kaita-10.jpg

201503bp_kaita-12.jpg

201503bp_kaita-11.jpg

本格的な下部工事が行われているのは、区間の中寄りにあたる海田中学校付近でした。
西側では建設に伴う車線変更工事が行われています。
それにしても古びた看板が事業の長さをよく物語っています…。

先ほどの日の出町交差点からおよそ1km、現在の東広島バイパス終点である海田東ICに到着です。

201503bp_kaita-13.jpg

201503bp_kaita-14.jpg

やっとここに橋が架かるのですね。

大半の部分が暫定2車線で建設されていますが、このランプ部分だけ4車線分の幅がある橋桁が架かっています。

201503bp_kaita-15.jpg

201503bp_kaita-16.jpg

今回建設される海田高架橋もおそらく当面は2車線でしょうね。

国道2号の渋滞緩和を図り、山陽自動車道の迂回路も担う東広島・安芸バイパスの早期全通を望みます。

【広島国道事務所】:東広島・安芸バイパス > 工事の進捗状況

フリッカーアルバムに22枚アップロードしています。
【Flickr】:2015/03 国道2号線バイパス 海田高架橋

こちらは昨年撮った車載動画です。今回撮影した道路を通ります。
【YouTube】:開通記念!東広島バイパス・広島南道路(上瀬野→商工センター)

スポンサードリンク


この記事をシェアする

3 件のコメント

  1. 匿名 返信

    古びた看板がなんとも悲しいですが、やっと本格的に着手された様子を見れてホッとしています。しかし、広島高速も含め暫定2車線が4車線の完全形になるのはいつになることやら。
    まぁいろいろな意見もあるでしょうが、私の一意見としてはアストラムラインを延長する予算があるのなら都市高速道路網の整備に回してほしい。旧市内や海田町も含むこのエリアから進めるべきではないかと。

  2. タミー 返信

    レポートお疲れ様です。
     
    先月、所要で帰省し、帰りにここを通りました。
     
     少しずつ工事が進んでいるとは言え、広島大学が移転して早や30年近く経ちますが、都心部との最短アクセスルートなる筈が、未だにこの状況では、如何にも遅過ぎると言わざるを得ません。
     合理性を求めて郊外に移転した筈が、肝心のアクセスがこれではマイナス効果が先行してしまった感が否めません。
     
     自動車工業の街のお膝元が劣悪の道路事情で通勤はJR山陽本線向洋駅利用を推奨し、JR山陽本線の活性化に大きく貢献している現実は何とも皮肉でとても笑えません。
     
     上三永から東広島呉道で黒瀬、熊野を抜けるルートで広島に帰ってきましたが、こちらも矢野から海田大橋までが真直ぐ行けないので不便を感じました。
     
     取材で撮影された写真を拝見し改めて、ここまで準備が出来ていながらなかなか先へ進めないもどかしさを感じつつも、完成したらどんな光景になるのだろうかとも私も想像しつつ通過した事を思い出し苦笑しました。
     
    >国道2号の渋滞緩和を図り、山陽自動車道の迂回路も担う東広島・安芸バイパスの早期全通を望みます。
     
    全く同感です。
     
    兎に角一刻も早い完成を待ち望みます。
     
     
     

  3. 匿名 返信

    看板を見ると、海田大橋の所の都市高速まで繋がる様ですね。
    広島熊野道路ともジャンクションで繋がってくれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。