広島マツダ大手町ビル改修工事 2015.10(Vol.11) スロープ構築

株式会社広島マツダは広島市中区大手町の原爆ドーム近くに所有する自社のビルを、
オフィスと観光施設等を備えた「広島ピースタワー」に改修する工事を進めています。
【公式】:広島ピースタワー
 
mazdabld-image.jpg
完成予想図(公式サイトより)
 
 
前回の状況です。
広島マツダ大手町ビル改修工事 2015.07(Vol.10) 増築部の鉄骨工事始まる!
 
 
敷地北東となるメルパルク側から全体です。
 
201510mazdabld1-4.jpg
 
少し更新をサボっている間にビルの様子も変わっています。
 
 
まずはこちら。
 
201510mazdabld1-1.jpg
 
実感!ユンケル
ではなく、、ビルの屋上にタワークレーンが組み立てられています。
これでクレーンは改修が始まった頃に設置されたものと合わせて2基になりました。
大きさは今回できた方が大きいようです。
 
 
建物の東側部分。
 
201510mazdabld1-2.jpg
 
 
201510mazdabld1-3.jpg
 
おお!ついに東側に増設される観光客用の「スパイラルスロープ」となる鉄骨の組み立てが始まりました。
基本的には耐震補強が目的ですので、耐震ブレースも確認できます。
これが最上階まで到達すれば、ようやく完成時のビルのシルエットが分かるようになります。
 
公式サイトにあるブログには最新の工事の状況が分かる写真が沢山紹介されています。
【広島ピースタワー】:広島ピースタワーの工事の様子など最新情報をお伝えしています。
 
改修工事とは思えないほどの施工メニューに驚かされるばかりです。今の状況を是非この目で見てみたいなぁ…
8月に更新された記事には、このビルの竣工当時の空撮写真があります。
初めて見ました。まだ低いビルばかりだった時代に、復興を象徴するような存在だったことがうかがえますね。
 
 
今回は以上です。
広島マツダ大手町ビルを大規模改修する「広島ピースタワー」は、2016年6月の竣工予定です。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

6 件のコメント

  1. 匿名 返信

    この大規模改修を見るたびに思いますが、殆ど骨組みしか残さないので費用的には全て壊して新たに建設したほうが安いような気がしますね。
    まるで最近流行の劇的ビフォーアフターのビルバージョンを見ているようです。
    やはり、新築ではなくてリフォームにすることで建築基準法だとか固定資産税などで有利なのですかね?

  2. bob 返信

    たぶん改修でなく建替えにすると世界遺産のバファーゾーンなので高さ規制に引っかかり今より低い建物になっちゃうんじゃないかなと思います。これは確かに建替えた方が安く上がるかもですね。

  3. 匿名 返信

    あっ、bobさん、何気にあの素晴らしいCG動画の更新期待しています!
    妄想でいいですからJR広島支社ビルを入れたものが見てみたいです!

  4. タミー 返信

    取材レポートお疲れ様です。
     
    「広島マツダ大手町ビル改修工事」は色々な制約(法的・道義的)がある中での企画立案・設計そして施工は大変な作業だと思いますが、それだけに注目度の非常に高いと思われます。
     
     「文化産業奨励館」として広島の豊かさを伝えるとされていますね。
     近頃巷で噂されているスカイアクティブロータリーとして、ロータリーエンジン開発の復活を耳にするとやはり期待して仕舞います。
     
     ロータリーエンジンの開発に魅せられて、技術者を目指す若者が全国から集まりその熱い思いが世界最先端の技術開発を可能にしたあの「ロータリー」の再開発の噂が本当であれば、少々手前味噌になってでも完成する広島マツダ大手町ビルで大きく紹介して頂きたいと切望します。
     
     個人的には、マツダ㈱が世界最先端の産業用ロボット技術を有する㈱安川電機(北九州市八幡西区)と共同開発している電気自動車にも期待したいと思っています。
     
     それらに魅せられて若い技術者達が集まり新たな世界最先端技術の開発がなされることを期待したいので、この広島マツダ大手町ビルを大規模改修する「広島ピースタワー」で存分にアピールして頂きたいと思います。
     
     レポート楽しみにしています。
     宜しくお願い致します。
     
     
     

  5. yasu 返信

    今日のTSSニュースによるとピースタワーの名称が「おりづるタワー」となったようです。
    来年9月にオープン。
    ビルの真下を週に2度車で通ります。
    シートに覆われて内部の様子は見る余地もないのですがいつのまにか完成に近づいているようですね。

  6. タミー 返信

    いつも楽しく拝見させて頂いています。
     
    yasu 様
     
    >ピースタワーの名称が「おりづるタワー」となったようです。
     
    ビルの北側壁面をおりづるで覆う感じになるようですね。
     
     ここまで一民間企業がやってくれるとは!
     
     都市空間において、民間で出来ない大きな問題の一つに道路をあげることが出来ると思います。
     
     東洋大橋を含めたマツダ本社から宇品工場までの社内私道という例外中の例外はありますが。
     
     鉄道は出資を募って鉄道会社を設立すれば出来ますし。
     
     渋滞と駐車場の問題をクリア出来れば戸口から戸口まで行ける自動車が移動手段(特に緊急・福祉関係を考慮すれば)としては最も優れており、都市空間から自動車を安易に排除しようとする考え方は、最も時代に逆行する考えである言えると思います。
     
     先日、エディオンスタジアムで行われた、Jリーグ最終戦とCS第2戦でスタジアムで観戦したいという需要がまだまだあり、スタジアム入場者許容量も十分に余裕があるにも拘わらず入場者数を制限してチケット札止め完売としたことは最も安易な方法で対応してしまったと考えざるを得ません。
     
     自動車は便利だが、皆が集中すると渋滞が起こり、駐車場が満杯になるので、公共交通機関を利用することが出来る人は我慢して、どうしてもそれが無理な人を優先して自動車を利用すろという考え方を基本とすることは理に叶っており、それを踏まえて道路、駐車場を整備し公共施設の収容人数に対して対応出来るかを事前にシュミレーションしておくことが最低限求められます。それが出来ないとなれば行政の怠慢を指摘されても反論は出来ないと考えます。
     ※今回現場を指揮されて僅かの期間で大きく改善された方々の手腕には非常に感服致します。
     
     巨大都市圏の中心部以外では郊外も含めてモータリゼーションが急速に浸透している現代社会において、特に自動車関連企業からの恩恵が多い広島都市圏では、どうすれば更に進化する自動車の特性を生かして、「より快適に暮らすことが出来る街づくり」に役立てる事が出来るかを自動車業界と共に科学すべきだと思います。
     
     話が逸れてしまって申し訳ありません。
     
     広島マツダ様には感謝の気持ちで一杯です。広島都市圏の道路行政にも本当に頑張って頂きたいと思います。
     
     「おりづるタワー」の完成、本当に待ち遠しいですね。
     
     レポート楽しみにしています。宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。