広島駅北 二葉の里5街区再開発 2016.06 (Vol.5) エネコムの外観完成

201606enecom-4.jpg

 
 
今回からタイトルを変更しました。
 
広島駅周辺の最後の一等地として区画整理された二葉の里地区”5街区”は、
2014年5月、一般競争入札により大和ハウス工業・広島テレビ放送・エネルギア・コミュニケーションズ(以下エネコム)の3社グループが取得しました。
この内エネコムは敷地の北東に新たなデータセンターの建設を先行して始めています。
二葉の里5街区の続報。ホテル・オフィスの詳細など
 
前回の状況です。
エネコム広島ビル 新築工事 2016.02 (Vol.4) 進む鉄骨建方 外壁も
 
 
供用開始した広島駅北口ペデストリアンデッキから。
 
201606enecom-1.jpg
 
 
201606enecom-2.jpg
 
鉄骨・免震構造の建物は既に上棟し外観はほとんど完成した姿になりました。
整備する「エネルギア・コミュニケーションズ」のロゴも設置されています。
 
いわゆるデータセンター、サーバーが建物内の多くを占める施設ですが、
外観は最初のイメージ図の印象ほど地味ではないです。
 
 
イズミ本社前の歩道から。
 
201606enecom-3.jpg
 
もっとも、このようなビルは外観よりも中身こそが特に求められる施設です。
機能停止してしまうことがないよう、防災面、セキュリティ面などで様々な対策が講じられています。
 
 
運用開始はいつからかと思い、公式ホームページを見てみると、特設ページがありました。
名称は「EneWings 広島データセンター」となるようです。
 
【エネコム】:EneWings広島データセンター
 
 
 
さて、このビルのすぐ南側(同じ街区内)には、地元キー局の広島テレビが新たな本社ビルを建設します。
 
201512htv-image.jpg
完成予想図(建設通信新聞より)
 
 
201606htv-1.jpg
 
現地には建設計画をお知らせする看板が掲示されていました!
高さ58.98m、地上11階建てで、エネコムの「EneWings広島」とほぼ同じ。
ところが建築面積が異様に大きく、横に広いドシッとしたビル(デブビル?)になりそうです。
外観がガラス張りにでもなれば街の印象もかなり変わりそうですね。
今年9月着工、2年後の平成30年(2018年)3月の竣工予定です。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

3 件のコメント

  1. カープファン 返信

    広島県府中市は「府中家具」として全国的に有名。生産量第1位。
     
    地元家具業界のうわさでは、ikea広島店は採算が合わずに白紙撤回になったらしいです。
     
    これって本当の話しですか?

  2. カープファン 返信

    イケア広島店は本当に白紙撤回になったんですか?
     
    信じてよいのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。