広島駅南口Cブロック再開発 2016.05(Vol.28) まもなく40階へ

201605cblock-7.jpg

 
 
広島駅南口Cブロック地区市街地再開発事業は南口広場の東側の区画に計画されている大規模再開発計画です。
家電量販店のエディオンなどが入る地上11階の商業棟と地上46階の住宅棟が建設されます。
施設全体の愛称は「エキシティ広島」に決まりました。
【NIPPO】:グランクロスタワー広島│広島駅南口Cブロック再開発事業
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅南口Cブロック地区市街地再開発事業
 
前回Vol.27は4月末の状況です。
広島駅南口Cブロック再開発 2016.04(Vol.27)
 
 
今回のVol.28は5月22日に撮影した画像です。
 
エールエールA館前~南口駅前広場と進みます。
 
201605cblock-10.jpg
 
 
201605cblock-1.jpg
 
 
201605cblock-2.jpg
 
 
201605cblock-3.jpg
 
住宅棟「グランクロスタワー広島」の高さがさらに増しています。
目測ですがこの時39階辺りまで到達していました。まもなく40階ですね。
高さは140m程度でしょうか。
商業棟もかなりボリュームがあり、フタバ図書前辺りから見ると背後の住宅棟と重なって迫力があります。
マツダスタジアムまでの動線として、2階を歩けるようになるのが楽しみですね。
 
 
商業棟の南面、大州通りです。
 
201605cblock-9.jpg
 
車道の舗装が真新しいアスファルトに敷き直されました。
同時に拡幅も行われ、一足先に整備されていたバスシェルターと路肩がピッタリ合いました。
 
 
まもなく40階に到達する「グランクロスタワー広島」を間近から見上げます。
 
201605cblock-8.jpg
 
バルコニーの角の形状が独特です。
タワーの断面は比較的小さめのようで、シティタワー広島やアーバンビューグランドタワーと比べて、
高さの割に細長く高く見えます。スタイリッシュです。
 
 
荒神陸橋に移動しました。
 
201605cblock-6.jpg
 
 
201605cblock-5.jpg
 
以前まではシティタワー広島がハッキリ見えていたのですが、
グランクロスタワー広島が立ちはだかる形で半分程しか見えなくなりました。
 
完成はもう少し先ですが、駅前にツインタワーが現れたことにより「広島駅」のイメージも変わりつつあるのではないかと思います。
相乗効果で駅周辺の他の地区や紙屋町・八丁堀地区の活性化に大きく期待したいです。
 
Cブロック再開発工事は2016年12月の竣工予定です。

スポンサードリンク


 

5 comments

  1. M.T Reply

    こうやって見てると、やはりフタバ図書の入居した建物も再開発事業に含んで欲しかった。
    並べてみるとギャップが激しいです。

  2. 匿名 Reply

    そうですね、駅ビル建て替えの時に一体開発してくれることを期待しましょう!

  3. 匿名 Reply

    いつも楽しみに拝見させて頂いています。写真、迫力があってすばらしですね。ところで、いたるところで電柱と電線が映り込んでいるのですがそれらは地中化されるんでしょうか。そのままだととっても残念です。

  4. タミー Reply

    ブログ更新お疲れ様です
     
    >商業棟もかなりボリュームがあり、フタバ図書前辺りから見ると背後の住宅棟と重なって迫力があります
     
    結構凄い迫力ですね。
     
     近隣商業施設では、廣島百貨店の場所はエールエールA館として「福屋広島駅前店」地元百貨店を核として再開発の先陣を切って開店しましたが、イズミ駅前店は写真にあるフタバ図書が入居、ダイエー(イオンに吸収合併)広島駅前店はひろしまお好み物語となって双方とも老朽化のイメージが拭えませんので、今後の動きにも注目ですね。
     
     完成間近のBCブロックは景気低迷の中、計画が頓挫変更を繰り返し、最悪の経済状況での計画によるものなので、投資資金の回収が早い分譲住宅部分が多く、今となっては急速に需要が高くなってきたオフィス等の業務部分を十分確保することが出来なかった感もありますが、あの恐ろしく見苦しい光景が一掃し、これだけのものが出来るとなると市民が及第点与えても良いのではないかと思います。
     
    >完成はもう少し先ですが、駅前にツインタワーが現れたことにより「広島駅」のイメージも変わりつつあるのではないかと思います。
    相乗効果で駅周辺の他の地区や紙屋町・八丁堀地区の活性化に大きく期待したいです。
     
     本当にそうですね。現在、広島の基幹産業である自動車製造業では、広島広域都市圏内にある「自動車部品サプライヤー企業」の売上高上位30社で総額1兆229億円と1兆円産業に成長しており国内販路ではマツダだけでなく、九州に進出している各社の自動車工場等に拡大している様です。マツダ防府工場のある山口県には30社中18社、島根県には8社等、近隣県からの誘致もあり積極的に工場進出しており、又、30社中15社が中国、10社が(うち2社合弁)マツダ新工場があるメキシコ、タイへ7社等海外進出も際立って多く、それに伴い鉄道・高速バス・空港の需要も飛躍的に伸びている様です。それに加えて流通業界も飛躍的に販路を拡大しており、食品小売、卸売、製造等の各企業の成長も著しく、特に交通に便利な広島駅周辺のオフィス需要は益々高まってきている様相ですね。
     
     レポート楽しみにしています。
     
     宜しくお願い致します。

  5. TOM Reply

    昨日、遠征して初めてズムスタパフォーマンス席やったけど、座席の高さもあり、新幹線口から南口駅前が見渡せる最高の景色でした。広島超都会(笑)
    試合も丸様のサヨナラで最高でした!
    広島最高~!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。