広島駅南口Bブロック再開発工事 2015.06(Vol.30) Aブロックの高さ越す

201506bblock-8.jpg

 
 
 
広島駅前Bブロックは中四国で最も高い52階建てタワーマンションや商業施設などを含む、広島市の大規模再開発事業の一つです。
10階建ての東棟は既存のパチンコ店を残した大部分をまず建設し、
完成した建物に移転させた後、残りの部分を建設する2段階施工が取られています。(→2段階施工概要
全体の竣工は2016年6月の予定です。
【住友不動産】:シティタワー広島|52階建て最高層免震タワー
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅南口Bブロック地区市街地再開発事業
 
前回の状況です。
広島駅南口Bブロック再開発工事 2015.05(Vol.29) 13階・住居部へ
 
 
まず広島駅南口、駅ビルの「ASSE」6階の展望スペースから。
 
201506bblock-2.jpg
 
着々と工事が進むBブロックの西棟。
ついに一足先に(と言っても15年前ですが)完成していたAブロック「エールエールA館」の高さを越えました!
駅前通りの突き当りに位置し、A,Bブロックを正面から望むこの場所は2棟の比較にピッタリです。
エールエールA館単体としても幅と高さがあって、非常にドッシリとした大きさを感じるものですが、
それを超える高さの物体が登場し駅前の雰囲気がかなり変わってきたと思います。
 
 
西棟12~13階辺りをよく見ると・・・
 
201506bblock-1.jpg
 
住居部分となる13階から順番に、大型のガラス窓が取り付けられています!
このスクリーンは住友不動産が「ダイナミックパノラマウィンドウ」と呼ぶもので、室内の床から天井に渡る窓になります。
 
 
広島駅南口駅前広場から。
 
201506bblock-17.jpg
 
 
201506bblock-3.jpg
 
でけー(笑)
駅前を歩く人々も、この西棟を見上げながら「大きいね~」とか「今度マンションになるんよ。CMやりよるじゃろ~」などと話す声が聞こえます。
私としても知名度が上がるのは嬉しい限りです。
 
 
ビルの西側低層部は、ほんの先月まで鉄骨は設置されずクレーンによって上の方に資材を持ち上げるヤードになっていましたが、
完成時に電気室などが入る8,9階まで鉄骨が組み上げられました。
 
201506bblock-4.jpg
 
クレーンは西棟の南北のタワークレーン2基のみとなりました。
西面の足場が無くなり免震層の積層ゴムがはっきりと見えるようになっています。
 
 
エールエールA館の屋上に移動しました。
 
201506bblock-7.jpg
 
これまでこの屋上より上には空しか無かったのですが、いつの間にか東側にはこのように大きな建物がそびえるようになってきました。
 
 
見下ろしました。
 
201506bblock-5.jpg
 
もう入らなくなってきましたね。
大きな窓ガラスが設置された13階が、「シティタワー広島」としては一番下の住居になるフロア。それでも今いるエールエールと同じくらいの高さです。
その下の少し天井の高いフロアがマンションのスカイロビーやゲストルームが設けられるフロアです。
こちら側がゲストルーム、東棟側がスカイロビーになります。
その下の免震層を挟んだ2フロアが、地権者でもあった「ホテル川島」が入居します。
【公式】:ホテル川島
 
 
黄金山と合わせて。
 
201506bblock-6.jpg
 
この高さでも眺望は十分だと思います。
 
 
駅前大橋に移動しました。
 
201506bblock-10.jpg
 
 
201506bblock-9.jpg
 
現在は18階の床まで到達しました。
プレキャストコンクリート工法が採用されている現場と言えど、本当に高くなるのが早いです。
コゲさんにいただいたコメントによると、1フロアを作るのに5日しかかからないそうです。
最後まで事故なく終えられることを願いたいですね。
 
 
猿猴川の下流側、路面電車が通る荒神橋から。
 
201506bblock-11.jpg
 
着工前とはかなり風景も変わりました。
 
 
Bブロック東棟の南側に架かる「猿猴橋」の南詰から。
 
201506bblock-12.jpg
 
【中国新聞】:懐かし猿猴橋モニュメント 広島市南区で住民ら除幕式
3月、地元住民の寄付によって戦前の猿猴橋の親柱に付けられていた鷲のブロンズ像のモニュメントが復元されました。
 
また広島市と広島県は「美しい川づくり」将来ビジョンを策定し、この広島駅前における猿猴川の再整備を行うことを決めました。
当時ブロンズ像や街灯があしらわれた猿猴橋の復元や、現在は上の写真のように木で鬱蒼としている駅前大橋と猿猴橋の間をウッドデッキなどを用いた多目的広場にすることが盛り込まれます。
【若林新三WEB SITE】:「美しい川づくり」将来ビジョン
 
201506enkoubashi-image1.jpg
Bブロックの竣工とも近い、2016年度の整備予定です。楽しみにしたいです。
 
 
その猿猴川に面する東棟南面の様子です。
 
201506bblock-13.jpg
 
 
201506bblock-14.jpg
 
 
201506bblock-15.jpg
 
既に地権者のお店が再開発建物内で開店しています。
駐車場入り口の横には被爆建物だった旧住友銀行松原支店の鉄扉が展示されています。
 
 
東棟東側の路地から。
 
201506bblock-16.jpg
 
角にコンビニの「サークルKサンクス」が完成しオープンしていました。
壁面緑化の蔦がかなり伸びてきましたね。
画像右奥にはCブロック住宅棟のタワークレーンが見えています。
 
 
今回は以上です。2016年6月の竣工予定です。
 
今回は32枚アップロードしています。「お早めにどうぞ!」
【Flickr】:広島駅南口Bブロック再開発

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

4 件のコメント

  1. タミー 返信

    Bブロック、着々と工事が進んでいますね。
     
     Bブロックは住友不動産が手掛けられており、住友と言えばかつては「背広を着たハゲタカ軍団」と陰口された住友銀行の金融支配が牛耳る「結束の住友」グループのイメージが強く、やることも、是見よがしの誇示するところがあり、(旧)広島人気質とは正反対で、眉を顰める人も多いかも知れませんね。
     
     勿論それがグローバルスタンダードだとして今でも肯定する人がいらっしゃるとは思いますが。
     
     今日では、三井住友銀行となり「人の三井」と呼ばれた社風との融合で、どんな新たな社風が生まれているのか興味が尽きないところもありますが、広島人に足りない、その誇示する部分をこのBブロックは遺憾なく発揮してくれており、それはそれで良いのでは?と個人的には思っています。
     
     高さという視覚的刺激による誇示は人を陶酔させる魔力があるのかも知れませんね。
     
     

  2. 匿名 返信

    ひと月5階分積み上がると言う話しで後34階分ですから来年早々には最上階まで建設が進む訳ですね。それから来年6月の竣工まで内装等の工事が行われけですか。順調なんでしょうね。確かに高層ビルは何故かワクワクさせます。強いていえばBブロックにはマンションでなくホテルかオフィスビルであったならと思います。

  3. デベロッパー 返信

    Bブロックの工事は自宅から見えるのですが、皆さんが書かれているように早いスピードで進んでいるのが 見てとれます。夜はライトを照らして行わられていますし、日曜もタワークレーンが動いています。頭が下がりますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。