広島駅北 二葉の里5街区再開発 2016.07 (Vol.6) ダイワハウス『複合棟』詳細など

広島駅周辺の最後の一等地として区画整理された二葉の里地区”5街区”は、
2014年5月、一般競争入札により大和ハウス工業・広島テレビ放送・エネルギア・コミュニケーションズ(以下エネコム)の3社グループが取得しました。
二葉の里5街区の続報。ホテル・オフィスの詳細など

前回の状況です。
広島駅北 二葉の里5街区再開発 2016.06 (Vol.5) エネコムの外観完成

今回はエネコムの「EneWings広島データセンター」の南西側に予定されている、大和ハウス工業の複合棟の詳細が分かったので、それを中心にご紹介します。

スポンサードリンク

201607futaba-2.jpg

201607futaba-3.jpg

“建築計画のお知らせ”により、複合等の詳細が判明しました。
高さ90.750m、地上20階・地下2階建て
延床面積49,709平方メートルで鉄骨造の建物になるようです。
また、施設の核となるホテルは201室を備え、ホテルグランヴィア広島(407室)やシェラトングランドホテル広島(238室)には及ばないものの、まずまずの規模の施設になります。

大和ハウス工業が今年5月に発表した中期経営計画に、この二葉の里プロジェクトが紹介されていました。
大和ハウスグループ】:中期経営計画(PDF 2.4MB)

201605daiwa-image.jpg

低層部のオフィス部分はガラス張りで美しいファサードになりそうです。
東隣に建設される広島テレビ本社ビル(リンク下部)との連続性も保たれるのではないでしょうか。

今年12月に着工、2019年3月末の完成を予定します。

建設予定地です。

201607futaba-4.jpg

201607futaba-5.jpg

現在はコインパーキングになっています。

ちなみに、エネコムのデータセンターは建物は竣工したようです。

201607futaba-7.jpg

そして、二葉の里5街区ではなく4街区になりますが、
移転完了した旧広島鉄道病院の建物は早くも解体工事が始まりました。

201607futaba-6.jpg

十分な広さはありますが、JR西日本はどのような活用を検討しているのでしょうか。


この記事をシェアする

6 件のコメント

  1. 匿名 返信

    二葉山からの風景に迫力が出そうですね。当初23Fとの情報があったこともありもうひと伸びして100突破となったら嬉しかったけど90ならけっこうでかい。広テレも建坪の大きいビルになりそうだし、道路、ペデ含めてようやく「らしく」なってきましたね。若草町が竣工したばかりの頃から見ても周りがずいぶん整ってきたように思います。

  2. デベロッパー 返信

    このエリアに住んでますので、以前の風景と全く風景になりました。若草の古い市営住宅やJR関連の施設や社宅がありましたから‥
    涙ものです。この変わりようは。後はJR西日本の広島支店のビルがどうなるかてすね。新幹線口の正面に位置していますが、二葉山景観条例のため、高層は無理みたいですから、価値のある開発を望みます。気になるイケアも‥

  3. カッツー 返信

    JR西日本の支社ビル・旧鉄道病院の跡地再開発は凄く気になりますね。
    個人的にはやはりMICE関連施設を建てて、アクセス抜群の展覧会・ビジネス環境を整えるのが良いのかと思います。広島市内にはまだ本格的なMICE施設が無いですからね。。。
     
    お隣の福岡市が臨海部にMICE関連施設を集積させ、今後ホテル棟などを建てることで更なる充実を図ろうとしているようです。
    後れを取りすぎる前に広島市もある程度のMICE施設を建設すべきではないでしょうか。
    広島市の場合、国際平和文化都市ということで、国連・原水爆禁止・平和推進といった独自のカテゴリーに強みがあり、それらの分野において国内または世界の他都市よりもMICE催事を開催しやすい地位にあると思います。
    ですので、広島市の強みを最大限に生かすのと、ビジネス関連(製造業その他)のMICE催事を開催すれば、年間通して忙しく稼働する施設になるのではと思います。
     
    ただ、一つ気になるのが、あの敷地で十分な広さを確保できるのかということです。広さなら宇品・出島地区の方が有利ですからね。しかし、あそこにMICE施設を建てるとなれば公共交通機関での移動がだいぶネックになってくるかと思います。。。広電だけですからね。。。専用の直行シャトルバスを広島駅から出すしかないでしょうか。。。
     
    MICE施設以外には、国際関係学や政治学が強い海外の大学(アメリカ等)の外国キャンパスとして整備するのも有りかと思います。二葉の山の緑があり、公共交通機関も充実しており、外国人の方にも文句ない立地かと思います。広大が広島市を離れた今、広島県外から大学のキャンパスを持ってくる事で若者の活気を取り戻す方が手っ取り早いと言えば、手っ取り早いですよね。

  4. みみずく 返信

    カッツーさん
    MICE関連施設できると良いですね。スポーツ関連のスタジアムなどと異なり市民の間で機運が盛り上がるような施設ではありませんが、都市間競争の中にあって、おっしゃるとおり広島市の強味を生かせる分野ですので整備して欲しいものです。
     
    市民球場跡も候補地になるのではと思います。この場合、平和公園に近い点とリーガロイヤルと連携できる利点がありますが、広島駅北の方が、交通の便が良い点で勝るでしょうか。

  5. む−ばす 返信

    2000年頃の宇品・出島周辺での都市開発ブームの際に、広島市が財政危機に
    陥ることがなかったなら、こんなに素晴らしい施設が誕生していたのに、
    今もって残念でなりません。
    仙台メディアテークに並ぶ伊東豊雄先生の代表作の1つになっていたのではない
    でしょうか。
     
    広島は国際会議開催の優位性ばかりが強調されますが、こうした見本市開催に
    関しては、この計画の頓挫以降、本当に無頓着に見えてしまいます。
     
    この施設の替わりを広島グリーンアリーナがやっているようですが、
    あそこはあくまでもスポーツアリーナであり、見本市会場ではないはずです。
    広島都市圏最後のユートピア、起死回生の逆転チャンス、二葉の里の五街区
    には個人的にこの幻の設計計画を生かした小型でも類似の施設誕生を希望します。
     
    http://www.take-arch.com/works/public/hiroshima/index.html

  6. 鯉党α 返信

    コメントありがとうございます。
    争いの原因になるコメントを削除させていただきました。
    なりすましや荒らしを疑う・決めつけるようなコメントは荒れるのでお控えください。
    それは管理人である私が判断することであり、ひどいものについては適切に対処させていただきます。
    よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。