広島駅南口Cブロック再開発 2016.04(Vol.27)

201604cblock-10.jpg

 
 
 
広島駅南口Cブロック地区市街地再開発事業は南口広場の東側の区画に計画されている大規模再開発計画です。
家電量販店のエディオンなどが入る地上11階の商業棟と地上46階の住宅棟が建設されます。
施設全体の愛称は「エキシティ広島」に決まりました。
【NIPPO】:グランクロスタワー広島│広島駅南口Cブロック再開発事業
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅南口Cブロック地区市街地再開発事業
 
3月の状況です。
広島駅南口Cブロック再開発 2016.03(Vol.26) ガラス張り!南口の新しい顔
 
 
記事の更新が大渋滞しております。
この記事は4月下旬に撮影した広島駅南口Cブロック再開発の様子です。
 
 
エールエールA館前から。
 
201604cblock-1.jpg
 
商業棟の外観が見えるようになり、住宅棟の高さも30階を超えてきたことで、かなり完成イメージに近づいてきました。
 
 
商業棟南側の大通り沿いは前回よりも外観があらわになっている面積が増えました。
 
201604cblock-2.jpg
 
 
201604cblock-3.jpg
 
建物画面する県道「大州通り」はアスファルトの再舗装が行われていました。
 
 
住宅棟の状況。
 
201604cblock-4.jpg
 
 
201604cblock-5.jpg
 
 
201604cblock-7.jpg
 
 
201604cblock-6.jpg
 
 
201604cblock-9.jpg
 
 
201604cblock-8.jpg
 
住宅棟は4月末のこの時点で36階あたりを構築中でした。
低層部もかなりの面積が完成の外観になっています。
 
Cブロック再開発工事は2016年12月の竣工予定です。
 
5月の状況に続きます。
→広島駅南口Cブロック再開発 2016.05(Vol.28) [編集中]

スポンサードリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。